佐伯美香(さいきみか)

元全日本バレーボール選手
元ビーチバリヤー

【主な講演テーマ】

「夢をあきらめない!」
「バレー人生で学んだこと」
「ライフ・コンディショニング」
「夢を持てる子供の育て方」

【登録テーマ】
【出身地】 愛媛県

講師プロフィール

愛媛県松山市出身。1971年9月25日生まれ。京都府成安女子高(現・京都産業大学付属高等学校)卒業。
京都府成安女子高からバレーの名門・ユニチカに入部。
全日本に選出され、172cmとバレー選手としては小柄ながら、その卓越した身体能力で、スピードとパワーを兼ね備えた全日本のエースとして活躍。1995年ワールドカップで攻守の要として活躍し1996年アトランタ五輪に出場。1997年オフシーズンに取り組んできたビーチバレーに転向し、ダイキヒメッツに入団しプロ選手となった。
2000年シドニー五輪4位という成績を残し、一時引退。結婚、出産を経て、2002年にママさんプレーヤーとして復帰し、2008年北京五輪に出場するなど、女子ビーチバレー界の第一人者としてその道を切り開いてきた。
現在はインドア・ビーチを問わず、全国で教室を開くなどの普及活動、指導を中心とした活動を行っている。

講演テーマ

 【チャレンジ】

「夢をあきらめない!」
26年のバレー人生の中で、2つの競技で3度のオリンピックを体験し、トップを勝ち得た。
現役時代には語られることのなかった数々のエピソードを交え、夢を実現するために歩んできたバレーボール、ビーチバレーでの人生を語ります。アトランタ五輪の屈辱から、新たなチャレンジとしてビーチバレーへの転身エピソードは、夢を持ち続けながら困難を打開していくためのヒントと勇気を与えてくれます。


「バレー人生で学んだこと」
「勝つ楽しさをお教えしたい・・・、それが私の使命!」と言い切る佐伯美香が、自らのバレーボール、ビーチバレー人生を余すところなく語ります。一度引退をし、出産・育児、家族からの応援で勝ち取ったオリンピック出場までの大きな決断と葛藤。その苦労と楽しさ!その喜び!様々な困難を克服し、挑戦し続けることで見えてきたもの。トップを走り続けてきたアスリートならではの言葉と人生哲学は、全国各地で多くの共感をよんでいます。

【ライフスタイル】

「ライフ・コンディショニング」
インドアのバレーボール競技では、想像もつかない過酷な競技、ビーチバレー!トップを勝ち抜くには・・・。国内転戦はもちろんのこと、過酷なワールドツアー。プロアスリートとしての体験談をもとに、ライフコンディショニングに必要な要素、メソッドをお教えします。

「夢を持てる子供の育て方」
26年のバレー人生、3度のオリンピックを体験し、トップを勝ち得た。夢を実現するために歩んできたバレーボール、ビーチバレー人生、家庭と子育ての両立、そしてその労苦の中で得てきた夫婦共々の子育て、母としての強さと優しさの伝え方を語ります。近年、テレビでもお馴染みの「春高バレー」でのコーチングキャラバン!今では、高校生も含め、子供たちの未来への応援の仕方、怒り方、本来のコミュニケーションのあり方をお話します。

メディア情報

TV
TBS


「情熱大陸」等、他スポーツ番組多数出演。

著 書
『このフォームで上達!バレーボール「最先端」スタイル』(東邦出版)

経歴

1990年
バレーの名門ユニチカ(株)・バレー部へ入部
1995年
ワールドカップの活躍で一躍脚光を浴びる
1996年
Vリーグ優勝!エースとしてユニチカを15年ぶりの優勝に導く
MVP(殊勲)賞、ベスト6賞、レシーブ賞 受賞
アトランタ五輪出場(予選敗退)
1997年
ビーチバレーへ転向 ダイキ(株)入社。
2000年
シドニー五輪出場、4位入賞!
 シドニー後、引退・バレー教室開校
2001年
結婚 
2002年
長男出産
 現役復帰
2004年
アテネ五輪は出場を逃す
2008年
北京五輪出場(予選敗退)
2010年
愛媛大学非常勤講師
 東雲大学・短期大学バレー部監督

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー