宮本まき子(みやもとまきこ)

家族問題評論家・家族カウンセラー・エッセイスト

【主な講演テーマ】

「二世代育児のススメ」
「男女の発想の違いと人権」
「父親の子育て」
「これだけはのポイントを知れば子育ては楽しい!」
「家族と女性の過去・現在・未来」

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

1947年生まれ。津田塾大学アメリカ研究科卒業。翻訳などの仕事をしながらカウンセリングを学ぶ。
79年、主婦の友社電話相談室の開設メンバーとなり、22年間勤務の後、89年より執筆活動開始。
99年より山梨大学非常勤講師。
04年、有限会社オフィス・ミヤジン設立。
現在、フリーライター、エッセイスト、評論家として新聞、雑誌、テレビなどで活躍。
また、男女共同参画、結婚問題、育児、親子関係、家族関係をテーマにしたシンポジウムのパネリスト・コーディネーター、講演講師としても活躍中。

 

 

講演テーマ

●    家庭や地域での子育て
「父親の子育て」 「発達段階・集団仲間づくり」 「ギャングエイジへの対応」 
「思春期」 「性教育」 「二世代育児のススメ」

●    親子関係の再構築
「現実と理想のギャップ」 「母子密着から世代間境界をいつ切るか」など

●    PTA、家庭教育学級
「親の不安」 「子どもの発達の実態と分析」 「イジメと非行」 「親が勝ち取る信頼感」など

●    職場における男女共同参画
「男女の発想の違いと人権」 「こんなに違う女性の世代間価値観 」

●    再就職セミナー
ハローワークや21世紀職業財団とタイアップしての、働く意義と目的、適性について

●    市民大学・公民館講座
「家族問題」 「自己啓発」 「離婚」 「老後不安」

●    交流分析で知る他人との付き合い方
時間の構造化とゲーム分析・ストレスの少ない人間関係と距離のとり方、東大式エゴグラムの活用法

●    誰も教えない性教育
中高生とその親を対象・ホルモンを知る、子らの悩みを知る

 

 

▼ココがオススメ!

家族問題評論家、家族カウンセラー、エッセイストとして活躍する宮本まき子氏は、翻訳家としての活動の傍ら子育てに携わり、雑誌社の電話相談室も担当。子育てや家族問題をはじめ、医療、心理、教育関係に関する2万件の相談を受けています。  豊かな経験に基づくユニークなアドバイスは好評で、あくまで生活者の目線による指導を行い、現代社会の実情に沿った問題解決法を提示しています。  そんな宮本氏の講演は、教育、人生、家族、夫婦、シニアライフ、育児などの内容に及び、「二世代育児のススメ」「男女の発想の違いと人権」「父親の子育て」「これだけのポイントを知れば子育ては楽しい!」「家族と女性の過去・現在・未来」などのテーマを話してくれます。また、セミナーでの開催もOK!  家庭・家族のあり方も、以前に比較して変化しているものの、外の世界のストレスから解放される場所であり、無償の愛情を施してくれる人であることはかわりないという宮本氏。そのかたちは変化しても、いいことも悪いこともさまざまに起こるものの、誰も孤独にしないのが家族の本質であると。講演、セミナーを訪れた人は、家族・家庭という人生の最小単位を踏まえ、親子、結婚、職場など幅広い視点で、自身の生き方を見直すきっかけを掴むことができるのです。

 

 

著書

『輝ける熟年 人生の総仕上げはこれからです!』 東京新聞出版局 
『団塊世代の孫育てのススメ  イマドキの子育て事情とパパママのサポートのコツ』 中央法規出版 
『自分も幸せになる「姑道」十ヶ条』(PHP研究所)
『「熟年離婚」より「孫育て」』(東京新聞出版局)
『パパ&ママのハッピー育児アドバイス』(永岡書店)
『 孫ができたら読む本  孫と家族とムリなく上手につき合うコツ』PHP研究所

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー