高橋慶彦(たかはしよしひこ)

スポーツコメンテーター/元プロ野球選手/野球解説者

【主な講演テーマ】

「赤ヘル黄金期から考える強い組織の作り方」
「結果を出す選手とその能力の引き出し方」
(※MCとのトークショー形式になります。)

【登録テーマ】
【出身地】 北海道

講師プロフィール

1974年ドラフト3位で広島東洋カープに入団。1970年後半からレギュラーに定着し赤ヘル黄金時代の主力として活躍、1979年に33試合連続安打の日本記録を樹立し、チーム初の日本一に貢献し、日本シリーズMVPに輝いた。その後、ロッテ、阪神タイガースへ渡り、1992年に現役引退する。現役引退後は福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)、ロッテにてコーチを務めた。2014年より福島県の住宅会社・ウェルズホームの広報部長に就任し、被災地を中心に野球教室を開催するなど復興への手助けとなる活動も行う。今なお現役時代からの甘いマスクからプロ野球ファンに高い人気を誇っている。

トークショーテーマ

「赤ヘル黄金期から考える強い組織の作り方」
(対象:社員・管理職・経営者の方々)
本当の意味でのチームプレーやチームワークというのはみんなで一緒になって何かをすることだけではありません。各個人が結果を出すためにこういうことをする、自分はこういうことが求められていると全員が理解して行動する。これが私の考えるチームプレー、チームワークです。私が主力として活躍した赤ヘル黄金期の経験からビジネスに役に立つ強い組織の作り方をお話しします。

「結果を出す選手とその能力の引き出し方」
(聴講対象:マネジャー・管理職・経営者の方々)
福岡ダイエーホークス、千葉ロッテマリーンズなどで指導者として一流選手へ指導してきました。また、二軍の若手選手へ指導する機会があり、そこで感じたことはプロ野球の世界は才能だけでは決して活躍できないという事実。一流選手には才能以外にも活躍する共通点があり、指導者はその事実を理解し、引き出すことが指導者にとって求められることです。これはビジネスでの現場でも活かせることが多くあります。プロ野球の現場にて培ったノウハウをお伝えします。

経歴

1957年3月13日生まれ。北海道芦別市出身。城西高等学校卒業。
1975年ドラフトで広島東洋カープから3位指名を受け入団。
1979年33試合連続安打の日本記録を樹立。広島東洋カープの日本一に貢献
1990年ロッテ・オリオンズへ移籍。
1991年阪神タイガースへ移籍。
1992年現役引退。
1995年~1996年福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)一軍打撃・走塁コーチ
1997年福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)二軍守備・走塁兼打撃コーチ
2004年千葉ロッテマリーンズ一・二軍巡回コーチ
2005年~2007年千葉ロッテマリーンズ一軍走塁コーチ
2008年~2009年千葉ロッテマリーンズ一軍打撃コーチ
2010年~2011年千葉ロッテマリーンズ二軍監督
2012年 千葉ロッテマリーンズ一軍ヘッドコーチ
2015年オリックス・バファローズ一軍打撃コーチ

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・周年行事研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー