澤口俊之(さわぐちとしゆき)

武蔵野学院大学・大学院教授
人間性脳科学研究所 所長

【主な講演テーマ】

「子供の脳をいかに育むか」
「ビジネスマンで真に伸ばすべき脳力は何か」など

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

<経歴>
1959(昭和34)年 2月 東京都葛飾区に生れる
1977(昭和52)年 3月 東京都立両国高校 卒業
            4月 北海道大学 入学
1982(昭和57)年 3月 北海道大学理学部生物学科 卒業
             4月 京都大学大学院理学研究科 修士課程 入学
1984(昭和59)年 3月 同修士課程 修了
            4月 京都大学大学院理学研究科 博士後期課程 進学
1987(昭和62)年 3月 同博士後期課程 修了
             3月 京都大学理学博士号取得
1988(昭和63)年 3月 ブレインサイエンス財団 塚原賞(新人部門)受賞
1988(昭和63)年 4月 米国エール大学医学部神経生物学科 P.S. Goldman-Rakic研究室にポストドクとして赴任
1991(平成 3)年  4月 京都大学霊長類研究所に助手として赴任
1996(平成 8)年  3月 北海道大学文学部心理システム科学講座に助教授として赴任
1999(平成11)年10月 北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻神経機能学講座
                高次脳機能学分野に教授として就任
2006(平成18)年 4月 人間性脳科学研究所・所長
2011(平成 23)年 9月 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授就任
2012(平成 24)年 4月 武蔵野学院大学大学院教授兼任

 

講演テーマ

「ビジネスマンが真に伸ばすべき脳力とは何か」
「経営者やトップが伸ばすべき脳力」
「夢をかなえる脳」
「脳と食育」
「恋愛と結婚のための脳科学」
「脳老化・認知症の予防と改善法」
「子どもの脳をいかに育むか」
「発達障害の本質と改善法」  など

 

著書

『夢をかなえる脳』(WAVE出版)(2011)
夢をかなえられるか?成功できるか?そのカギは、脳にある。
夢を持てるのは人間だけで、夢を持つことは人間の基本的な特徴。夢を持たないと人間ではないとさえ言える。
夢を持ち続けないと、未来志向性が希薄になって日々の生活も、その場の状況に流されがちになってしまうと書かれています。
また、読者の脳の力(脳力)を診断できる様々なテストがあるので、自分の「成功脳指数」が具体的に分かります。
例え数値が低くても、対策内容もきちんと紹介してくれていますので安心です。
脳力を伸ばすには特に乳幼児期が大事ということから、子供の能力を伸ばすためのヒントもたくさん掲載されているので、子育て中の方にオススメですが、努力すれば大人になってからでも脳力を伸ばすことはできるので、年齢問わず自分の能力を知るきっかけになる一冊となっています。

 

『脳をこう使えば、ボケない、太らない』(小学館)(2012)
『やる気脳を育てる』(小学館)(2012)
『脳が若返るかみ合わせ健康法』共著:丸山剛朗(農山漁村文化協会)(2012)
『夢をかなえる脳』(WAVE出版)(2011)
『恋脳指数』(小学館101新書)(2010)
『発達障害を予防する子どもの育て方』共著:金子保,片岡直樹(メタモル出版) (2010)
『学力と社会力を伸ばす脳教育』(講談社α新書)(2009)
『脳教育2.0:子どもに最も必要な能力HQ』(講談社)(2008)
『幸せになる成功知能HQ』(講談社)(2005)
『HQ論:人間性の脳科学』(海鳴社)(2005)
『あぶない脳』(筑摩書房)(2004)
『モテたい脳、モテない脳』共著:阿川佐和子(新潮文庫)(2003)
『平然と車内で化粧する脳』共著:南伸坊 (扶桑社)(2000)
『わがままな脳』(筑摩書房)(2000)
『幼児教育と脳』(文藝春秋)(1999)
『「私」は脳のどこにいるのか』(筑摩書房)(1997)
『脳と心の進化論』(日本評論社)(1996)
『知性の脳構造と進化』(海鳴社)(1989)   など多数

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー