野村太一郎(のむらたいちろう)

狂言師

【主な講演テーマ】

「狂言師の生き様」
「狂言?」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

経歴

1990年
300余年の歴史を持つ加賀前田藩お抱えの狂言方、野村万蔵家として、東京に生まれる。
父は故八世野村万蔵(五世野村万之丞)、祖父は初世野村萬(人間国宝、日本芸術院会員、日本芸能実演家団体協議会会長)。

1993年
第4回槌の会 「靭猿」で初舞台。

1995年
万蔵家継承記念会 「伊呂波」で初シテ。
南フランス、トゥルーズ ギャロンヌ劇場で万蔵家狂言公演で「靭猿」と小舞などで参加。

1999年
第4回新生の会 父万之丞演出「白雪姫」の鏡の精を演じる。

2002年
NHK大河ドラマ「利家とまつ」に利家長男又若丸役で出演。

2005年
九世万蔵襲名披露会 シテ方観世流宗家 観世清和師の「翁」で三番叟を披く。

2007年
萬狂言 冬公演にて奈須与市語を披く。

2012年4月
日本橋高島屋でいけばな小原流家元「小原宏貴展」レセプションパーティーにて祝舞を披露する。10月にはTBSテレビ「もてもてナインティナイン 御曹司SP」に出演。

2013年2月
9月、NHKFMラジオで歌舞伎俳優、中村壱太郎氏がDJの「邦楽ジョッキー」に出演。そして11月、いよいよ狂言方として一人前になる最後の関門、大曲「釣狐」を披く。

2014年4月
桜美林大学 非常勤講師を勤める。

2014年5月
キラエンタテインメントカレッジにて狂言謡講師を勤める。

公益社団法人 能楽協会会員。

 

野村太一郎氏の講演テーマ

「狂言師の生き様」

狂言師の修行は「猿に始まり狐に終わる」といわれます。
これは3歳くらいの時に「靭猿」という演目の小猿の役で初舞台を踏み、
「釣狐」という演目の狐の役を勤める事で、一人前の狂言師として歩み出すということです。

この修行期間には、狂言の稽古はもちろんのこと、人間形成をしていく上で、
目に見えないとても大事なことを学んでいくと私は思います。

その修行は、当時の自分にとって、とてもつらく感じましたが、
いまでは社会人としての言葉遣いや気配り、人付き合いなど、
大人社会にでないとわからないようなことを、幼少の頃から叩きこまれることで、
はやくに会得できたと思います。

まだまだ若輩者ですが、自分の修行過程での経験をお話し、何故そのような経験を乗り越えられたか、
また狂言の修行と社会で生き抜くためのスキルがどのように一致しているか。

様々な悩みをかかえている方々に伝えていきたいと思います。

 

「狂言?」

狂言は約650年前、室町時代から続いている古典芸能の一つです。
狂言は基本的には喜劇性の強い演劇ですが、その中には、「謡」「語」「舞」などの要素も含まれています。
その狂言が650年もの間、何故続いてこれたのかということに着目し、実演、
演目解説、より深く古典芸能に理解ができるためのレクチャーなどをし、
古典芸能に触れる機会を作りたいと思っております。

 

 

▼ココがオススメ!

 狂言師・野村太一郎氏は、父に五世・野村万之丞氏(没後八世・野村万蔵追贈)、祖父に初世・野村萬氏(人間国宝)を持つ名門に生まれ育ちます。  父・万之丞氏に師事するも、太一郎氏が14歳のとき、万之丞氏が他界。しかし、これがきっかけとなり、それまで以上に狂言の修業に没頭します。  2013年には、習い物の最終曲、修業の最終目的とされる演目であり『釣狐』を披(ひら)いて、匠であり祖父・萬氏のもとをはなれて、自身による修業を開始。次代を担う若手狂言師の一人として大いに注目されています。 そんな太一郎氏に寄せられる講演依頼は、人生、ビジネス、芸能などの内容に及び、「狂言師の生き様」「狂言?」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、伝統文化、歴史を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  日常生活に起きる身近な笑いのネタを中心に、微笑ましく、心温まり、クスクスと、そしてにっこり微笑む笑いの至芸であるからこそ、650年にわたって受け継がれてきているという太一郎氏。  講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、決して格式ばっていない上品な笑いの魅力に触れ、狂言をはじめ、能、歌舞伎、文楽などの伝統芸能を知るきっかけを得るのです。

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー