田川拓麿(たがわたくま)

ワーク・ライフバランスコンサルタント

【主な講演テーマ】

「経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
「中小企業が勝ち続ける秘訣~経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
「ダイバーシティ時代の働き方」

【登録テーマ】
【出身地】

講師プロフィール

・2007年
自動車に関わる様々な業務を一体としてサポートし顧客の経営課題を総合的に解決できる手法としてのリース業に関心を持ち、三菱オートリース株式会社に入社。
東京都港区、千代田区内の既存顧客90社を担当。休眠顧客の掘り起こしと、過去の実績にとらわれず相手の課題へ寄り添うことによるシェアアップの実績が評価され、翌2008年、史上最年少で新規専門の営業メンバーに抜擢。

・2009年
より高度な提案が求められる大企業を専門に担当するソリューション営業本部発足メンバーに選ばれる。競合他社と価格勝負をするのではなく、データ分析やコンプライアンスリスクの観点からの課題解決策を提案するなど新たな付加価値をつけることで、当初まったく取引先がなかった状況から、多くのクライアントを持つ部に成長させる。これらの論理的な取り組みが評価され、2011年に社内優秀賞を獲得。

・2015年
かつて自らも長時間労働を経験しており、ワーク・ライフバランスという言葉に出会う前までは長時間労働が当たり前だと思っていたが、2008年弊社代表小室淑恵の「キャリ来い」を読み、ワーク・ライフバランスの本質を知る。その後、自ら自社内で実践しようと試みたが、その必要性を正しく認識されない難しさを感じていた。この経験をもとに、「気づき」の提供機会の増大と、企業内で気づいた人がよりスピーディに行動変容できるような支援をしたいと考え、株式会社ワーク・ライフバランスに参画。
入社直後から、これまで培った鋭い分析力とスピーディな対応力で社内外の信頼を集めている。一人ひとりの課題と社会全体の課題とを結び付け、納得した状態で働き方を変えることを促すサポート力に評価が高い。
また、企業に対してはもちろんのこと、将来、社会人になる学生に対して、ワーク・ライフバランスを広めることが、結果的に日本社会全体を変革できると考え、学校現場での講演も積極的に行っている。

【資格】
・ワーク・ライフバランスコンサルタント
・中学校教諭一種免許状(保健体育)
・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
・ビジネス実務法務検定2級
・日商簿記検定3級

 

主な講演テーマ

「経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
「中小企業が勝ち続ける秘訣~経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
「ダイバーシティ時代の働き方」

 

コンサルティング実績(クライアント)

埼玉県さいたま市・株式会社リクルートスタッフィング・株式会社リクルートコミュニケーションズ・内閣官房人事局・総務省・愛知県警察本部・富士見台小学校など

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー