中井宏次(なかいこうじ)

NPO法人健康笑い塾 主宰

【主な講演テーマ】

「笑いと健康 ~人生は楽しく・美しく~」
「笑いと経営 ~凄いからおもしろいへ~」
「笑いと教育~学校は楽しく 授業はおもしろく~」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

2007年「医笑同源:笑い(ユーモア)でこころ豊かな歓びのある生活を!」テーマに「NPO法人健康笑い塾」を設立し、全国の皆様に、生活における笑い(ユーモア)の重要性を啓蒙し、「笑いとしあわせ」をお届けする笑配人として活動している。
      
また、33年間の会社経験を活かし、「笑いと経営」、「職場のメンタルヘルスとユーモア」、「ユーモア人財育成法」等の研究にも取り組み、経営・人財育成コンサルタントとして活躍している。大学では、非常勤講師として、「笑いと健康」、「医療コミュニケーション」の講座を担当し、教職としても「笑いと教育」をベースに、これからの人財育成・予防笑学に情熱を注いでいる。
また、「薬家きく臓」の芸名で落語も嗜んでいる。

※お笑いではなく 笑い(ユーモア)です。治療ではなく 予防です。

【座右の銘】 仕事は楽しく 人生はおもしろく   

【免許・資格】薬剤師・日本笑い学会理事・日本産業ストレス学会評理事

 

講演テーマ

<健康>
医笑同源:病気を治すのも食事をするのも、笑うのも生命を養い健康を保つ為で、その本質は同じである。     今回、笑いが如何に生命を養い健康を保つ為に重要であるのかを理解して頂き、笑いの効用(健康力・人間関係力・創造力)を中心に、ユーモアを楽しみ・創り・話す事の楽しさを実感して頂きます。笑い(ユーモア)でこころ豊かな歓びのある生活を実現し、健康長寿社会をご一緒に築きたく思っております。これからの「予防笑学講座」として、健康長寿に貢献し、医療費削減の一端を担います。治療医学から予防笑学へ

「笑いと健康 ~人生は楽しく・美しく~」
「笑いは健康長寿の常備薬」
「認知症予防と笑いの効用」
「医笑同源:笑う門には健康来る」
「百笑千福:こころの笑方箋~笑って免疫力アップ~」

 

<経営>
これからの経営課題に ① 社員のメンタルヘルスの改善 ② 職場の活性化 ③ 新しい発想 ④ 挑戦する社員 ⑤ 定年後活き活き生きる の5項目がある。これら5項目を達成してくれるのが、柔軟な発想をするユーモア人財である。混沌とした時代に「笑っている場合か!」とお叱りを受けるかもしれないが、今回、敢えて、「これからの経営には、笑い(ユーモア)が必要である」を提唱させて頂くことによって、必ず、経営者の方々のご期待に沿えると確信しております。 凄いからおもしろいへ

「笑いと経営 ~凄いからおもしろいへ~」

「笑いの経営的効果 ~ユーモア人財は会社を変革する~」
「顧客満足の発想法~ユーモアによる右脳の活性化~」
「こころの笑方箋~職場のメンタルヘルスとユーモア~」
「管理職のユーモア学(笑学)入門」

 

<教育>
子どもの脳の発達に一番大切なのは、お父さんお母さんの笑顔と先生方の子どもへの期待するこころである。それが、「家庭は楽しく・学校はおもしろく」の原点である。その為には、笑い(ユーモア)が如何に大切かを実感して頂きます。家庭・学校に、笑い(ユーモア)があると、子どもたちの脳が活性化し、創造力を発揮し、授業の理解度が深まり、授業効果も上がる。これを「わくわく授業」という。この「わくわく授業」が、健康で楽しくこころ豊かな学校・家庭生活を実現できるのである。お笑いから笑い(ユーモア)へ

「笑いと教育~学校は楽しく 授業はおもしろく~」
「教育とユーモア~笑育でこころ豊かな人生を~」
「家庭教育とユーモア~お母さん笑っていますか~」

 

<その他>
「笑いとしあわせ ~仕事は楽しく 人生はおもしろく~」
「顔が笑う こころが笑う 脳が笑う」
「こころの笑方箋:人財育成とユーモア」

 

著書

「笑いとしあわせ~こころ豊かに生きるための笑方箋~」 春陽堂書店
「顔が笑う こころが笑う 脳が笑う」 春陽堂書店
「笑いと経営~凄いからおもしろいへ~」 明治大学リバティアカデミー
「笑いと社会現象」 ぎょうせい 

<別刷>
「笑いとメンタルヘルス」 日本産業ストレス学会
 産業ストレス研究 21巻 第2号 147-152(2014年4月)

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー