笑福亭竹林(しょうふくていちくりん)

落語家

【主な講演テーマ】

「次世代を豊かに生き抜く子どもを育てよう」

【登録テーマ】
【出身地】 奈良県

講師プロフィール

生年月日 :昭和31年4月13日        
出  身   :奈良県吉野郡        
特技   :    子育て        
身長・体重  :   166㎝/50kg        
血液型  :     A型

【経歴】
奈良県吉野郡に、三人兄弟の末っ子として生まれる。    
県立五条高校から、桃山学院大学に進学し、そこでの在学中、落語研究会に    
籍を置き活躍するが、学費を使い込んだため(?)大学を除籍。    
その後、昭和55年4月、故六代目笑福亭松鶴の元に入門。    
昭和58年、年明けと同時に結婚。さらに2人の男の子をもうけ、父親となり 幸せな家庭生活を送る。    
入門10年目を期に独演会「楽屋見舞いはご遠慮します。」を年1回、    
地元奈良にて開催したり、日刊「ちくりん」なる新聞を発行したりと、古典落語だけでなく、    
企画力・文章力をも持ち合わせた、エネルギッシュな文化的噺家である。    
平成13年ワッハ上方演芸ホールにて笑福亭竹林独演会~こども的世界って何だろう~を開催。    
地区の子供会のために年間150日以上を奔走する.    
平成17年ワッハホールにて笑福亭竹林~二十二世紀の子どもたちへの手紙~を開催。    

各地で「子育て」「教育」「PTA」に関する講演会に出演。    
平成19年度より「堺・教師ゆめ塾」講師を務め、更に活動の場を広げる。

 

講演タイトル

「次世代を豊かに生き抜く子どもを育てよう」

長髪を束ねた“サムライヘアー”で高座を務める異色の落語家・笑福亭竹林氏。出囃子は童謡の「やぎさんゆうびん」。そして、開口一番「決してあやしい者ではございません」のフレーズで客席を掴むスタイルは、竹林氏の定番です。
 竹林氏は、本業の咄家以外にも、日刊「ちくりん」の発行や、子育てに関する講演などを様々に展開。特に、子育てに関しては、その子煩悩さも手伝い、子どもと親の気持ちを一番理解している指南役としても知られています。
 竹林氏の子育ての基本は「子どもはまったく叱らなくっていい」というもの。二人の息子に実践してきた子育てなどで実感し、さらに『逝きし世の面影』(渡辺京二著)と言う本に書かれていた「江戸時代末期の日本人は、子どもをまったく叱っていなかった」という意外な事実を知り、まさにわが意を得たりとなります。そして、子育てのあるべき姿を啓蒙することを使命とし、各地で子育てをテーマとした高座やイベントを開催しています
 そんな竹林氏の講演は、人権、子どもの人権、芸能、落語などの内容に及び、「次世代を豊かに生き抜く子どもを育てよう」をテーマに話をしてくれます。
 子どものモチベーションアップのコツは、目の前にあるハードルを出来るだけ低く感じさせることという竹林氏。子どもの尻を叩き、無理やり高すぎるハードルに挑戦させると、それほど高くないハードルにも萎縮して越えられない。その前に、物事に挑む楽しさを感じさせることが大事であるとも。
 講演、高座を訪れた人は、例えば勉強においても、強制する前に「勉強しなくてもいい」と言いきると、逆に勉強をはじめるという子育ても面白さについても実感するのです。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー