多田そうべい(ただそうべい)

大人の寺子屋主宰
歌手(元殿さまキングス)
作家

【主な講演テーマ】

「上手に年齢(とし)をとる方法」
「心にビタミンを!・心の器を大きく」
「イキイキ子育てもう大丈夫」
「ボランティアは心から」
「経営は鍋物なり」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

昭和16年(1941)  大阪・高槻(たかつき)市生まれ。                  
昭和36年(1961) ~ 41年(1966)までギター・ボーカルとしてハワイアン界の第一線で活躍。
昭和42年(1967) コミックバンド「殿さまキングス」結成と同時に入団。
昭和49年(1974)  「なみだの操」が空前の大ヒット。
昭和59年(1985) グループ活動と並行して、生涯学習「大人の寺子屋」を開設。講師として活動を開始。
平成 2年(1990)  23年間の活動の後、「殿さまキングス」は解散。以来、本格的な講演活動の傍ら、執筆に力を注ぐ。
平成 3年(1991)  骨髄バンク支援運動に参加。
平成12年(2000) 「大人の寺子屋…大忙し・心にビタミンを!」を出版。骨髄バンク啓蒙運動が認められ、「全国骨髄バンク推進連絡協議会」より、特別功労賞を受ける。
平成14年(2002)  16年継続中の骨髄バンク支援「命のつどい・ふれ愛こんさーと」がNPO法人として認められ、理事長に就任。「童話DE(で)心にビタミンを!」を出版。
平成17年(2005) ビクター歌謡音楽研究会月刊誌に作詞家としてのエッセイ開始。平成23年12月まで計83回に渡って掲載。
平成23年(2011) (財)骨髄移植推進財団より長年のボランティア活動により、個人表彰を受ける。
現在

東京都練馬区在住。講師として全国をくまなく行脚中。 

「心にビタミンを!」をキャッチフレーズに、楽しい講演がモットー。
ユーモアを交えた話術は、時間の経過を忘れさせるほどで、「心」を原点に、寺子屋スタイルの講演は大好評!
特に「音楽の授業」では、参加者との楽しいコミュニケーションも。
異業種間サークルの事務局長を長年経験。
これにより、各界の情報にも詳しく、話題も豊富。
講演、執筆活動の傍ら、骨髄バンク支援「命のつどい(NPO法人)」をボランティアとして全国規模で展開中。(一般市民参加・入場無料公演)

これまでの講演歴は25年、全国1000ヶ所以上にのぼる。
講演内ではヒット曲「なみだの操」など、歌も披露!

 

講演テーマ

【シニアライフ・健康】
「上手に年齢(とし)をとる方法」
「心にビタミンを!・心の器を大きく」

【介護】
「母の介護から学んだこと」

【人権】
「人権は優しい心から」

【教育】
「イキイキ子育てもう大丈夫」
「子は親の背中を見て育つ。」
「教育は1本の木から」

【社会福祉・地域福祉】
「見直そう!地域力・近所力」
「ボランティアは心から」

【防犯】
「振り込め詐欺『被害者危機一髪!』」

【ビジネス/商工会・経営セミナー】
「経営は鍋物なり」
「リーダーは『五眼』を持て」

 

 

▼ココがオススメ!

 「大人の寺子屋」主宰である多田そうべい氏は、演歌『なみだの操』(1973年)や『夫婦鏡』(1975年)などのヒット曲で一世を風靡したバンド「殿さまキングス」のメンバーとして活躍した歌手としても知られています。  「殿さまキングス」は、元々はコミックバンドで、演芸バラエティに多く出演していましたが、『なみだの操』がレコード売上枚数300万枚のミリオンセラーとなり、その後は演歌、ムード歌謡を主流に、歌番組にも多く出演していました。  多田氏は、バンドではギターを担当。歌謡曲では、長身でスリム、淡いサングラスが印象的なイメージで、コーラスを務めていました。 1984年より、歌手活動と並行して、「心にビタミンを!」をキャッチフレーズに生涯学習を目的とした「大人の寺子屋」を開設し、講師として活動します。 混迷と不信が渦を巻き、理解できないような事件や事故も立て続けに発生しているわが国の現状を憂い、今の日本に足りないものを「心のビタミン」と捉え、人間同士がより一層信頼し、安心して生活が出来るための、様々なコミュニケーションのあり方を指導。 そんな多田氏に寄せられる講演依頼は、教育、人生、人権、福祉、ボランティア、介護、健康、ビジネス、経営論、リーダーシップ、暮らし、防犯などの内容に及び、「上手に年齢(とし)をとる方法」「心にビタミンを!・心の器を大きく」「イキイキ子育てもう大丈夫」「ボランティアは心から」「経営は鍋物なり」などのテーマを話してくれます。 講師派遣先は、福祉、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナーの形でもOK!特に、人生や介護を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。 「大人の寺子屋」で処方・投与されるビタミンは、実母の介護経験、子育て、「地域力・近所力」アップ、ボランティア推進など、実に多種に及びます。特に、血液の難病によって1991年に享年18歳で実子が他界したこともなり、骨髄バンク啓蒙活動に傾注。その功績は高く評価されています。講演、フォーラム、セミナーを訪れた人は、司会者、歌手としても活躍している多田氏の、歌あり笑いあり感動ありのひと時より、多くの学びと気付きを得ることになるのです。

 

主な著書

『童話DE(で)心にビタミンを!』(寺子屋出版)
『大人の寺子屋…大忙し・心にビタミンを!』(寺子屋出版)
『真也に』(平凡社)

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー