田原総一朗(たはらそういちろう)

・ 評論家
・ ジャーナリスト

【主な講演テーマ】

「時代を読む」
※時事ネタを盛り込んだ、様々なテーマでの講演が可能です。

【登録テーマ】
【出身地】 滋賀県

講師プロフィール

1934年滋賀県彦根市生まれ 早稲田大学文学部卒業。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、’77年フリーに。現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。テレビ朝日系で’87年より『朝まで生テレビ!』(毎月最終金曜25:00~28:00)、’89年より『サンデープロジェクト』(毎週日曜10:00~11:45)に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、’98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞した。’02年4月より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講、塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたっている。’05年4月より早稲田大学特命教授。

メディア

TV

テレビ朝日
『朝まで生テレビ!』
『サンデープロジェクト』

ラジオ

文化放送 「田原総一朗オフレコ!」(毎週月曜21:00~21:30)

雑誌

『田原総一朗責任編集 オフレコ!』(アスコム)
週刊朝日『田原総一朗のギロン堂』(朝日新聞社)
月刊BIG tomorrow『現場主義!」』(青春出版社)
月刊リベラルタイム『this Month!』(リベラルタイム出版社 )
週刊読書人『田原総一朗の取材ノート』(読書人)

WEB

日経BPネット コラム「政財界ここだけの話」
ネットラジオ「田原総一朗のタブーに挑戦!」(毎週木曜更新)

映画

『あらかじめ失われた恋人たちよ』(‘71年)監督。

著書

『面白い奴ほど仕事人間―自分で「自分」を生きよう』

 常に強気の発言で知られるジャーナリスト・田原総一朗氏の熱さが伝わってくる、その生き方が表れている一冊です。
 人生は好きなことを探す旅であるという田原氏は、どんなときでも目の前の物事に真剣に向き合い、その積み重ねから紆余曲折を経て、現在の姿を探し当て、好きなことをトコトン打ち込んできた説得力が随所に垣間見られます。
 田原氏が誰よりも“面白い奴”であり、人生の壁にぶち当たった人にとって、大きな勇気を与えてくれます。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー