ライオネス飛鳥(らいおねすあすか)

タレント
元女子プロレスラー

【主な講演テーマ】

「私のプロレス人生~2度の現役生活から~」
「夢を実現させる」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

中学在学中にビューティペアに憧れて女子プロレスラーを目指す。
S55、全日本女子プロレスの新人募集に応募し数百人の中から選ばれる。
同年5月デビュー、ジャガー横田を師に新人王、全日本Jr、全日本等若手時代のタイトルを奪取。
S58、長与千種と「クラッシュギャルズ」を結成しアイドルとしての絶頂期を迎える。
平成元年1度目の引退し、31才にして復帰、ヒールとして活躍し2度の女子プロレス大賞を受賞。
2000年に長与千種と再び「クラッシュ2000」を結成する。
2004年4月首の故障により引退する。

 

講演内容

 タレントで元女子プロレスラーのライオネス飛鳥氏は、1980年5月に全日本女子プロレスからデビューし、長与千種氏とのコンビ「クラッシュギャルズ」で一大ブームを巻き起こします。

 アイドル女子プロレスラーとして人気を博しますが、その実力も高く評価されており、1981年には全日本ジュニア王座、1982年には全日本シングル王座を獲得。1984年8月には、クラッシュギャルズとしてWWWA世界タッグ王座を獲得し、人気を不動のものとします。その人気はとどまるところを知らず、『炎の聖書』で歌手デビューも果たします。

 1989年春に現役を引退し、女子プロレス解説者として活躍する傍ら、タレントとしても活動を開始。1990年には『のぞみウィッチィズ』で映画デビューし、さらに日本自動車連盟(JAF)の国際A級ライセンスを取得して、カーレースにも出場するなど、多方面で活躍します。

 しかし、1994年10月には現役復帰し、ジャガー横田氏、バイソン木村氏と共に「雷神隊(ライディーン・アレイ)」を結成。1999年には、長与氏との2度に渡るシングルマッチを経て、2000年5月14日に「クラッシュ2000」としてクラッシュギャルズを再始動します。以前のような活躍を披露するも、首の故障などに見舞われ、2005年4月に再び引退し、現在は経営者、タレントとして活躍しています。

 飛鳥氏の講演は、現役復帰を経て、苦難の日々の末に2度目の引退を迎えた経験等を踏まえて、人生の壁の乗り越え方や、女子プロレスの頂点に立つまでの歩みを語り、講演を訪れた人に、辛さや困難を乗り越える力を与えてくれます。もちろん、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOKです。

タイトル

第2代全日本ジュニア王座
第2代全日本シングル王座
第35代、36代WWWA世界王座
第2代、4代TWF世界王座
第2代TWF世界タッグ王座
AAAW世界女子タッグ王座
WWWA世界タッグ王座
初代世界グローバル王座

 

メディア

TV

NHK
「クイズモンスター」
日本テレビ
「踊る!さんま御殿!!」
「週刊オリラジ経済白書」
TBS
「ドリームプレス社」
「2時っチャオ!」
フジテレビ
「ごきげんよう」
「クイズ!ヘキサゴン」
「めちゃ×2イケてるッ!」
「笑っていいとも!」
「ウチくる!?」
テレビ朝日
「いきなり!黄金伝説。」
テレビ東京
ガレッジVSキンコン「まとめてゴールデンやっちゃえよ!」SP
BS-i
「東京少女」
サムライTV
「S-ARENA」 
GAORA
「プロレス格闘キング」 レギュラー解説
群馬テレビ
「~明日も絶対~パチるん?」

 

映画

「のぞみウィッチズ」
「極道ステーキⅠ.Ⅱ.Ⅲ」

 

雑誌

「ロトナンバーズ「超」的中法」 (主婦の友社) 表紙

 

レコード

炎の聖書(バイブル)他 
シングル:8枚
LP:4枚
マキシマムS:2枚

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー