田中ウルヴェ京(たなかウルヴェみやこ)

メンタルトレーナー
国立鹿屋体育大学客員教授(スポーツ心理)

【主な講演テーマ】

「ここ一番に強くなる 自分コントロールの法則」
「メンタルトレーナーが教える ストレスをやる気に変える方法」
「『時間がない!』ストレスを解消しよう」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1967年東京都生まれ。
1988年ソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。
10
年間の日・米・仏の代表コーチ経験後、米国大学院で修士取得。
引退、コーチ業、海外での生活、育児など様々な転機のストレスをきっかけに
認知行動療法などの心理学を学ぶうち、「人は心の持ち方次第で、いくらでも素晴らしい人生を歩めるんだ!」ということに気づく。
この経験と知識を活かし、2001年、心身の健康をテーマに(株)ポリゴンを起業。
「心」の健康として、アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタル指導、企業研修や講演を行う。
「身体」の健康として、日本ピラティス指導者協会(JAPICA)公認スタジオDMJボディバランシング』を持つ。
夫はフランス人、2児の母。

「『130秒』でできる 新しい自分の作り方」(サンマーク出版)ほか著書、訳書多数。
最近では報道番組のコメンテーターも務めている。

・ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト
・TBS「Nスタ」レギュラーコメンテーター
・日本大学医学部社会医学講座公衆衛生学部門講師
・日本オリンピック委員会(JOC)情報医科学専門委員会科学サポート部会メンバー
・国際水泳連盟アスリート委員
・日本スポーツ精神医学会評議委員
・日本スポーツ心理学会会員
・日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士
・文部科学省独立行政法人評価委員会臨時委員
・経済産業省地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト委員
・独立行政法人日本スポーツ振興センタースポーツ振興事業助成審査委員会委員
・NHK中央放送番組審議会委員
・一般財団法人運動器の10年・日本協会評議委員
・株式会社ポリゴン代表取締役

 

講演テーマ

コーピング・メンタルトレーニング   *コーピング(Coping)=ストレス対処行動
「ここ一番に強くなる 自分コントロールの法則」
なぜ人は「ここ一番」で緊張するのか。その緊張をさらに良いパフォーマンスにつなげていくためには、どういう考え方と感情を持っていると良いのか。
一流アスリートのメンタルトレーニングを事例に、自分コントロールについてお話します。
 
「メンタルトレーナーが教える ストレスをやる気に変える方法」
なぜ一流アスリートは、メンタルが強いのか。いったい一流アスリートは、どんなメンタルトレーニングによってメンタルをしなやかに鍛えていくのか。実際のメンタルトレーニング事例をもとに、すぐに企業で実践できる「ストレスをやる気に変える方法」をお話します。
 
「組織と人を元気に! ポジティブサイクルを生み出すコーピングスキル」
組織が活性化するために必要なストレスに対する考え方を、様々なストレスコーピング成功事例をもとに、お話します。
さらに、今日からでも、会社ですぐにできる簡単なコーピングスキルを一緒におこないます。
 
「アスリートのキャリアトランジションに学ぶキャリアプランニング」
アスリートは、必ずいつか競技引退という節目をむかえます。
引退時には、世界チャンピオンになるといった夢を達成する者もいれば、戦力外通告や代表選考漏れといった状態で選手生活を終える者もいます。
「人生の節目=キャリアトランジション」で、人は、何を感じ、何を考えると、次の人生を「自分らしい選択で」歩んでいけるのか。
競技引退時のメンタルトレーニング事例を通して、企業や一般で応用できる「ライフスキル」をお話します。
 
ワークライフバランス
「『時間がない!』ストレスを解消しよう」
ワークライフバランスを考える時、最も重要なのは、自分にとっての最適なバランスを自分で理解し、自分でコントロールしていくこと。単に仕事とプライベートの時間配分だけではなく、様々な人生のバランスのとり方のヒントをお話します。
 
グローバル
「自己発揮力こそ、グローバル人材に本当に必要なもの」
グローバル人材と聞いて、皆さんは何を想像されますか?
英語、発言力、留学(赴任)経験、外国人採用、リーダーシップ、論理的思考…などを思い浮かべるでしょう。
どれも必要なことですが、これらすべての根底にある、本当に必要なものは、
「真の自信を持って自己の力をどんな状況や相手でも発揮できる力」です。
最後に差が出るのは、大切なチャンスで思い通りに自己発揮できる力なのです。
 
教育
「成功の種を蒔く」
私たちが大人が、子どものためにできる一番大事なこと。
それは、「子どもたち自身が望む人生を、手に入れるために必要な、人間力を養う手助けをすること」です。
成長するに伴い、子どもたちはそれぞれの人生を次第に自分の力で切り開いていく必要性に迫られます。
その時に、子どもが能動的に真の実力を発揮していけるための「親ができる種まきの仕方」についてお話します。

 

国立鹿屋体育大学客員教授・田中ウルヴェ京氏は、1988年のソウルオリンピックで、シンクロナイズドスイミング・デュエットで銅メダルを獲得した実績と、アスリートとしての経験を踏まえ、現役引退後、メンタルトレーナーに転進。第一線で活躍するアスリートだけでなく、一般のビジネスマンを対象に、心と体の健康をサポートしています。
 アメリカの大学院で心理学を学び、思考のトレーニングの重要性を知り、さらに数字の明確化によってモチベーションが高まる方法を知ります。それにより、原因と結果を示し、短期的・長期的な目標を考えることができ、チームワーク向上も果たすことになるとも。
 そんな田中氏の講演は、モチベーション、人生、経験、スポーツ、オリンピック、水泳、医学、メンタルヘルス、健康、体づくり、ビジネス、ビジネス研修、ワークライフバランスなどの内容に及び、「ここ一番に強くなる 自分コントロールの法則」「メンタルトレーナーが教える ストレスをやる気に変える方法」「『時間がない!』ストレスを解消しよう」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
 メンタルトレーナーとして、アスリートには試合に勝つこと、ビジネスマンならば会社の実績向上に繋がることを明確に示し、認知行動療法である「コーピング(ストレス調整法)」も指導している田中氏。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、あらゆる結果に差がつく様々な実践的メンタル対策を知るのです。

 

主な著書

『人生最強の自分に出会える感情ノート』(秀和システム)
『「ここ一番」に強くなる 自分コントロールの法則』(成美堂出版)
『成功の種を蒔く わが子の本気を引き出すコーピングスキル50』(講談社)
『始められない!終わらない!「先延ばしグセ」がスパッ!となくなる本』(大和出版)
『毎日しんどい人のためのコーピング入門 ストレスに負けない技術』(日本実業出版社)
『たった3秒で子どもが変わる! 言葉の魔法』(中経出版)
『「1日30秒」でできる新しい自分の作り方』(サンマーク出版)
『コーピングの教科書』(インデックス・コミュニケーションズ)
『「リーダー力」を鍛える!メンタルトレーニング実践講座』 (PHP研究所)
『書くだけで人生が変わる{感謝日記} すぐに幸福を引き寄せる30の方法』(実業之日本社)
『無欲の勝利 最高の自分を引き出す"求めない"技術』(ソフトバンク クリエイティブ)
『立ち止まってもすぐに前進できる「打たれ強い心」のつくり方』(日本実業出版社)
『「今度の恋』で結婚します!』(祥伝社)
『40歳の教科書 親が子どものためにできること』(共著;講談社)

など著書、共著、訳著多数

著書内容

「ここ一番」に強くなる自分コントロールの法則

「コーピング」の基本を知るにはおすすめの一冊。どうして「ここ一番」という大事な場面で緊張するのか?
どのような感情や思考となれば、緊張とうまく付き合えるのか。考え方やクセ、行動を整理し対処方法を考え実践、どんな場面でも実力が発揮でき、メンタルがしなやかになる方法を伝授。
実力を出せなかった時でも、そこから何をどう学べるか考えられる心のバランスを手に入れるなど、ストレスを見方につけて実力を発揮する方法を紹介している。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー