永田克彦(ながたかつひこ)

レスリング
五輪メダリスト

【主な講演テーマ】

“挑戦し続ける”その強さ、そのポジティブマインドを持ち続ける秘訣
レスリング、格闘技を通じて学んだ「困難があってもくじけず乗り越える強さ」
セカンドキャリア『格闘技ジム』立ち上げで学んだコミュニケーション術

【登録テーマ】
【出身地】 千葉県

講師プロフィール

小学5年の時、テレビでロス五輪を見て衝撃を受け、レスリングを志すが、近くにクラブがないため中学まで野球を続ける。高校入学後にレスリングを始めるも、全国大会への出場は叶わず。高校時代は全くの無名選手であったが、より強くなりたいとの思いで当時大学ナンバーワンであった日本体育大学に進学。その後持ち前の『努力』を発揮し、大学3年生の時に、全日本学生選手権優勝、学生日本一となる。卒業後もレスリングを続けるために警視庁に就職。24歳の時に全日本選手権初優勝(以後6連覇)2000年夢であったシドニー五輪に出場を果たし、銀メダルを獲得する。より活動の幅を広げていきたいとの意向で、警視庁を退職、新日本プロレスに入社。2004年、2大会連続となるアテネ五輪に出場するも階級アップ(74kg級)の影響もあり、予選リーグで敗退。プロ総合格闘家へ転向。大晦日K-1ダイナマイトでデビュー戦を見事勝利。2010年には新日本プロレスを退社し、調布市仙川に格闘スポーツジム・レッスルウィンをオープン。経営者および、指導者しての活動を始め、2014年にキッズレスリングで、念願であった初の全国大会優勝者を輩出。現在は、3人の子供の子育てにも奮闘中。先日、2015年4月に創部される、日本ウェルネススポーツ大学レスリング部の初代監督に就任し、今後2020年のオリンピックに向け選手の発掘、育成にも本格的に取り組んでいく。

 

1411361196_27    1411361196_25

 

 

講演テーマ

“挑戦し続ける”その強さ、そのポジティブマインドを持ち続ける秘訣
レスリング、格闘技を通じて学んだ「困難があってもくじけず乗り越える強さ」
セカンドキャリア『格闘技ジム』立ち上げで学んだコミュニケーション術

1411361196_26

 

メディア情報

著 書
『中高年のためのカンタン自宅トレ お腹引き締め編 [Kindle版]』(ゴマブックス株式会社)
『中高年のためのカンタン自宅トレ 満喫!スポーツの秋編 [Kindle版]』(ゴマブックス株式会社)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー