多治見麻子(たじみあさこ)

元全日本バレーボール選手

【主な講演テーマ】

「バレーボールで学んだ事 ~夢をあきらめない~」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

東京都三鷹市出身。1972年6月26日生まれ。
小学校6年生からバレーを始め、八王子実践高等学校時代は春高バレー優勝等を経験。1991年に日立入社。1990年全日本代表初選出。1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと五輪に2度出場。1998年世界選手権で主将を務めた。1999年11月左ひざの手術を受けた影響でシドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも1999年・2000年シーズンと本来の活躍が出来なかった。2001年日立ベルフィーユ廃部に伴い、パイオニアへ移籍。2003年~2004年第10回Vリーグで吉原知子、佐々木みき、斎藤真由美、内田役子らとチーム創部25年目、Vリーグ昇格4年目にしてリーグ初優勝に導く。

2005年~2006年に2度目のVリーグ制覇。2007年4月、Vリーグ出場試合が佐々木、内田と共に女子選手歴代4位の232試合(当時)となり、リーグ40回大会を記念し創立された「Vリーグ特別表彰制度」で長期活躍選手として特別表彰された。2007年4月、8年ぶりに全日本代表復帰。アジア選手権では24年ぶりの優勝を果たす。同年開催のワールドカップ韓国戦に途中出場し、ブラジル戦ではスタメン出場した。2008年8月、アトランタオリンピック以来、12年ぶり三度目のオリンピック,北京オリンピック出場を果たした。2009年7月より、パイオニアのコーチを兼任。2010年~2011年シーズンは監督として活躍。2011年9月パイオニア退社。2011年10月日立リヴァ―レに移籍。2011年・2012年 チャレンジリーグのチーム優勝に貢献。2012年5月退社。2015年早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 修了。現在はバレーボール教室や後進の指導を行っている。

講演テーマ

「バレーボールで学んだ事 ~夢をあきらめない~」
小学校6年生からバレーを始め、八王子実践高等学校時代は春高バレー優勝等を経験した。1991年に日立入社。1992年バルセロナ・1996年アトランタと2度の五輪出場。1999年1月左ひざの手術を受けた影響でシドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも1999年・2000年シーズンと本来の活躍が出来なかった。その後 2003年より Vリーグで活躍、2007年4月、8年ぶりに全日本代表復帰。アジア選手権では24年ぶりの優勝を果たす。同年開催のワールドカップ韓国戦に途中出場し、ブラジル戦ではスタメン出場した。2008年8月、アトランタオリンピック以来、12年ぶり三度目の北京オリンピック出場を果たした。現役自体には語られる事がなかった 数々のエピソードを交え、夢を持ち続けながら困難を克服し、挑戦し続けるために歩んできたバレーボール人生を熱く語らせて頂きます。

経歴

三鷹七小(大沢スポーツクラブ)一三鷹二中→八王子実践高等学校→日立ベルフィーユ(1991~2001年)→パイオニアレッドウイングス(2001~2011年)→日立リヴァ―レ(2110~2012年)

全日本代表選出:1990年~1999年、2007年~2008年
オリンピック出場:1992年・1996年・2008年
世界選手権出場:1994年・1998年
ワールドカップ出場:1991年・1995年・1999年・2007年

受賞暦

1991年
 第25回日本リーグ 新人賞
1992年
 第26回日本リーグ ブロック賞・ベスト6
 第27回 日本リーグ ブロック賞・ベスト6
 第42回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6
  ワールドグランドチャンピオンズカップ ブロック賞
1994年
 第43回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 ベスト6
2007年
 プレミアリーグ Vリーグ栄誉賞

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー