松崎菊也(まつざききくや)

戯作者
風刺コント作家

【主な講演テーマ】

「視点を変えると見えて来るもの」
「ニュースの裏話」

【登録テーマ】
【出身地】 大分県

講師プロフィール

社会風刺を喋らせれば天下一品。
数々のコント・舞台の作・演出を手がける。
1998年・風刺集団「ザ・ニュースペーパー」を結成。
リーダー兼演出、出演も兼ねる。
現在は独立し、永田町で政治風刺舞台「松崎菊也トークライブ」を上演。
右左関係なく権力者を笑いのめして大好評中。
各界から高い評価を受ける。
聞きどころは、古今総理大臣の特徴を捉えた描写。
新聞雑誌にも風刺コラムを掲載。
全国展開中の講演会においては、時々の政治家になりきって演じる独り芝居で爆笑を得ている。

講演テーマ

「視点を変えると見えて来るもの」
真正面から画一的にものを見るのではなく、斜めから見て読み解く現代社会。

「ニュースの裏話」
日頃伝わるニュースを裏から読むと見えるメディアの伝えない真相。

※その他テーマもご相談下さい。

▼ココがオススメ!

 戯作者・風刺コント作家である松崎菊也氏は、コントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」などのメンバーとして活躍した芸人でもありました。「キャラバン」時代は、日本テレビ系お笑い芸人オーディション番組『お笑いスター誕生』で優勝を果たしています。  さらに、1986年度の『NHK新人演芸コンクール』演芸部門では最優秀賞を獲得するなど、人気芸人としての実績も豊富。その後、1988年には、メンバーがさまざまに政治家・著名人に扮し、文字通り新聞ネタをパロディする社会派コントグループ「ザ・ニュースペーパー」の結成メンバーとなり、リーダー兼脚本家として活躍してきました。  「ザ・ニュースペーパー」を退団した後は、TBSラジオ『松崎菊也のいかがなものか?!』パーソナリティーを経て、ラジオやテレビにて様々に活躍しています。  そんな松崎氏の講演は、政治、経済などの内容に及び、「視点を変えると見えて来るもの」「ニュースの裏話」などをテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  巧みなものまねに加え、社会風刺に溢れた一人芝居を演じるなど、エンタテイメント性たっぷりの講演は各地で人気。時事問題のコメンテーターやエッセイスト・作家として培った視点は、高い見識に溢れ、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、笑いのうちに世の中で起こっている様々な問題を理解してしまうのです。

 

連載

サンデー毎日「今週のブーイング」
週刊ポスト「メディア批評」
週刊金曜日「無責任架空対談」
日刊ゲンダイ「黙っておれぬ、松崎菊也のひねくれスポーツ論」(毎週水曜連載)
聯合通信・特信版「松崎菊也の不ド~トク主義宣言」
通販生活「松崎菊也の公共事業クイズ」 ほか

出演メディア

TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」
各局「松崎菊也・お金のたまる経済論」

著作エッセイ

『一瞬の沈黙』(三五館)
『あの人の独り言』(小学館) ほか

小説

『男が捨てられた夜』(三五館) ほか多数

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー