三浦淳寛(みうらあつひろ)

元サッカー選手
サッカー元日本代表

【主な講演テーマ】

「目標意識の大切さ」
「チーム力を引き出す「リーダーシップ論」」

【登録テーマ】
【出身地】 大分県

講師プロフィール

1974年7月24日生まれ。
高校時代は長崎県立国見高等学校で名監督・小嶺忠敏氏に師事し、全国高校選手権で2度の優勝を果たす。
1994年に横浜フリューゲルスに入団。
GK以外はどのポジションもこなす“ユーティリティープレイヤー”として頭角を表す。
同チームにとって合併前最後の天皇杯を優勝に導く。
また東京ヴェルディ時代には、JリーグオールスターサッカーMIPに輝く。
FK(特に無回転FK)の名手として名を馳せる。
2000年のシドニーオリンピックでは日本代表に選抜され、ベスト16進出に貢献。
2011年4月、多くのファンに惜しまれながらも引退を表明し、現在は、テレビや講演など、マルチに活動をしている。

 

主な講演テーマ

【目標達成】
「目標意識の大切さ」
目標意識の明確化は、目標達成において重要なプロセスになります。
小学校4年生の時から三浦氏は「日本代表になる!」という強く明確な目標を持ち続けた。
高校選手権では2度優勝を経験し、描き続けた日本代表入りを果たすが、それまでには所属チームの解散など様々な壁に直面している。
「決してサッカーの才能があったわけではない」と言うが、なぜ日本代表までのぼりつめる事が出来たのか。
ただ練習するだけではなく目標意識の明確化と共に、「努力」をしてきた三浦氏の自身の経験をふまえた「目標意識の大切さ」の講演です。

【リーダーシップ】
「チーム力を引き出す「リーダーシップ論」」

現役を引退した今でもなお、なぜ多くの選手やサポーターから未だに慕われ続けているのか?
オリンピックオーバーエイジ枠での参加など様々な世代、チームでキャプテンを経験し、さらにはJ2降格から1年でJ1復帰の経験をキャプテンとして味わった三浦氏が、キャプテン(リーダー)の役割、チームのまとめ方などを独自の目線で「三浦のリーダーシップ論」をお話します。

 

 

▼ココがオススメ!

サッカー元日本代表の三浦淳寛氏は、現役時代には本名の淳宏で、MF、DFをはじめGK以外はどこでも務めることが可能な、いわゆるユーティリティプレイヤーとして活躍しました。  フリーキックの名手として知られ、横浜フリューゲルス、横浜Fマリノス、東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸、横浜FCでプレーし、2011年4月に引退を発表。その後、サッカー解説者として活躍しています。  そんな三浦氏の講演は、人生、夢の実現、自己実現、スポーツ、オリンピック、サッカー、ビジネス、コミュニケーションなどの内容に及び、「目標意識の大切さ」「チーム力を引き出す『リーダーシップ論』」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  目標を達成する基本は「常に目標を考えそれを意識し続けること」という三浦氏。自分はこうなりたいという具体的なイメージを持ち続け、キックがうまくなりたいのであれば、どうやって蹴ればうまくなるかを、具体的に、詳細に、本気で考えることが重要であるとしています。  そして、「体が疲れるのは当たり前。頭も疲れるような練習をする」ことが重要であるとして、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、何事も取り組み方ひとつで、自信や興味を持つことができることを知るのです。

所属チーム歴

1994~1998年
 横浜フリューゲルス
1999~2000年
 横浜・F・マリノス
2001~2004年
 東京ヴェルディ1969
2005~2007年
 ヴィッセル神戸
2007~2011年
 横浜FC

代表歴・個人成績

代表歴

国際Aマッチ25試合1得点
2000年 シドニーオリンピック出場(オーバーエージ枠)

個人成績

★個人タイトル
1997年
ナビスコカップ ニューヒーロー賞
2004年
JリーグオールスターサッカーMIP
2011年
J.LEAGUE AWARDS 功労選手賞

★通算 個人記録
Jリーグ: 427試合65得点

(内 直接フリーキックゴール: 22得点)
ナビスコカップ: 43試合4得点
天皇杯: 28試合3得点
通算: 498試合72得点

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー