鈴木中人(すずきなかと)

(株)ライフクリエイト研究所 代表取締役
NPO法人 いのちをバトンタッチする会 代表

【主な講演テーマ】

「いのちの授業 ~いのちのバトンタッチ」
「いのちを大切にする心を育む」
「生きる幸せ、働く喜び」
「いのちと医療(介護、看護、福祉)」

【登録テーマ】
【出身地】 愛知県

講師プロフィール

1957年愛知県生まれ。
81年デンソー入社。
92年長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動やいのちの授業に取組む。
05年会社を早期退職し、いのちをバトンタッチする会を設立。09年ライフクリエイト研究所を設立。

「いのちのバトンタッチ」をテーマに、いのちの輝き、家族の絆、根っこを育む、自分を変える、生きる幸せ・働く喜び、良き医療など、生きる力と感謝感動を全国に発信する。講演やセミナーには16万人が参加。ドキュメンタリー映画「四つの空 いのちにありがとう」のプロデュースにも取組む。

テレビ寺子屋出演(12年、10年)
NHKテレビ・ドキュメンタリー放送(09年)
NHKラジオ深夜便こころの時代出演(08年、04年)
愛知県がん対策部会員(12年)、愛知県がん対策推進計画委員(07年)

■受賞等
・心を育む総合フォーラム中部ブロック大賞(2012年) ・名古屋キワニス会社会公益賞 (2011年)
・浄土宗地域文化大賞「共生賞」受賞 (2008年)   ・愛銀教育文化財団 助成表彰(2007年)
・財団法人 ソロプチミスト日本財団 社会ボランティア賞 (2007年)

◆主な活動
・株式会社ライフクリエイト研究所 代表取締役
・特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会 代表
・国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究審査委員
・名古屋陽子線治療センター 運営会議委員
・名古屋市立中央看護専門学校 非常勤講師
・三重大学医学部 非常勤講師

 

 

講演テーマ

青少年育成
子育て支援
社会教育
生涯教育
社会貢献

「いのちの授業Ⅰ~いのちのバトンタッチ」 60~90分 
小児がんの少女と家族の姿を通じて、生と死に向き合い、いのちの大切さと家族の絆をみつめます。園児・保護者向、小学生向、中学生以上向、一般向の4コース。
学校、幼保育園、PTA行事、教育セミナー、青少年育成、人権大会向。

「いのちの授業Ⅱ~いのちを大切する心を育む」
 60~90分
いのちの授業の実体験をもとに、いのちの授業Ⅰに加えて、子どもの"いのちを大切にする心"の育て方を語ります。保護者、PTA行事、教育関係者向

「いのちの授業~親子塾」 2H~1日
小学生向授業に、車イス・ブラインドウォーク体験、語合い加えて、親子・家族で感動・発見・体験の中で、いのちと家族をみつめます。学校、地域、団体、職場での親子体験イベント向。
医療、看護介護、福祉
悲嘆ケア

「いのちと医療(看護、介護、福祉)60~120分
小児がんの闘病、ターミナル、死別、グリーフケア、小児がん支援、介護等を通じて、患者・家族の目線から、患者家族の思い、良き医療・社会福祉の心などを語ります。
専門学校、大学、医療・福祉・介護団体向。

「死合わせの中の幸せ」 60~90分
死別、逆縁、グリーフケアを通じて、大切な人を喪うこと、悲嘆とその思いを語る。
自殺予防
いじめ防止


「いのちを大切にする心を育む」 60~90分
いのちの大切さをまず自分自身が実感し、自殺・いじめ・虐待と向き合うとき、人と人とのかかわりの中で心することをみつめます。行政などの自殺・うつ・いじめ防止対策事業向。
専門講座
生涯教育
「いのちの講座」 講演60~120分、 セミナー2日集中~90分/1回×15回
いのちへの確かな思いをもつ専門職(医療者、MR、社会福祉職等)を育むための特別講座。
専門セミナーや大学・専門学校向。
映画上映&
 語り合う会
「いのち、家族をみつめて」 上映・語り合う 120分
4組の家族の小さないのちの物語である、ドキュメンタリー映画「四つの空 いのちにありがとう」の上映と、参加者全員で語り合うことを通じて、いのち・家族・生きるをみつめます。
人権・道徳・保健教育、自殺・うつ防止、子育てや生き方セミナー、職場研修向。映画単独の上映も可能。
人材育成

「生きる幸せ、働く喜び」 60分~120分
いのちをキーワードに、本当に大切なこと、どう生きるか・働くかについて考えます。根っこ=人間力のある人材を育成します。社員教育、経営者セミナー、モチベーション向上、メンタルケア、ワーク&ライフバランス向。

「いのちと医療」「MRとして働く使命」 60分~1日
いのちをみつめる意味、患者・家族の思い、専門職としての使命をみつめることによって、企業人・医療人としての人間的資質を高めます。MRや医療者の研修向

▼ココがオススメ!

 (株)ライフクリエイト研究所代表取締役、NPO法人いのちをバトンタッチする会代表と務める鈴木中人氏は、1992年に長女の小児がん発病を機に、小児がんと闘う患者や家族の支援活動や「いのちの授業」に取組むようになります。医師に中には「がんは老化の一種」であると主張する人もいますが、小児がんはまさに“別物”であり、ステージが悪化するスピードも速く、あっという間に患者の命を奪うことになります。
鈴木氏の長女・景子ちゃんは、短い生涯を閉じてしまいましたが、そもそも人の命の長さはまちまちであり、天寿を全うする人もいれば夭逝してしまう人もいます。それを踏まえ「いのちの授業」を受講することで、限られた時間をいかに充実して過ごすかで意味がある人生となり、けっして長さではないことを知るのです。
そんな鈴木氏の講演は、教育、モチベーション、人生、人権、福祉、医学などの内容に及び、「いのちの授業 ~いのちのバトンタッチ」「いのちを大切にする心を育む」「生きる幸せ、働く喜び」「いのちと医療(介護、看護、福祉)」などのテーマを話してくれます。また、セミナーでの開催もOK! 命は、個人に帰属するものであることは言うまでもありませんが、家族や社会とのつながりなくしては成立しえない存在でもあります。また、人の命を尊ぶことは、自らの命を見つめることにつながり、講演、セミナーを訪れた人は、生きることは自分のためだけでなく、家族をはじめ、周囲の人や社会に対して極めて重要な意味をもたらしていることを知るのです。

 

 

著書

『人生のそのときに 心に刻む10のこと ―働く父から息子へのメッセージ』(致知出版社)
『6歳のお嫁さん 亡き娘から託された「いのちの授業」』(実業之日本社)
『いのちのバトンタッチ―小児がんで逝った娘から託されたもの』(致知出版社)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー