夏野剛(なつのたけし)

慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授

【主な講演テーマ】

「ITで変貌する社会と日本企業の未来」

「IT革命の本質と新リーダーシップ論 ~時代の変化に対応できる企業へ」

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

夏野剛 講演会講師インタビュー1965年生まれ。神奈川県出身。
1988年早稲田大学卒業、東京ガス入社。
95年ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートンスクール)卒。
ベンチャー企業副社長を経て、97年NTTドコモへ入社。
99年に「iモード」、その後「おオサイフケータイ」など多くのサービスを立ち上げた。
2005年執行役員、08年にドコモ退社。
現在は慶應義塾大学政策メディア研究科特別招聘教授のほか、
ドワンゴ、セガサミーホールディングス、ぴあ、トランスコスモス、グリーなど
複数の取締役を兼任。
World Economic Forum “Global Agenda Council on Social Media”メンバー、World Wide Web Consortium (略称:W3C) Advisory Board メンバー。
特別招聘教授を務める慶應大学政策メディア研究科では「ネットワーク産業論」をテーマに講義する。
2001年ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選ばれる。

 

▼ココがオススメ!

かつてNTTドコモに一兆円を超える収益をもたらし、取締役を務めるドワンゴではニコニコ動画の黒字化を達成するなど、ITビジネス界の第一人者としてグローバルに活躍される夏野氏。
その豊富な実績に裏付けられた講演では、クラウドサービスやスマートフォンの普及など急速に進歩を続けるIT社会を生き抜く方法論やリーダーシップ論を、分かりやすく、刺激的に解説して頂けます。
企業・大学の皆様向けに、最新のITトレンドや、ビジネス、経営に関する講演会、トークショー、セミナー、フォーラムをSpeakersがサポートします。

 

講演内容

 現在、慶應義塾大学で特別招聘教授と活躍している夏野剛氏は、NTTドコモに勤務している時代に、現在、我々が利用している携帯電話のiモードサービスの基礎を築き上げたひとりとして知られています。

 しかし、日本の企業における商品開発は、最新技術の積み上げや組み合わせにばかり固執しているため、最新ではない技術でも、まずはユーザーを感動させたいというアメリカの通信会社のようなダイナミズムを感じられなかったという夏野氏。

 「利用者にすばらしいサービスを提供し、楽しくわくわくさせたい」という思いが、日本に比較して、アメリカの企業のほうが圧倒的に強いと感じていた夏野氏は、日本でしか通用しないようなサービスにばかり陥りがちな日本の企業の問題点を熟知。

 そして、ドワンゴの動画共有サービス「ニコニコ動画」は世界でも通用すると認識し、同事業の収益向上をはじめ、一般化、国際展開を追求。さらに、同社をはじめ、セガサミーホールディングスや、トランス・コスモス、NTTレゾナント、ぴあなど多くの企業の社外取締役としても活躍しています。

 そんな夏野氏の講演は、ビジネス、経営論、組織論、リーダーシップ、ビジネス研修などの内容に及び、「ITで変貌する社会と日本企業の未来」などのテーマを話してくれます。また、トークショー形式のイベント、セミナーでの講義、フォーラムでの討論もOK!

 講演では、スマートフォンをはじめ携帯電話やネットの進化の可能性を語り、ここ15年間の世の中の変化は、ネットがもたらした「人類の進化」としている夏野氏。ネットショッピングをはじめとする業態の変化や、ネットにおいてやりとりされる情報の爆発的な量、ブログ、ツイッター、SNSなどをはじめ、これまでにない個人の情報発信能力の向上などについて、分かりやすく語り、講演をはじめ、セミナー、トークショー、フォーラムを訪れた人に多くの気付きを与えてくれます。

メディア

TV

NHK
「ITホワイトボックス」
CX
「情報プレゼンター とくダネ!」
  2010年4月~月曜コメンテーター
NTV
「ズームイン!!SUPER」
 2010年10月~金曜コメンテーター
「バンキシャ」
BSフジ
「ソーシャルTV THEコンパス」
  2012年4月~オピニオンアナリスト
テレビ東京
「未来世紀 ジパング」(不定期)

 

著書

『なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」』(2012年9月、PHPビジネス新書)
『iPhone vs. アンドロイド 日本の最後の勝機を見逃すな!』(2011年3月、アスキー新書)
『夏野流 脱ガラパゴスの思考法』(2010年6月、ソフトバンククリエイティブ)
『1兆円を稼いだ男の仕事術』(2009年7月、講談社)
『グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業』(2009年7月、幻冬舎新書)
『ケータイの未来』(2006年11月、ダイヤモンド)
『ア・ラ・iモード iモード流ネット生態系戦略』(2002年7月、日経BP)
『iモード・ストラテジー 世界はなぜ追いつけないか』(2000年12月、日経BP)

 

『グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業』(2009年7月、幻冬舎新書)

IT業界の第一人者として、講演でもクラウドやスマホといった最新ITトレンドを踏まえ、ウェブビジネスを行う企業にとって有益な提言を行う夏野氏。とりわけ、ポリシーもなく、ネットにも無知で、旧態依然とした日本のリーダーの在り方を本書で厳しく批判しています。

グーグルによって検索技術が発達し、情報が簡単に入手できるようになったことで誰でも簡単にウェブビジネスを始められるようになったものの、ネットビジネスの本質を理解していない企業は失敗していきます。世界有数のネットワークインフラを持ち、高機能なケータイ端末を使いこなす日本人が、ITビジネスの世界ではいかに後れをとっているか。旧来型日本企業の問題点やリーダーの在り方について、様々な企業の具体例を元に提言してゆく一冊です。

【日本のウェブビジネスはなぜ儲からないのか】
単なるツールにすぎないインターネットに過度の幻想を抱き、自社の適性も考慮せず安易な発想でウェブビジネスを始める企業が失敗⇒身の丈を知り、できることを当たり前に行うことが重要。供給者主義に陥るのではなく、リアルビジネスと同様に顧客視点を追求すること。日本ではリーダーのネットへの無理解や、既存のビジネス体系にしがみつく一部の人の業務を死守するためにネットをフル活用できていない企業が多い。

【ウェブビジネスを成功させる鉄則】
先行逃切型か後方追抜型の寡占状態になり易い。スピードが要求される中で走り続けるには、知識・経験と併せて本当に興味があるかが鍵。加えて適切なプライシングとユーザーマネジメントが必要(“炎上”のように企業側の態度をユーザーは大目に見てくれない)。

【ウェブビジネスの未来】
ウェブマーケティングは手間がかかるが正確な解析データを得られる⇒広告はより個人向けにカスタマイズされ、電子マネーによりビジネスは加速されていく。海外に比べ、特に日本のTV局や新聞社はデジタルコンテンツのポテンシャルを活かせていない。

【旧来型日本企業への提言】
ウェブは正しく使えば強力な武器になる。経営者は確固たるポリシーを持ち、リーダーに全権限と責任を与えること。情報量が多いため各論は随所で起こるが、総論として見る経営者の不在が問題(インフラが整い、ポテンシャルが高いにもかかわらず活かせない)。「先進的なIT技術に目を奪われて、海外の企業を真似たり、憧れたりするのは意味がない。自分たちのポテンシャルをもっと活かした先に、日本が持つ真の競争力が現れるのだ」。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー