前田幸長(まえだゆきなが)

野球解説者
タレント

【主な講演テーマ】

「我が野球人生~タイミングとターニング~」

【登録テーマ】
【出身地】 福岡県

講師プロフィール

福岡県筑紫郡那珂川町出身。
1988年福岡第一高校のエースとして春夏連続甲子園出場。同年夏の大会では準優勝を果たす。
その年のドラフトでロッテオリオンズから1位指名を受け入団。1年めから1軍で登板し先発として活躍。
1995年オフに中日ドラゴンズ、2001年オフにはFAで読売ジャイアンツに移籍。
貴重な左腕として主に中継ぎで登板を重ね、2004年9月26日には通算500登板を達成した。
2008年にはメジャー挑戦のため渡米し、テキサス・レンジャース傘下の3Aオクラホマ・レッドホークスで中継ぎとして36試合に登板。チームの地区優勝に大きく貢献するも、シーズン終了後に20年のプロ野球生活に区切りをつけ現役を引退。
現在は野球解説者ならびタレントとして活動分野を広げ、精力的に活躍中。

 

≪戦歴≫
~1988    福岡第一高等学校
1989~1995 ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ
1996~2001 中日ドラゴンズ
2002~2007 読売ジャイアンツ
2008      オクラホマ・レッドホークス(3A)

≪日本通算成績≫
595試合 78勝 110敗 9セーブ 防御率4.19 1241奪三振

≪米(3A)通算成績≫
36試合 5勝 3敗 1セーブ 防御率4.55 58奪三振

 

講演内容

 野球解説者・前田幸長氏といえば、プロ野球の現役投手時代には、日本球界では極めて珍しいといわれるナックルボールを操るピッチャーとして知られました。さらに、そのナックルボールにスライダー系の回転を加えるなどの変化をつけ、オリジナルのナックルボールを確立。特異な存在として球界を沸かせました。

 曲げた指の関節(Knuckle)で突き出すように投げるフォームが名前の由来であるナックルボールは、限りなく回転を抑えた形で投げられるもの。キャッチャーミットに届くまでの間に、不規則に変化しながら落ちるのが特徴の変化球をさらに改良した投球術は、まさに球界随一の稀有なテクニックの持ち主とも言われました。

 また、プロ野球選手には見えないほどのスマートな体躯であるものの、連日の登板を苦にしないほどの体力を有し、ナックルボールに加え、左腕から繰り出す140km/h台の速球も使いこなす投手として評価されていました。

 そんな前田氏の講演は、人生、スポーツなどの内容に及びます。

 野球選手として決して恵まれた体格ではなかったものの、ロッテを皮切りに、中日、巨人、そしてアメリカのマイナーリーグを渡り歩いた20年間のプロ野球生活を振り返り、決してエリートではなかったものの、独自の投球スタイルを切り開いてきた歩みから学んだことを講演してくれます。

メディア

TV

TBS
「バース・デイ」
「Jスポ」
「2時っチャオ!」 (有名人お宅訪問)
フジテレビ
「ジャンクSPORTS」
テレビ朝日
「GET SPORTS」

 

ラジオ

九州朝日放送(KBCラジオ)解説
「KBCホークスナイター」
「KBCダイナミックホークス実況中継」現在OA中!
TBSラジオ
「エキサイトベースボール・マネージャーズ」
「激アツ!ビバ!プロ野球!!」
ニッポン放送
「ショウアップナイターネクスト!」
ラジオ日本
「水野雄仁のGスタジアム」  
「サンデー・スポーツマガジン」

 

雑誌

『奇人変人野球人』連載中!!
日刊ゲンダイ 毎週月~金曜日
「FLASHエキサイティング」 (光文社)

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー