高橋浩祐(たかはしこうすけ)

国際ジャーナリスト

【主な講演テーマ】

「トランプ政権や日米関係の行方」
「アジアの軍事外交問題」
「北方領土問題」
「ネットや新興メディアに関わる問題」
「マーケット・経済問題」

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県川崎市

講師プロフィール

1988   慶應義塾大学経済学部入学。同年、米国ボルチモアに留学。
1993   株式会社朝日新聞社入社。 
富山支局、北海道報道部で記者として勤務。
鈴木宗男氏の番記者を務める。
2000   ダウ・ジョーンズ・ジャパン株式会社入社。エディターを務める。
2003   渡米。コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール並びに国際公共政策大学院
(SIPA)に入学。
翌年、二つの修士号を取得。
2004   石油マーケットニュース通信社のリム情報開発株式会社入社。
2005   ブルームバーグ・ニュース入社。
2009   英国の軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー」の東京特派員
として契約。
同年より、日経CNBC経済解説部コメンテーターも兼務。
2012   ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン株式会社入社。
2014   ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社に編集長として入社。
2016   トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社に
シニアオンラインニュースエディターとして入社。

 

講演テーマ

「トランプ政権や日米関係の行方」
日米経済摩擦が激化した1980年代後半に初めて米国留学して以来、
日米同盟や日米貿易など両国関係についての数多くの記事を執筆。

 

「アジアの軍事外交問題」
英軍事誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」東京特派員を務め、
中国や北朝鮮情勢など東アジアの安全保障や外交に精通。

 

「北方領土問題」
1998年6月下旬、当時北海道開発庁長官を務めていた鈴木宗男氏に同行し、北方領土(国後、択捉両島)を現地取材。
両島が直面する経済的な問題を目の当たりにし、住民の生の声を聞く。

 

「ネットや新興メディアに関わる問題」
2014年~ハフィントンポスト日本版編集長を務め、リベラルメディアとしてのブランドを確立する。

 

「マーケット・経済問題」
日経CNBC経済解説部コメンテーターを3年間務める。

 

メディア情報

YTV
「そこまで言って委員会NP」
MX
「ニュース女子」
MX
「モーニングCROSS」
BS
朝日「CNNサタデーナイト」
AbemaTV
「AbemaPrime」

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー