柴田亜衣(しばたあい)

スイミングアドバイザー
アテネオリンピック 金メダリスト

【主な講演テーマ】

「オリンピックとわたし」
「水泳とわたし」
「夢を持つことの大切さ」

【登録テーマ】
【出身地】 徳島県(福岡県生まれ)

講師プロフィール

生年月日:1982年(昭和57年)5月14日福岡県生まれ
出身地  :徳島県
出身校    : 穴吹高校-鹿屋体育大学-鹿屋体育大学大学院

1982年福岡県生まれ 徳島県出身。
3歳から水泳を始め、小学校2年で徳島県へ移り、水泳を続ける。
小学校、中学校、高校時代は全国的に無名の選手だったが、2001年鹿屋体育大学に入学後、
頭角を現し2004年アテネオリンピック800m自由形で金メダルを獲得。
その後の国際大会でも数多くのメダルを獲得。
その時の日本記録は現在でも(400m、1500m自由形)破られていない。
2008年北京オリンピック出場後現役を引退。
現在は、スポーツの普及をメインに水泳の楽しさや、親しみ方を伝える伝道師として全国各地で活動中。
2012年に結婚。

▼座右の銘
「あわてず、あせらず、あきらめず」
▼尊敬する人
恩師 田中孝夫(鹿屋体育大学)

 

講演内容

 オリンピックアテネ大会で、競泳女子800m自由形の金メダリストとなったスイミングアドバイザー・柴田亜衣氏。幼少のころから水泳に親しんできたものの、大学に入学以降、一気に頭角を現してきます。

 2004年のアテネ大会女子800m自由形では、大本命選手を押さえて大逆転に成功、金メダルに輝きます。女子自由形でオリンピックでの金メダル獲得は、日本人初の快挙となります。

 常に自己ベストの更新を目標として練習、試合に臨み「レースに勝利しても自己ベストでの勝利でなければ、喜びも半減してしまう」という柴田氏。アテネ大会での金メダル獲得も「自己ベスト更新を目標に頑張っていたら、後からメダルが付いてきた」とも。

 現在は、水泳の楽しさ、水との親しみ方などを伝えるため、全国で普及活動をメインに活動中。水泳やスポーツが苦手な小学生をなくすために、独自のプログラムも考案し、子供たちに指導を行っています。

 そんな柴田氏の講演は、スポーツ、メダリスト、水泳などを主な内容とし、「オリンピックとわたし」「水泳とわたし」「夢を持つことの大切さ」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 水泳ほど、努力すれば記録という形で結果にあらわれる競技はないという柴田氏。そして、水泳に限らず、自己ベストを出してもそれに満足することなく、さらに高い目標を目指して練習を重ね、負けてもそこから何かを学び成長できるのがスポーツの良いところだとしています。

 講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、「PDCAサイクル」を思わせる柴田氏の歩みと指導法から、スポーツを経験することで、様々なジャンルやビジネスなどの局面で、成長するために必要不可欠な習慣を身に付けることができるのです。

主要大会 成績

400M自由形日本記録保持者
1500M自由形日本記録保持者 (2013年4月現在)

・2004年
アテネオリンピック  
 400M自由形5位/800M自由形1位

・2005年
世界水泳モントリオール大会
 400M自由形2位 ※日本新記録
 800M自由形3位

・2006年
パンパシフィック水泳ビクトリア大会
 400M自由形1位
 800M自由形2位

・2007年
世界水泳メルボルン大会
 400M自由形3位 ※日本新記録
 800M自由形6位
 1500M自由形3位 ※日本新記録
世界競泳2007
 400M自由形4位
 800M自由形1位

・2008年
北京オリンピック
 400M自由形出場
 800M自由形出場

主な受賞暦

・2004年
 紫綬褒章
 鹿児島県民栄誉賞
 徳島県民栄誉賞
 文部科学大臣 顕彰受賞
 日本水泳連盟 最優秀選手

・2005年
 JOCスポーツ栄誉 特別賞
 文部科学省国際大会 優秀者
 日本水泳連盟 最優秀選手

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー