増岡弘(ますおかひろし)

俳優
声優

【主な講演テーマ】

「マスオの家庭教育考
 サザエさん一家は幸福みつけの達人ぞろい」
「こうすればよくなる いま理想的な家族とは?」
「あなたも楽しみませんか 手作り人生、バンザーイ!」
「マスオの人権問題考~ことばはプレゼント~」

【登録テーマ】
【出身地】 埼玉県

講師プロフィール

「サザエさん」のマスオさん役や「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役でお馴染みの人気声優。
声のみで演じるセリフとナレーション、音響効果による演劇を行う劇団東京ルネッサンスの代表を務め、その郡読は好評を得ている。
また、『マスオさんの味噌づくり指南』を執筆するなど、ナチュラリストとしても活動している。

講演テーマ

「マスオの家庭教育考 サザエさん一家は幸福みつけの達人ぞろい」
アニメ「サザエさん」が高視聴率を保ちながら、放送を続けているその本質は?
それはサザエさん一家が幸福みつけの達人ぞろいだからです。
幸福の線引きをどこにすれば家庭は良くなるのでしょう?

「こうすればよくなる いま理想的な家族とは?」
登校拒否、いじめなど学校と家庭で解決しなければ
ならないたくさんの問題があります。
どんな立派な仕事をする両親でも子供との関わり合いが、
これほど下手で不自然な今の日本の家族の姿をどう考えればよいのでしょうか。
理想的な家族のあり方とは。

「あなたも楽しみませんか 手作り人生、バンザーイ!」
僕は、野菜も味噌も納豆も漬物も、陶器も、果ては自分の住む家
(カナダの杉を使ったログハウス)も建てました。
手作りの楽しさを共にしませんか?

「マスオの人権問題考~ことばはプレゼント~」
その他、「人権」「安全」「食」「男女共同参画」など

▼ココがオススメ!

テレビで「サザエさん」が放送されてから、40年余り。そのうち30年以上をマスオさんの声優として活躍されている増岡さん。
時代が移り行く中で、いつまでも変わらないサザエさん家族には何が込められているのか。声優活動を通じて感じた家族の在り方や、幸福の見つけ方を惜しみなく語ります。
優しい声に包まれた増岡弘さんの講演会はオススメです。もちろん、トークショーなどのイベントや、セミナーにおいて家族論などの講義、フォーラムでの意見交換も披露してくれます。

 

講演内容

 フジテレビ系アニメ『サザエさん』のマスオさん、日本テレビ系アニメ『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役でお馴染みの声優・増岡弘氏。

 テレビ草創期から声優として活躍しており、特撮番組では悪役・怪人の声を担当することが多く、俳優として出演することもありました。

 劇団「東京ルネッサンス」の代表も務め、声のみで演じるセリフとナレーション、音響効果による演劇を公演し、その“群読”という演出法は好評を得ています。朗読は、一人の人間がすべての台詞を読みわけるのですが、それを複数でやることで、声だけによってひとつの世界を作り上げることができると。

 増岡氏は講演で、人権、男女共同参画、人生、文化などの内容を話してくれますが、特に、言葉のもつ力について語る講演は、各地で好評を博しています。また、トークショー形式のイベント、セミナーでの講義、フォーラムでの討論も好評です。

 言葉は人格の半分を表しており、自分自身の見た目を変えることは難しいですが、言葉は、その発する中身で、いくらでも変えられます。「言葉は心によって出されるものであり、心を変えることによって、言葉も変わり、人生も変わっていくのです」という増岡氏。

 そして、本当に良いお母さんは叱るようには言わない。『お母さんは早い方がいいと思うんだけど、何かお手伝いすることある』と言うだけで、子供の気持ちは軽くなるとしています。

 また、趣味の味噌づくりでも知られ、『マスオさんのみそづくり指南―つくろう食べよう手前みそ』というタイトルの講演では、健康の秘訣は味噌にあるとして、具だくさんの味噌汁に親しむことを推奨。それには、味噌を好きになることが早道であるとして、自家製味噌の作り方などを、基本から具体的な作業の詳細を解説してくれます。

 講演を訪れた人は、物心両面から健康的に生きる方法を、増岡氏の講演から知ることができるのです。

活動実績

主な出演作品

■アニメ
「サザエさん」(マスオ役)
「それいけ!アンパンマン」(ジャムおじさん役)
「忍たま乱太郎」(板井野飛田役)

■日本語吹き替え・アテレコ
「ニューシネマパラダイス」
「マネキン」

■ナレーション
NTV 「ニュースプラス1」特集:夫婦商売人
ANB 「旅のススメ」「ガリベン」「百獣戦隊ガオレンジャー」

 

経歴

1936年 8月7日、埼玉県岩槻市生まれ。
1954年
二科展に史上最年少で入選。
文化学院美術学科で油絵を学び、舞台美術関係の仕事に就く。
1960年頃
役者に転向。俳協に所属。
映画「ガラスのうさぎ」テレビ「夏、青春物語」(TBS)などに出演。
1979年
手作りの味噌を作る自然法人“みそひともんちゃく”を結成。
会員120家族で会報を発行し、品評会を開催。
1986年
劇団東京ルネサンスを創立し、代表となる。
 また、柳家さん助門下となり、益々家ちゃん助(ますますやちゃんすけ)の名で、
 年2回“落狂(らっきょう)寄席”を開催する。

 

関連書説明

『マスオさんのみそづくり指南―つくろう食べよう手前みそ』

アニメ「サザエさん」のマスオの声でお馴染みの著者の健康の秘訣は手作りのみそで作った旬の具たっぷりのおみそ汁。
みそづくりの基本を材料・器具・製法まで懇切丁寧に解説。

 

『陽だまりのマスオさん―マスオさんの“都会のなかの田舎ぐらし”』

マスオさんの声を演じて四半世紀という著者。
声のサザエさん一家との長年にわたる交友や粋な小咄、寺山修司との思い出。
畑を耕したり、自分の手で茶碗を作ったり、自然の中での暮らしぶりなど著者の日常を素直に語る。

 

『美味しい味噌づくり―若さと健康のモトここにあり』

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー