小山政彦(こやままさひこ)

元㈱船井総合研究所会長
株式会社 風土 代表取締役会長

【主な講演テーマ】

「9割の会社は社長で決まる」
「成果を出すための因数分解」
「潰れない会社をつくるためのスーパーギアチェンジの方法」
「不景気対応型新規ビジネス現場事例」

【登録テーマ】
【出身地】 東京

講師プロフィール

 

小山政彦氏写真11947年 東京生まれ。開成高校卒。
早稲田大学理工学部を卒業後、数学者を志し、同大学大学院へ進学するも、実家の
ディスカウントストア経営を手伝うべく、大学院を中退する。
1984年 37歳で、㈱船井総合研究所に転職。4年後には、年間売り上げ3億円の
No.1コンサルタントになる。
社長就任後は、業績のV字回復、大証2部から東証1部への上場、離職率20%台を6%へ改善、賞与支給額日本一の企業とするなど、経営者としても手腕を振るう。
コンサルタントとしては、実家のディスカウントストア経営の経験を活かし、“一単品での地域一番化”をテーマに売上・利益拡大の成功事例を多数残す。
活動の場をジュエリー業界に移してからは、“宝石の小山”の異名をとる。のちに、消費者のモノの購買頻度とライフサイクルを数値化した「数理マーケティング」を編み出す。
独自の手法による「近未来予報」の的中率は、80%以上で、経営の場面で具体的に役立つという評判で、聴講者は年々増えており、東京下町気質の気さくで痛快な人柄は多くのファンを魅了している。
シュリーマンに憧れ、卑弥呼の墓を掘り当てることを16歳からの夢としており、日本の古代史への造詣も深い。
B級グルメを著書や講演などで広く紹介しており、また、ワインや各種料理にも通じる食通でもある。

 

講演テーマ

「9割の会社は社長で決まる」
「成果を出すための因数分解」
「潰れない会社をつくるためのスーパーギアチェンジの方法」
「不景気対応型新規ビジネス現場事例」                                                                           など

小山政彦氏写真2

 

著書

『9割の会社は人事育成で決まる!』(中経出版、2012年)
『9割の会社は社長で決まる』(中経出版、2011年)
『幸せに生きるための法則』(創英社/三省堂書店、2011年)
『何があっても倒産させない社長力』(こう書房、2009年)
『デキる上司の伝える力』(あさ出版、2008年)
『挑戦!グレートカンパニーへの道』(同文館出版、2007年)
『勉強について、私たちの考え方と方法』(羽生善治と共著、PHP研究所、2007年)
『こうすればあなたの会社は「100年存続」できる!』(実業之日本社、2006年)
『へぇ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!』(三笠書房、2005年)
『素頭で1億円稼ぐ仕事塾』(ビジネス社、2004年)
『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社、2004年)

など、計48冊を上梓

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー