関裕二(せきゆうじ)

歴史作家

【主な講演テーマ】

「日本書紀に隠された真実」
「天孫降臨 日本建国神話の謎解き」
「ヤマトタケルの正体」など


 

【登録テーマ】
【出身地】 千葉県柏市

講師プロフィール

1959(昭和34)年、千葉県柏市生れ。歴史作家。
仏教美術に魅了されて奈良に通いつめ、独学で古代史を学ぶ。
1991(平成3)年に『聖徳太子は蘇我入鹿である』でデビュー。
以後精力的に執筆活動を続けている。

主な著作に『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』
『古代史謎解き紀行』『伊勢神宮の暗号』『海峡を往還する神々』
『王剣強奪』『消えた出雲と継体天皇の謎』『伏見稲荷の暗号 秦氏の謎』
『京都の闇』『アメノヒボコ、謎の真相』『古代史 50の秘密』など多数。

 

講演テーマ

「日本書紀に隠された真実」

「大化改新の常識」

「天孫降臨 日本建国神話の謎解き」

「奈良 古代史ミステリー」

「ヤマトタケルの正体」

 

著書

『「古代史」闇に消えた謎を解く』(PHP研究所)
『天皇名の暗号』(芸文社)
『古代史謎解き紀行I~V』(ポプラ社)
『伊勢神宮の暗号』(講談社)
『「天皇家」誕生の謎』(講談社)
『海峡を往還する神々』(PHP研究所)
『なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか』(実業之日本社)
『物部氏の正体』(東京書籍)
『藤原氏の正体』(新潮文庫) など

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー