武者陵司(むしゃりょうじ)

・株式会社武者リサーチ代表

【主な講演テーマ】

「今後の経済展望」「これからのグローバル投資環境」
「デフレ脱却で開ける日本の投資チャンス」

【登録テーマ】
【出身地】 長野県

講師プロフィール

株式会社武者リサーチ代表。
ドイツ証券アドバイザー・埼玉大学大学院客員教授・熊本学園大学招聘教授。

1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。
1988年~1993年ニューヨーク駐在、大和総研アメリカでチーフアナリスト、米国のマクロ・ミクロ市場を調査。
1997年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト、2005年ドイツ証券副会長を経て、2009年武者リサーチを設立。

著書に、『超金融緩和の時代』「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり(日本実業出版社)などがある。

 

武者陵司氏の講演テーマ

「今後の経済展望」
「これからのグローバル投資環境」
「デフレ脱却で開ける日本の投資チャンス」

★その他、主催様からのご要望に合わせて講演可能です。詳しくはスタッフまでお問合せください★

 

 

▼ココがオススメ!

 株式会社武者リサーチ代表・武者陵司氏は、証券会社やシンクタンク勤務時代に培った分析眼をもって、投資ストラテジストとして活躍しています。自身のホームページ上では、過去20年の予測と結果の履歴を公表しており、専門家筋でも高く評価されるエコノミストとされています。 「論理一貫」「独立不羈」「歴史的国際的視野」をモットーに、経済と金融市場分析と中長期予想を目的とし、調査レポートなどの情報サービス提供を継続。予想の的中総括とその理論化を出発点に情報発信しています。 そんな武者氏に寄せられる講演依頼は、経済、投資・株式・金融、消費増税、今後の経済展望、アベノミクス、TPPなどの内容に及び、「今後の経済展望」「これからのグローバル投資環境」「デフレ脱却で開ける日本の投資チャンス」などのテーマを話してくれます。講師派遣先は、マネー関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、投資を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  構築した仮説に基づいて、先入観や経済的利害を排除し、最も論理性のある展望とソリューションを提案。さらに、仮説の妥当性について過去の予測精度に基づいて検証し、より的確性の高い仮説を装備していくという手法を展開する武者氏。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、その極めて高い精度を誇る中長期予測に触れ、投資・金融だけでなく、グローバルな経済を俯瞰することができるのです。

 

著書

「「失われた20年」の終わり ―地政学で診る日本経済」
「日本株大復活」
「新帝国主義論―この繁栄はいつまで続くか」

など

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー