奥田瑛二(おくだえいじ)

俳優/映画監督

【主な講演テーマ】

映画・家族・俳優についてのトークショー

【登録テーマ】
【出身地】 愛知県春日井市

講師プロフィール

生年月日 1950年3月18日
出身地 愛知県春日井市
サイズ T 175cm W 60kg
血液型 AB型

俳優・故 天知茂に師事。1979年にっかつ『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)主役に抜擢され、頭角を表わす。
1986年「海と毒薬」(熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞。
1994年「棒の哀しみ」(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞する。
2001年、映画『少女』を初監督。監督第3作の「長い散歩」は第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠受賞。また2009年同映画祭審査員を務める。
現在、監督映画最新作「今日子と修一の場合」の公開を控えている。

 

奥田瑛二氏 の講演テーマ

 映画・家族・俳優についてのトークショー

 

講演内容

 俳優、映画監督の奥田瑛二氏は、高校の先輩でもある俳優の故天知茂氏に師事し、1976年、日本テレビ系特撮ドラマ『円盤戦争バンキッド』の主人公・天馬昇役でデビューします。

 1979年、日活の『もっとしなやかに、もっとしたたかに』での演技を評価され、その後、TBS系ドラマ『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』(1985年)や、同『男女7人夏物語』(1986年)、同『金曜日には花を買って』(1986年)などに出演し、“ちょいワル”な男の色気を遺憾なく発揮。多くの若い女性に支持される人気俳優となります。

 また、2001年に『少女〜AN ADOLESCENT』で念願の監督デビューを果たし、3作目の『長い散歩』は、モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞します。

 夫人はエッセイストの安藤和津氏、長女の安藤モモ子氏は映画監督、二女の安藤サクラは女優として活躍しています。奥田氏は、安藤氏の絵本制作に関わったり、モモ子氏、サクラ氏は、奥田氏の映画にスタッフ、キャストとして参加したりと、芸術家ファミリーとしても知られています。

 そんな奥田氏の講演は、人生、家族、芸能などを主な内容とし、映画・家族・俳優についてのトークショーを披露してくれます。

 映画を通して、社会への欺瞞や不条理さに対する憤りをぶつけると同時に、男のロマンチシズムを表現しているという奥田氏。トークショーを訪れた人は、心の裏表や深層に踏み込んだ作品に触れ、人生や家族のあり方を知るのです。

映画/舞台

<映画>
1979 「もっとしなやかに もっとしたたかに」主演(藤田敏八監督) 「もう頬づえはつかない」主演(東陽一監督)
1980 「五番町夕霧楼」主演(山根成之監督)
1981 「アッシーたちの街」(山本薩夫監督)
1982 「人形嫌い」(日高武治監督) 「人生劇場」(深作欣二・佐藤純也・中島貞夫監督) 「汚れた英雄」(角川春樹監督)
1983 「海に降る雪」(中田新一監督)
1985 「白い野望」(出目昌伸監督) 「ベッドタイムアイズ」(神代辰巳監督) 「海と毒薬」主演(熊井啓監督)
1989 「本覚坊遺文・千利休」主演(熊井啓監督)
1990 「式部物語」主演(熊井啓監督)
1991 「 ザ・ピアニスト」主演(クロード・ガニオン監督)
1992 「ひかりごけ」(熊井啓監督) 「ありふれた愛に関する調査」企画主演(榎戸耕治監督)
1993 「極道記者」主演(望月六郎監督) 「眠らない街新宿鮫」(滝田洋二郎監督)
1994 「棒の哀しみ」主演(神代辰巳監督) 「極道記者2」主演(望月六郎監督) 「深い河」主演(熊井啓監督)
1995 「ありがとう」主演(小田切成明監督)
1996 「新・極道記者」主演(望月六郎監督) 「Cute」(下山天監督)
1997 「恋極道」主演(望月六郎監督) 「現代任侠伝」主演(降旗康男監督) 「身も心も」主演(荒井晴彦監督 第一回監督作品)
1998 「プライド~運命の瞬間~」(伊藤俊也監督) 「蓮如物語」(五木寛之原作)
1999 「皆月」主演(望月六郎監督・花村萬月原作)
2001 「少女」 (初監督・企画・主演 「親分はイエス様」(斎藤耕一監督)
2001 「海は見ていた」(熊井啓監督)
2002 「でらしね」主演(中原俊監督)
2004 「すてごろ」(光石富士朗監督) 「ブラックキス」(手塚 眞監督)
2005 「濡れた赫い糸」(望月六郎監督) 「男たちの大和」(佐藤純彌監督)
2007 「ヒョンジェ」主演(井上泰治監督)
2009 「GOEMON」豊臣秀吉役出演(紀里谷和明監督) 「ちゃんと伝える」(園子温監督)
2010 「ロストクライムー閃光ー」(伊藤俊也監督)
2011 「ロストパラダイス・イン・トーキョー」(白石和彌監督)
2012 「汚れた心」(ヴィセンチ・アモリン監督) 「るろうに剣心」(大友啓史監督) 「ミロクローゼ」(石橋義正監督) 「つやのよる」(行定勲監督)

<舞台>
「四谷怪談『十六夜の月』」新宿梁山泊
「夏の庭」パルコ劇場
「ラヴ・レターズ」パルコ劇場
「ありがとう」MIKI EXELAND 2003
「エリザベス・レックス」 シアタ-101テアトル銀座
愛知芸術文化センター開館15周年記念 オペラ・ガラ・コンサート ナビゲーター出演
「兵士の物語」東京文化会館
「幽霊たち」パルコ劇場
「サロメ」新国立劇場

テレビ

NHK
銀河テレビ小説「愛・信じたく候」 「宵町草」 「憤激の恋」
ドラマ人間模様「楽園の日々」/ 水曜ドラマ「宮本武蔵」 本井田又八役
大河ドラマ「独眼流政宗」石田三成役 / 大河ドラマ「花の乱」一休宗純役
創作ドラマ「はーとぶれいくなんて、へっちゃら」主演 ドラマスペシャル「ホンコン・ドリーム」主演
BSドキュメント「ヨーロッパ美術の偉大な遺産」ナレーション
土曜ドラマ「ビジネスマン空手道」主演 / 連続テレビ小説「ひまわり」
ドラマ愛の詩「オグリの子」主演 BSドラマ高村薫シリーズ「地を這う虫」全3話 主演
ハイビジョンドラマ「オランダおいね」
大河ドラマ(2001年度)「北条時宗」日蓮役
金曜時代劇「五辧の椿」
テレビ放送50年記念ドラマ 「川いつか海へ-6つの愛の物語-」
金曜時代劇「慶次郎縁側日記Ⅰ・Ⅱ」H16・17・18年レギュラー出演
NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」 NHKドラマスペシャル『白洲次郎』(2009)
土曜ドラマ「チェイス 国税査察官」
「テンペスト」
*2013年大河ドラマ「八重の桜」佐久間象山役

NTV
火曜サスペンス劇場「死ぬ前にすべき2,3の事柄」企画主演
「さらわれたい女」主演
「逃げたい女」主演
水曜グランドロマン「死刑囚からの恋唄」主演
土曜グランド劇場「俺の息子は元気印」主演
木曜ゴールデン劇場「遠めがねの女」 「かくれんぼ」 「おれは裸だ」 「宵町草殺人事件」
NTV開局40周年記念ドキュメントレポート 「不思議な秘境! 幻の動物王国DMZ大横断」
NTV開局40周年記念スペシャルドラマ 「ゴールデンボーイズ・1960笑売人ブルース」 「グラナダの赤い絵具」ドキュメンタリー

TBS
日曜劇場 「冬の歌声」主演
月曜ドラマスペシャル「さそりー究極のセールスマン」主演 「ヒマラヤの赤い自転車」主演 「ご接待」主演 「マイホーム亭主の反乱」主演 「サクラサク」主演
水曜ドラマスペシャル「泣き女」主演 「雷獣」主演
「金曜日の妻たちへ パートⅢ」 「金曜日には花を買って」 「男女7人夏物語」
ドラマ23 「プロポーズは週末に」主演 「海岸通りー昔みたいに」主演
情報スペースJ 「奥田瑛二チベット紀行」レポート
ドキュメンタリー 「銀河鉄道夜の旅」
「道浪漫」ポーランドドキュメント  「道浪漫」アルゼンチンドキュメント  「道浪漫」トルコ神秘のカッパドキア
山田太一ドラマスペシャル「 旅の途中で」
土曜ワイド劇帳「遺品の声を聴く男」1.2.3

CX
ザ・ドラマチックナイト「離婚しない女」 「となりの女」主演 「私の叔父さん」主演 「激烈!女子アナ就職最前線」ナレーション 「片岡鶴太郎、40才からの画家人生」友情出演 「拝啓!父上様」 「サプライズ」ストーリーテーラー 「怪談百物語・ 狼男」 開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」 「魔術はささやく」

ANB
火曜スーパーワイド「松風の家」主演 「くどき屋ジョー」主演 ドキュメンタリー 「ハリウッドを駆けた怪優・異端の人上山草人」
報道番組「21世紀への伝言」ナレーション 「素敵な宇宙船地球号」ナレーション 「永遠の恋物語 ロダンとカミーユ・クローデル」 「戦艦ヤマト・ドキュメント」ナレーション
テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル『警官の血』 前編・後編出演
ANB/HAB 北陸朝日放送開局10周年特番 「美食の都加賀百万国 味・技・心」

テレビ東京
ドラマスペシャル 「ここ過ぎて」
俳優座50周年記念ドラマ3時間スペシャル 「荒木又衛門」
山田太一ドラマスペシャル「奈良へ行くまで」主演
女と男愛のミステリ-劇場「北の走査線・小樽港署」主演
開局35周年記念企画 「永遠のアトム~手塚治虫物語」主演
BSジャパン 開局4周年記念特別番組「ヴァザーリの回廊」旅人
宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京

WOWOW
ドラマW「ビート」(奥田瑛二 監督・主演)

監督作品 /受賞

<監督作品>
2001 「少女 ~an andolescent」」(奥田瑛二・小沢まゆ主演) 第一作
ヴェネチア映画祭他数多くの映画祭から招待を受け、第16回AFI 映画祭インターナショナル・フューチャー・フィルム部門グランプリ受賞
第17回パリ映画祭グランプリ、最優秀主演女優賞受賞、第7回ロシア映画祭“Face of love”最優秀主演女優賞受賞、
第42回テサロニキ国際映画祭 最優秀主演女優賞受賞、第5回バニューダ国際映画祭審査員特別賞受賞、
第58回ヴェネチア国際映画祭「国際批評家週間」正式出品作品、モントリオール国際映画祭「ニュー・シネマ・トゥモロー」正式出品作品
2004 「るにん」(松坂慶子主演) 第二作
第7回メッソドフェスト映画祭最優秀作品賞受賞
2006 「長い散歩」(緒形拳主演) 第三作
第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠受賞
2007 「風の外側」(安藤サクラ主演) 第四作
2013 奥田監督映画「今日子と修一の場合」(安藤サクラ・柄本佑主演)10月5日〜全国劇場公開

<受賞>
1985 第41回毎日映画コンクール男優主演賞受賞(「海と毒薬」) 1989 ベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞(「本覚坊遺文・千利休」) 1990 日本アカデミー主演男優賞(「本覚坊遺文・千利休」) モントリオール映画祭準グランプリ受賞(「式部物語」)
1994 第16回ヨコハマ映画祭 主演男優賞(「棒の哀しみ」) 第49回毎日映画コンクール 主演男優賞(「棒の哀しみ」) キネマ旬報映画賞 主演男優賞(「棒の哀しみ」) 第9回高崎映画祭 主演男優賞(「棒の哀しみ」) 第37回ブルーリボン賞 主演男優賞(「棒の哀しみ」) 日本映画批評家大賞 主演男優賞 (「棒の哀しみ」) 東京スポーツ映画大賞 主演男優賞(「棒の哀しみ」)
1995 第21回おおさか映画祭 主演男優賞(「棒の哀しみ」)

その他

<CM>
サントリー「伊右衛門/秋の茶会編」 サントリー「伊右衛門/焙じ茶」「円窓紅葉 もみじ窓編」
NTTドコモ「らくらくホンIV/The Smart編」
ネスレ日本「ネスカフェ・ゴールドブレンド/いいたいこといいたい編」緒形拳氏と共演
呉羽化学「NEWクレラップ」
サントリー「サントリーリザーブ」沢田研二氏と共演
マツダ「ペルソナ」
富士写真フィルム「ズーム カルディア」
ハウス食品「豆腐名菜」
日産自動車「セフィーロ」
江崎グリコ「サワーコロン」

<声優>
スターウォーズ 帝国の逆襲(ルーク・スカイウォーカー役)

<その他>
セガ 「龍が如く5/夢、叶えし者」(府警の刑事)

<出版物/イベントプロデュース>
「おさびし山のさくらの木」「月うさぎ」 あすなろ書房 絵本
「ブラヴィー・オペラ座の女たち」求龍堂
「さくらうさぎ」三起商行(ミキハウス) 絵本
「茶室道具組」茶美絵
青山スパイラルガーデン「世紀末の悦楽」イベントベントプロデュース
京都大覚寺 「日本と遊ぼう」演出 他

主な絵画個展

96年3月 都内にて絵画個展開催。以降、各地にて開催
99年11月 フォーシーズンホテルにて
01年6月 銀座三越にて
04年6月 葉山文化塾にて
06年1月 京王プラザホテルにて
奥田瑛二VS安藤モモ子作品展『バトンタッチなんかするものか』 ギャラリートラックス

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー