松久晃士(まつひさ こうじ)

ワーク・ライフバランスコンサルタント
財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ

【主な講演テーマ】

「ワーク・ライフバランスの実現」

【登録テーマ】
【出身地】

講師プロフィール

2010年より株式会社ワーク・ライフバランスに参画。
短時間での意思疎通・相互理解を得るためのコミュニケーションスキルを使い会議時間の削減やチームの業務効率向上につなげる。
シンプルでわかりやすい図解と言葉による説明、思考整理の手法は、「言葉のバリアフリー」として定評がある。
ライフの面では地域ボランティア活動にも積極的に参加するなどエコ活動を継続推進中。
2016年4月~2016年10月まで育児休職中

 

経歴

名古屋市立大学経済学部卒業
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社にて、営業・商品企画・生産計画といった複数部門を経験。
オフィス環境のエコロジー化に取り組むプロジェクトチームがトリンプ・インターナショナル・グループにおいて世界で最も優れたプロジェクトチームとして表彰された経験を持つ。

 

講演・研修の内容

中央省庁や自治体、研究機関や開発部門など、特殊性の高い業種・職種におけるワークスタイル変革プロジェクトを支援している。(経済産業省・愛知県警察本部・長崎大学等)
全ての業種・職種においてワークスタイル変革は可能であり、より価値ある時間を手に入れプロフェッショナルとして成長し続けるために欠かせない「ワーク・ライフバランスの実現」をサポートする。

研修プログラムでは、参加者の課題解決に必要な多様なワークやディスカッションを組み合わせて最適なプログラムを構築している。
グローバル企業でのスピード感あふれるビジネス環境の経験をもとに、常に高い集中力と原動力を保ちながら業務を推し進めるためのノウハウ、仕事の進め方をクライアントに惜しみなく提供、高い評価を得ている。

 

実績

■日本国内の10,000名以上のビジネスパーソンに、ワークスタイルについてアドバイスを提供。
顧客満足度は90%以上と高い支持を得ている。
■30社以上のワークスタイル変革プロジェクトを支援。
特殊性や困難性の高い業種業界のプロジェクトにおいて強みを発揮。
■当社が採用するワークスタイル変革に関するコンサルティングの基本スキームを構築。
クライアントからの信頼度評価において、年間アワードを複数回受賞。

 

メディア情報

・2010年09月『企業実務』「不要な資料、ムダな手続き」
・2011年05月『カフェグローブ』「プレンゼンテーション」
・2011年10月『近代セールス10月号』 「緊急度・重要度マトリクスを活用する」
・2012年04月『週刊BCN(BUSINESS COMPUTER NEWS) 』「kintoneユーザー企業紹介」
・2012年05月『出産と仕事フォーラム~仕事と出産&育児。両立力を高めよう!~』(バースセンス研究所)
・2012年08月『近代セールス8月号』 「“子どもと遊ぶ”ことで得るインプット」
・2012年10月『しごとの日のファミリーデー事例集』「東京都仕事の日について」
・2013年04月『はたらく夫婦カンケイ』(AERA・朝日新聞出版)
・2013年08月『仕事が早い人の時間術』(学研)
・2014年01月『株式会社ワーク・ライフバランスの働き方』(株式会社ワーク・ライフバランス)
・2015年11月『経営課題解決シンポジウム基調講演』(日経BP社)

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー