宮島秀司(みやじまひでし)

・映画プロデューサー 
・文化女子大学大学院 特任教授

【主な講演テーマ】

「プロデューサーという仕事」
「スクリーンの中の素敵な人達」
「映画ができるまで」「映画の裏側」
「映画~現代・過去・未来~」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1954年2月28日、東京築地生まれ。
慶応義塾大学卒業後、㈱松竹で映画プロデューサーとして活躍。
その後、フリーのプロデューサーとして「私をスキーに連れてって」をはじめ数々の話題作を発表。
映画のみならず、テレビ、舞台のプロデュース、演出も手がけ、またテレビではキャスター・映画解説と幅広く活躍。

講演テーマ

「プロデューサーという仕事」 
スクリーンの中の素敵な人達」

「映画ができるまで」
「映画の裏側」「映画~現代・過去・未来~」

 

▼ココがオススメ!

映画プロデューサーで、文化女子大学大学院特任教授でもある宮島秀司氏は、松竹勤務時代に、数々の名作映画を制作し、特に若者から多くの支持を得てきました。  映画は、俗に言う「2時間ドラマ」と作品上映時間が近いため、その違いを見出しにくいという人がいますが、テレビドラマと映画には、表現における規制の強さに違いがあり、無料で視聴でき、不特定多数の人の目に触れる地上波のテレビドラマは、その規制がより厳しいとされています。
それに対して、より非日常性が求められる映画は、表現も比較的自由であり、規制も緩やかです。しかし、基本的には有料で公開されるため、その対価に見合った内容が要求され、クオリティも規模もテレビドラマより高く大きいものになります。 映画プロデューザーである宮島氏は、まさに会社経営者にとってのヒト、モノ、カネ、情報と同様に、「お金がとれる」俳優、監督、脚本家を揃えなければならず、ヒット作を様々に生み出してきたその実績から、まさに名経営者同様の手腕の持主と言えましょう。
そんな宮島氏の講演は、人生、自己実現、文化、芸能などの内容に及び、「プロデューサーという仕事」 「スクリーンの中の素敵な人達」「映画ができるまで」「映画の裏側」「映画〜現代・過去・未来〜」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  映画制作の第一線で活躍している宮島氏は、作り手であると同時に、解説者としての顔も有しているため、誰よりも映画の魅力を知り尽くしています。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、それまで以上に映画ファンとなり、そのまま映画館に足を運んでしまうこと請け合いです。

 

主なプロデュース作品

映 画 

『魔性の夏~四谷怪談より』
『天城越え』
『魚影の群れ』
『薄化粧』
『十手舞』
『新・同棲時代』
『木村家の人びと』
『タスマニア物語』
『バカヤロー!私怒っています』
『ゲレンデがとけるほど恋したい。』
『アナザヘヴン』
『顔』
『連弾』
『ピストルオペラ』
『カタクリ家の幸福』
『春の日は過ぎ行く(日韓合作)』
『壬生義士伝』(日本アカデミー賞作品賞)

近年作品:
2004年『CASSHERN』『珈琲時光』 
2005年『阿修羅城の瞳』ほか

舞 台

『お月さまへようこそ』『マンハッタンの女たち』『ダニーと紺碧の海』

テレビ

『世にも奇妙な物語』『本当にあった怖い話』『ギミア・ぶれいく』
『ユーミン・ドラマブックス、ルージュの伝言』『La Cuisine』ほか

主な出演番組

テレビ朝日系 『プレステージ』『OH!エルくらぶ』『スーパーモーニング』
TBS系『水曜ロードショー』解説 『情報!もぎたてサラダ』 ほか
NTV系『アナ☆パラ』 など

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー