高倉豊(たかくらゆたか)

前 ウブロ・ジャパン 代表取締役
ブランド再生アドバイザー

【主な講演テーマ】

ブランド再生物語 ~ブランドの再構築に必要な物とは~
口紅は男に売り込め!
八方塞りの中で解決策を見つける

【登録テーマ】
【出身地】 兵庫県

講師プロフィール

1970年 自由学園 男子最高学部 卒業
株式会社博報堂 入社
1988年 パルファム・ジバンシーK. K. 代表取締役
1922年 イヴサンローラン パルファン株式会社 代表取締役社長
1997年 タグホイヤー ジャパン K. K. 代表取締役社長
2000年 シスレージャパン株式会社 代表取締役
2004年 エスティローダー株式会社 ダルファン事業部 ジェネラルマネージャー
2005年 ウブロ ジャパン株式会社 代表取締役
2010年 退職
    現在は、ブランド再生アドバイザーとして、執筆活動、講演活動をしている。

 

1948年、兵庫県生まれ。自由学園男子最高学部を卒業後、1970年に博報堂に入社。   入社5年目から、中東&欧州に計11年間に滞在。39歳で博報堂を退社。
翌年40歳の時、未経験業界の外資系高級化粧品メーカー、パルファム・ジバンシイの日本法人トップに抜擢される。以降、イヴ・サンローラン・パルファンやシスレーの日本法人、外資系高級時計メーカーのタグホイヤーやウブロの日本法人、計5社の外資トップを20年間務める。その間、次々と自社の業績を回復させ、「ブランド再生人」として業界で有名になる。
 輸入フレグランスの販売高で1994年に1位となった「プチサンボン」を送り出し、ライトフレグランス市場をつくる。最後に就任したウブロでは、5年間で売上を3倍にし、憧れの時計ブランドへと成長させる。2011年6月末、ウブロ社長を辞任。
現在は、ブランド再生アドバイザーとして活躍するかたわら、執筆・講演活動を行っている。

 

講演テーマ

ブランド再生物語 ~ブランドの再構築に必要な物とは~
口紅は男に売り込め!
飛躍思考のマーケティング ゼロベースで考える、販売戦略
ロジカルに考えない、マーケティング
ブリコラージュ思考法
八方塞りの中で解決策を見つける

 

講演内容

 スイスの高級時計ブランドの国内法人、ウブロ・ジャパンをはじめ、数々の企業において「ブランド再生アドバイザー」として活躍してきた高倉豊氏。

 20年以上も景気低迷が続くなか、「モノなし・カネなし・ヒトなし」でも工夫次第で解決策がみつかるという数々の見本を示してきました。

 パルファム・ジバンシー社において、口紅のキャップに恋人の名前を彫り「世界で1つだけのリップスティック」という付加価値を生み、著書のタイトルでもある『口紅は男に売り込め!』を実現。さらに、ウブロ社では、日本では人気も知名度もなかった高級時計を、ビジネスマン向けにヒットさせることにも成功します。

 そんな高倉氏の講演は、ビジネス、経営論、組織論、マネジメント、マーケティングなどの内容に及び、「ブランド再生物語 ~ブランドの再構築に必要な物とは~」「口紅は男に売り込め!」「八方塞りの中で解決策を見つける」などのテーマを話してくれます。また、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 高倉流のブランド再生術の極意は、ライバルを見ず、現場も見ず、物事をロジカルに考えないという特異なもの。ライバルを見ないことで、余計な情報を遮断し、現場は見ないことで目先より本質に目を向ける。そして、過去に囚われず、論理よりもひらめきを大切にして考えるというもので、講演、セミナー、トークショーを訪れた人は、できない理由を探すのではなく、与えられている条件の中で、発想を転換し解決策を見つけることが必要であることに気付くのです。

書籍

『 口紅は男に売り込め! 』 ( ダイヤモンド社 )

執筆

男性誌『UOMO』(集英社)にて、長期インタビューコラムを掲載
男性誌『ゲーテ』(幻冬舎)にて、「弱者のマーケティング」コラム掲載

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー