大沢逸美(おおさわいつみ)

・女優

【主な講演テーマ】

「母の介護に携わって」

【登録テーマ】
【出身地】 北海道

講師プロフィール

北海道札幌出身。
82年に第7回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、83年に芸能界デビュー。
女優としてテレビ、映画、舞台を中心に活躍する。
一方で、最愛だった母親が要介護認定を受け、11年にわたり壮絶な介護生活を経験する。
その介護生活を綴った「お母さん、ごめんね。」が2003年に出版される。
近年は、女優業と両立しながら母の介護と向き合ってきた体験をもとに、
介護に関する講演活動も積極的に行っている。

 

講演内容

 女優・大沢逸美氏は、1983年『ジェームス・ディーンみたいな女の子』として、アイドル歌手としてデビュー。長身でボーイッシュなヘアスタイルがセールスポイントで、それまでにないタイプのアイドル登場として大いに注目されました。

 その後、女優として順調に活動を続けていましたが、母親の介護に携わりながら芸能活動をすることになり、母親が他界するまでの11年にも及ぶ体験を綴った手記を2003年に出版。介護体験に関するテレビ出演・講演も行っています。また、フォーラム、セミナー、トークショーの開催もOK!

 母親は突然体が動かなくなったわけではなく、徐々に動かせなくなっていき、最終的に生きるためのすべてが大沢氏の手に委ねられたときが、一番辛かったと。

 しかし「共倒れになるから絶対に倒れられない。誰も私の面倒をみてくれない」という思いで自分を奮い立たせ、泊りがけの仕事も入れず、なるべく自宅のある都内での仕事を選んでいたという大沢氏。

 介護において、ヘルパーとのコミュニケーションが重要になりますが、お互い人間であるため相性が合わないことがあるのは当たり前。しかし、心を許しあえるヘルパーさんに巡りあえるまで諦めないでほしいと。

 介護に従事する人は「頑張り過ぎない介護」を心掛けるようにという大沢氏。頑張るのは当たり前だが、頑張りすぎると介護されている側に、その辛さが伝わってしまう。介護システムは常に進化しているため、新しく良いシステムをどんどん取り入れ、張り過ぎない介護を目指してほしいと、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人を励ましてくれます。

講演テーマ

「母の介護に携わって~今後の福祉に望むこと~」

25歳の時に父を亡くし、女優として仕事も順調な時期に、最愛だった母親の要介護認定を受け、それを機に病弱な母の介護を優先するために母と暮らすことを選びました。

その最愛の母を2002年に亡くし、その母を看取るまでの11年にも及ぶ体験を綴った手記を翌年出版、現在は、女優としての活動の幅を更に広げ映画、テレビ、舞台で活躍する傍ら、母親との壮絶な介護体験に関するテレビ出演・講演活動も行っています。

 

活動実績

ドラマ

NHK
「きみの知らないところで世界は動く」
NTV
火曜サスペンス劇場「悪魔はささやく」
水曜ドラマ「14才の母」
「恋のから騒ぎドラマスペシャル」
TBS
「水戸黄門」
「新・江戸を斬る」
「翔んでる平賀源内」
愛の劇場「明日さがし」
ドラマ30「スウとのんのん」
「浅草ふくまる旅館」(第2話ゲスト)
「MR.BRAIN」(5・6話ゲスト)
フジテレビ
「ヤヌスの鏡」
「約束の夏」主演
金曜エンタテイメント「京都女優シリ-ズ3」
テレビ朝日
土曜ワイド劇場「牟田刑事官」
「検事・朝日奈耀子4」
「京都迷宮案内」
「子連れ狼2」
「特命係長 只野仁スペシャル06」
「仮面ライダーW」
テレビ東京
水曜ミステリー9「黄金の犬」
「税関検査官・今井陽子」
「京都離婚旅行殺人事件」
「女と愛とミステリー・黄金の犬」
「女と愛とミステリー・税関検査官 今井陽子」
「女と愛とミステリー・京都離婚旅行殺人事件」
2003年新春ワイド時代劇「忠臣蔵」
「秘書のカガミ」
東海テレビ
「麗しき鬼」2007年4月クール昼帯ドラマ
毎日放送
「古代少女ドグちゃん」

 

バラエティ他

NHK
「ふるさと一番」
「介護百人一首」
NTV
「おもいっきりテレビ」
「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」
「日本史サスペンス劇場」
「世界まる見え!テレビ特捜部」
「おもいっきりPON!」
「うたばん」
「中居正広の金曜日のスマたちへ」
「魔女たちの22時」
TBS
「中居正広の金曜日のスマたちへ」
「明日使える心理学!テッパンノート」
テレビ東京
「いい旅夢気分」
「土曜スペシャル」
「田舎に泊まろう」
「朝は楽しく!」
関西テレビ
「いつでも笑みを」
「トミーズのはらぺこキッチン極」
静岡放送
「大沢逸美が行くマレーシア三都物語」
「静岡発!そこ知り」
愛媛朝日テレビ
「大沢逸美ののんび~りサタデー」

 

映画

「極道の妻たち~赫い絆」
「セラフィムの夜」(高橋伴明監督)主演
「羊たちの哀しみ」(若松孝二監督)
「ブタがいた教室」(妻夫木聡主演・前田哲監督)

舞台

赤坂コルドンブルーにてレビューショー
鎌倉芸術館「ミュージカル湘南物語」
名鉄ホール「女やさかい」藤山直美特別公演
御園座「半七捕物帳」
アートスフィア「アリババ千一夜」
名鉄ホール「夢見る、おんなたち」紺野美沙子特別公演
池畑慎之介「グッバイチャーリー」
明治座「雪の丞変化」松井誠初座長公演
ミュージカル「アルプスの少女ハイジ」

 

受賞

第14回日本歌謡大賞新人賞
第25回日本レコード大賞新人賞
第25回レコード大賞新人賞

 

著書

お母さん、ごめんね。

大沢 逸美 (著)

最愛の母を亡くした女優・大沢逸美が綴る、家族の愛と介護の地獄!

▼amazon
www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776200406/ref=nosim/speakers/

単行本: 254ページ
出版社: アスキーコミュニケーションズ
発売日: 2003/02
商品の寸法: 19 x 13.6 x 2 cm

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー