マルシア(まるしあ)

タレント

【主な講演テーマ】

ライフスタイル、子育て、人生などをテーマしたトークショー


【登録テーマ】
【出身地】 ブラジル サンパウロ州

講師プロフィール

ブラジルサンパウロ州に日系3世として生まれる。
1985年、TBS歌謡選手権ブラジル大会にて準優勝、翌年には外国人歌謡大賞ブラジル代表として来日し、ワールドチャンピオン大会で作曲家猪俣公章の目に止まりスカウトされ、1989年、「ふりむけばヨコハマ」でメジャーデビュー。
「日本レコード大賞」や「FNS歌謡祭」などから、多くの新人賞を受賞。
後に、ミュージカル、テレビドラマ、バラエティー番組などにも出演、女優・タレントとしても幅広く活躍。
2001年、ブロードウェイミュージカル「ジキル&ハイド」に出演。初のミュージカル挑戦となったが、第56回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞した。
講演では日本とブラジルの文化の違いや育児、人生、について語る。

 

トークショーテーマ

ライフスタイル、子育て、人生などをテーマしたトークショー

   文化(日本とブラジルの文化の違い)・育児・人生
   *「歌+トーク」のディナーショーも承っております。詳しくは、弊社スタッフまでご相談下さい。

 

講演内容

 マルシア氏といえば、1989年『ふりむけばヨコハマ』でメジャーデビューしたブラジル人日系3世の歌手として知られています。

 歌手だけにとどまらず、女優・タレントとしても幅広く活動。来日当初は、敬語の使い方が上手ではなく、どんな場合でも「~でございます」と結ぶ話し方がうけ、外国人女性特有の率直な物言いも手伝って、人気外国人タレントとして多くのバラエティ番組に出演していました。

 現在は、ミュージカルやテレビドラマなどにも積極的に出演し、マルチタレントぶりを披露しています。また、2008年に『Yours〜時のいたずら〜』をリリースし10年ぶりに歌手活動を再開。翌2009年には『エデンの雨』を発表するなど、来日の原点に立ち返り芸能活動を充実させています。
マルシア氏は講演で、日本とブラジルの文化の違いについて語ることだけでなく、育児や人生など、幅広いテーマを話してくれます。もちろん、歌+トークのディナーショーもOK。さらに、フォーラム、セミナーなどの開催も可能です。

 今では、日本語の難しさや日本の文化、上下関係の厳しさ、目上の人には敬語、友だち同士ではフランクな表現などを使い分けることにも慣れたというマルシア氏。正しい敬語を使えなければ、子どもの友達でもピシャリと叱るとも。

 さらに、ブラジルだけでなく、移民が渡ったそれぞれの国で、祖国・日本の文化を受け継いでいってほしい、様々な民族との間で交わりが進んでも日本という「ルーツ」を忘れないでほしいとして、講演、トークショー、フォーラム、セミナーを訪れた人に、日本というものを再発見させてくれます。

活動実績

経歴

1969年2月14日
サンパウロ州、モジダスクルゼス市に日系3世として生まれる
1985年4月27日
TBS歌謡選手権ブラジル大会にて、準優勝。日本に行く事を望み始める
1986年3月26日
TX外国人歌謡大賞 ブラジル代表に選ばれ日本へ
1986年4月20日
東京での「ワールドチャンピオン大会」では、松田聖子の「チェリーブラッサム」を歌い、フレンドシップ賞に輝く。
その時、審査員を務めた作曲家の猪俣公章氏の目に止まりスカウト。
約1ヶ月の間、日本に滞在してレッスンを受け、帰国。
1986年11月23日
来日。猪俣公章氏に弟子入り
1989年1月21日
「ふりむけばヨコハマ」でデビュー
1990年4月~7月
1990民音「CONCERT MARCIA」全国ツアー
1990年5月~
「ブラジルツアー」(サンパウロ・ロンドリーナ・リオネジャネイロ)
1990年12月31日
「第41回 NHK紅白歌合戦」初出演(サンパウロより衛星生中継)
1991年12月
初のクリスマスディナーショー
1992年4月~9月
CX「なるほどザ・ワールド」準レギュラー出演
1993年10月~12月
初のテレビドラマ出演TBS(MBS)「オレたちのオーレ!」ブラジルサンパウロにてロケ
1994年3月~
NTV「夜もヒッパレ一生けんめい」レギュラー
1994年7月~
NTV「おしゃれカンケイ」レギュラー
1998年10月~12月
NTV「THE夜もヒッパレ」MC
1999年3月31日
キリンビバレッジサッカー“日本VSブラジル” 国立競技場にてブラジル国歌斉唱
1999年11月26日
「だいじょうぶ~幸せは必ずそばにいる~」(集英社)発売
2001年4月2日
CX「こたえてちょーだい」火曜・水曜レギュラー
2009年3月~
TBS「ひるおび!」月曜レギュラー

 

受賞

2006年4月4日
「第31回菊田一夫演劇賞 演劇賞」受賞
2001年12月19日
「平成13年度 文化庁芸術祭演劇部門新人賞」受賞
1991年6月25日
「第10回 メガロポリス歌謡祭 ポップス大賞」入賞
1990年12月21日
「第23回 日本有線大賞 入賞」
1990年11月29日
「第21回 日本歌謡大賞 放送音楽賞」受賞
1990年11月17日
「第16回 日本演歌大賞 演歌スター賞」受賞
1990年10月12日
「1990全日本歌謡音楽祭 金賞」受賞
1990年10月8日
「第20回 銀座音楽祭 特別奨励賞」受賞
1990年9月10日
「第16回 日本テレビ音楽祭 金の鳩賞」受賞
1990年7月16日
「1990日本有線大賞 上半期入賞」
1990年6月26日
「第9回 メガロポリス歌謡祭 演歌大賞」受賞
1990年2月26日
「第27回 ゴールデンアロー賞 音楽新人賞」受賞
1989年12月31日
「第31回 日本レコード大賞 最優秀新人賞」受賞
1989年12月12日
「第18回 FNS歌謡祭 最優秀新人賞」受賞
1989年12月1日
「第22回 日本有線大賞 新人賞」受賞
1989年11月21日
「第20回 日本歌謡大賞 優秀放送音楽新人賞」受賞
1989年11月19日
「第15回 日本演歌大賞 希望の星賞」受賞
1989年10月18日
「第16回 横浜音楽祭 最優秀新人賞」受賞
1989年10月16日
「第22回 新宿音楽祭 金賞」受賞
1989年10月14日
「第9回 作曲大賞 大賞受賞楽曲『ふりむけばヨコハマ』」
1989年10月13日
「1989全日本歌謡音楽祭 優秀新人賞」受賞
1989年10月9日
「第19回 銀座音楽祭新人歌謡ポップス部門審査員奨励賞」受賞
1989年10月2日
「第15回 日本テレビ音楽祭 新人賞」受賞
1989年9月15日
「1989KBC新人歌謡ゴールデン新人グランプリ服部良一特別賞」受賞
1989年7月9日
「第8回 メガロポリス歌謡祭 最優秀新人賞」受賞
1989年6月29日
「第22回 全日本有線大賞 上半期新人賞」受賞
1989年6月10日
「古賀政男記念音楽大賞 入賞」新人で唯一!

 

舞台

2010年
「Frank & Friends」
「カーテンズ」
2009年
「オペラ・ド・マランドロ」
「ニュー・ブレイン~僕の中に春をいっぱい感じる~」
2008年
竹内まりやソングミュージカル「本気でオンリーユー」
「イーストウィックの魔女たち」
「ブロードウェイガラコンサート」
ミュージカルコメディ「妊娠させて!」
2007年
「イーストウィックの魔女たち」
「テレサ・テントリビュートコンサート」
「ジキル&ハイド」再演
「BKLYN」
「ブロードウェイガラコンサート」
2006年
「アイーダ」
「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」
「レ・ミゼラブル」
2005年
「ブロードウェイガラコンサート」
「ジキル&ハイド」再演
「世界は二人のために」
「レ・ミゼラブル」
2004年
「レ・ミゼラブルコンサート」
「ユーリン・タウン」
2003年
「レ・ミゼラブル」
「ジキル&ハイド」
2002年
「ジキル&ハイド」
2001年
「ジキル&ハイド」

 

著書

『だいじょうぶ~幸せは必ずそばにいる~』(集英社)

マルシア (著)

歌手として、また独特なトークで人気のマルシア。
作家の大鶴義丹との出会いから、結婚・出産までの貴重な体験を綴ったエッセイ。
仕事か結婚か出産かの迷いは、この一冊でふっ飛んでしまう。

▼amazon
www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4083330112/ref=nosim/speakers/

単行本: 219ページ
出版社: 集英社
発売日: 1999/11
商品の寸法: 19.2 x 13.8 x 2 cm

 

『マルシア』(講談社)

マルシア・一枝 西家 (著)

内容(「MARC」データベースより)
作曲家猪俣公章にスカウトされて来日。
リサイタルやテレビのドラマ、バラエティーなどでも活躍中のマルシアが、
ブラジルのこと、家族のこと、自分の人生について、心をこめて綴る。
日系3世のブラジル人歌手の自叙伝。

▼amazon
www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406206538X/ref=nosim/goodpic-22

単行本: 243ページ
出版社: 講談社
発売日: 1993/11

 

CD

ALBUM

2009年5月20日
「hummingbird」(カバーアルバム)
1996年6月21日
「Days」
1995年8月28日
「マルシア シングルズ しあわせになれる」Best
1995年7月21日
「ふりむけばヨコハマ ツインパック」Best
1993年10月1日
「愛、12色のシルエット」
1993年9月21日
猪俣公章先生追悼アルバム「さよならそしてありがとう」
1993年11月21日
「陽だまり」Best
1992年11月21日
「あきらめてバイバイ」Best
1992年10月21日
「逢いにいきたい」
1992年5月21日
「あなたの愛につつまれて」Best
1992年4月1日
「さよならが言えなくて」
1991年11月21日
「愛を置き去りに」Best
1991年6月21日
「恋人たちのララバイ」
1990年11月21日
「Eu te amo」
1990年4月1日
「抱きしめて」
1989年12月1日
「黄昏に抱かれて」
1989年2月21日
「ふりむけばヨコハマ」

 

SINGLE

 

2009年10月21日
「エデンの雨」
2008年10月22日
「Yours~時のいたずら~」
1998年10月21日
「Just a Woman~あなたへ~」
1996年9月21日
「心の結婚」(映画「新・居酒屋ゆうれい」主題歌)
1996年3月20日
「ずっと許してる」
1995年9月1日
「しあわせになれる」
1995年4月21日
「AMOR・・・SAUDADE」
1994年11月21日
「紅い蓮(あかいロータス)」
1994年6月21日
「灼熱(アモール)・・・サウタージ」
1993年3月21日
「陽だまり」
1992年9月21日
「あきらめてバイバイ」
1992年2月21日
「あなたの愛につつまれて」
1991年8月21日
「愛を置き去りに」
1991年1月21日
「待ちわびて哀愁」
1990年2月14日
「抱きしめて」
1989年1月21日
「ふりむけばヨコハマ」

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー