佐藤康雄(さとうやすお)

全国危険物安全協会理事
元東京消防庁警防部長

【主な講演テーマ】

「東日本大震災における指揮者の判断について」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1952年生まれ。父、息子と親子三代にわたる生粋の消防官。
小学校の頃から消防士にあこがれ、1975年東京消防庁に入庁。起震車の製作に始まり、火災予防や救急、防災、人事、研究所と、消防のあらゆる実務経験を持つ。

武蔵野消防署長、第一消防方面本部長等を歴任し、2010年より東京消防警防部長に就任。
去る3月11日、東日本大震災においては、東京消防庁の全部隊一、八〇〇隊、一八、〇〇〇名の職員を統括し、大都市東京および近郊の災害対応にあたった。

震 災につぐ福島第一原子力発電所の原子炉災害にあたって、東京都緊急消防援助隊の総隊長として精鋭三〇隊、一三八名の職員を率いて放水冷却作戦に臨み、炉心 溶融の拡大を防いだことは国民の記憶に新しい。石原慎太郎都知事から被災地派遣命令を受け、準備に追われる中、夫人へ「福島原発に行ってくるよ」とメール を送った。「日本の救世主になってください」と、1行の返信を胸に出立。3月末日、消防庁を定年退庁。

日本の若い命を守ること、大災害発生の確率が1000年に一度であろうとも、日本の、そして世界の叡智を集め、防災への手を決して緩めてはならないと、全国を回る。

 

講演テーマ

「東日本大震災における指揮者の判断について」

 

▼ココがオススメ!

 小学校の頃から消防士に憧れていたという佐藤康雄さん。その夢を現実のものにすべく1975年に東京消防庁に入庁し、長年にわたり火災予防や救急、防災、人事、研究所など、消防に関するあらゆる実務経験を積んだのち、2010年には東京消防警防部長に就任しました。  数えきれないほどの場面で人々の命を救い続けてきた佐藤さんにとって、最大の現場は福島第一原子力発電所の原子炉災害。2011年3月18日、東京都緊急消防援助隊の総隊長として精鋭三〇隊、一三八名の職員を率いて放水冷却作戦に臨み、炉心溶融の拡大を防いだその勇姿はまさに英雄そのものでした。  消防庁を2011年3月末日で定年退庁した後も、日本の若い命を守り、市民の防災への意識を高めるために日々奔走しています。あの当時、全世界中が見守り、少しの失敗も許されないというプレッシャーの中、佐藤さんはどういった気持ちで福島原発に向かい、放水に臨んだのでしょうか。そして、想像を絶する量の放射線が飛び交う中で、混乱を極める現場だからこそ常に心がけていたこととは? 講演では「東日本大震災における指揮者の判断について」と題し、自身の生い立ちや数々の経験から得た教訓をお話します。講師派遣のご依頼、お待ちしております。

 

経歴

昭和50年4月 東京消防庁入庁                  
  赤坂、赤羽、日本橋の予防・警防課長を歴任
平成14年4月 消防科学研究所 第二研究室長
平成15年4月 武蔵野消防署長
平成17年4月 予防部参事 危険物保安技術協会 タンク審査部長
平成19年4月 予防部参事 兼 予防課長
平成21年4月 第一消防方面本部長
平成23年4月 警防部長
平成23年4月 NTT都市開発株式会社 シニアスペシャリスト
平成25年4月 一般財団法人 全国危険物安全協会 理事

 

主な研究歴

平成19年      乾式工法を用いた防火区画遮煙性能に関する調査・研究
平成20年 防耐火ガラス等を用いた消防活動拠点の在り方に関する調査・研究

 

所属学会

日本火災学会
国際危機管理学会

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー