鈴木鋭智(すずきえいち)

ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
元・代々木ゼミナール講師

【主な講演テーマ】

「ロジカルに伝える技術
~学校では教えてくれない「ビジネス国語」の授業~」
「学び直しのロジカルシンキング ~ミニマル思考のすすめ~」

【登録テーマ】
【出身地】 青森県

講師プロフィール

「学校では教えてくれない『ビジネス国語』」の専門家。
「かみ合わない報連相」「空回りする会議」に潜む「ロジックのズレ」を解き明かし、職場の業務や人間関係を改善する。
代々木ゼミナール講師時代、それまで「文章表現の科目」とされていた小論文を「問題解決能力のテスト」と再定義することによって合格率を倍増。
1万5千人に添削指導する中で「できる人・できない人の思考の癖」を発見し、「ミニマルシンキング」「3Dの法則」など独自の論理メソッドを開発する。
そのノウハウを凝縮した受験参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』は
2011年の発売以来5年連続Amazonカテゴリ1位をキープするロング&ベストセラーとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ・雑誌などでも活躍。
現在、企業研修・ビジネスセミナーで「ロジカルな話し方・考え方」を指導する傍ら、CSS公務員セミナーにおいて論文試験対策を担当する。
またビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』、『仕事に必要なのは「話し方」より「答え方」』はアジア諸国でも翻訳出版される。

 

講演テーマ

「ロジカルに伝える技術 ~学校では教えてくれない「ビジネス国語」の授業~」
<対象: 一般社員>
「部下の報連相が支離滅裂」vs「上司の指示が意味不明」
日本企業の生産性を下げているのは「国語力の欠如」です。
「こう問われたら、こう答える」という、受け答えの「型」を身につけましょう。

(1)ロジカルな受け答えができる人、できない人
 ・「なぜ?」という質問には「原因(過去)」と「目的(未来)」がある
 ・「2つの意味に解釈できる言葉」がトラブルの元になる 他

(2)論理的な説明には「型」がある
 ・人脈を生む自己紹介のポイント2つ
 ・相手を動かすのは否定語ではなく肯定語 他

(3)説得力を生む議論の仕方
 ・「別に、いいじゃん」と言わせないトピックの選び方
 ・犯人探しをせず、目の前の仕組みを変えよう 他

ゲーム的なワークを通して自分の癖を発見し、直すことができます。受講翌日から「契約が取れた」「企画が通った」
「職場の人間関係が変わった」という声を多数いただいているセミナーです。

 

「学び直しのロジカルシンキング ~ミニマル思考のすすめ~」
<対象: 一般社員>
組織も個人も、問題解決に失敗するのは「頭の中がゴチャゴチャしすぎている」から。
ロジックツリーを描き散らかす前に「考えるべきこと/考えなくてもいいこと」を区別し、論点を最小限(ミニマル)に整理しましょう。

(1)なぜロジカルシンキングは身につかないのか?
 ・「問題解決の方法」ではなく「クライアントを説得する話法」だから
 ・MECE…「漏れがない」は証明できない 他

(2)世界一単純な問題解決のルール
 ・それって実害がありますか?
 ・貼り紙、禁止令よりもクールな手を探そう 他

(3)実践編・身の回りの問題を解決してみよう
 ・賛成/反対に分かれたときの落とし所
 ・「頭の固いオッサン」にどう対処するか 他

ロジカルシンキング初心者の方も、一度学んで挫折した方も、ガッカリ事例とスッキリ事例を比較しながら「MECE以前の目のつけどころ」を養うことができます。

 

講演実績

《企業・団体》
アイシン精機株式会社、SMBCコンサルティング株式会社、有限会社エリエス・ブック・コンサルティング、株式会社経営支援センター、
東京シェルパック株式会社、東亜トレーディング株式会社、株式会社日立製作所、株式会社ブレインコンサルティングオフィス、
株式会社マイナビ、みらいコンサルティング株式会社、りそな総合研究所株式会社

《学校・教育機関》
獨協大学、埼玉県高等学校国語科教育研究会、東京都教職員研修センター、青森県商業教育研究会、
秋田県商業教育研究会

 

メディア出演情報

【TV】
・2013年6月10日 NHK Eテレ『テストの花道』
「点数アップにつながる!知っておきたい日本語」
・2013年9月23日 NHK Eテレ『テストの花道』
「勝つ面接へ!3つの極意」
・2014年3月10日 NHK Eテレ『テストの花道』
「面白がって点数UP!~英語&国語~」

【雑誌】
・2014年『月刊デ☆ビュー』1月号(オリコン・エンタテインメント(株))
 特集「芸能界も大学も! 一挙両得大作戦!」
・2015年『THE21』2015年5月号(PHP研究所)
 特集「なぜか意見が通る人の「30秒」で伝わる話し方」
・2015年『月刊OLマニュアル』8月号(研修出版)
「あなたの評価をぐんと上げる 受け答えのスキル」

 

著書

『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』(かんき出版)
『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』(中国語版タイトル『冩作的技術』)
『何を準備すればいいかわからない人のための AO入試・推薦入試のオキテ55』
『何となく解いて微妙な点数で終わってしまう人のための 現代文のオキテ55』
『仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」』(同『回話的藝術』、以上KADOKAWA/中経出版)
『公務員試験 無敵の論文メソッド』(実務教育出版)
『公務員試験 無敵の文章理解メソッド』(実務教育出版)

[著者より]
高校生向け、大学生向け、社会人向けに書き分けていますが、一貫したテーマは「学校では教えてくれない、ロジックとしての国語」です。
いまや「美しい日本語、難しい漢字」などの教養は検索すれば済む時代。しかもこれらは日本国内だけのローカルルールに過ぎません。
これに対し「誤解されない説明、的を射た受け答え」というロジックは検索ではわからず、しかも世界共通のルール。台湾・中国・韓国でも翻訳出版されているのはそのためです。
グローバルな時代を生き抜くための「ロジカルな話し方、書き方、考え方」を身につけましょう。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー