腰塚勇人(こしづかはやと)

元・体育教師・養護教員

【主な講演テーマ】

『命の授業~今の幸せに気づくことから夢はひろがる~』
『気もちの授業』

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

1965年 神奈川県生まれ。元・体育教師・養護教員。
スキーでの大事故をきっかけに、全身マヒの体に。
その後、懸命のリハビリにより社会復帰できるまでに回復し、事故をきっかけに人生も人生観も大きく変化。

2010年3月 教職を辞し、現在は「命の授業」の講演を通して命の大切さを訴えている。
2010年5月 ダイヤモンド社より『命の授業』出版。
2010年7月 フジテレビ系「奇跡体験アンビリバボー」に出演。
2012年2月 PHP研究所より『感謝の授業』出版。

 

私、腰塚勇人は、中学校でバスケットボール部の顧問をはじめとして、生徒たちの教育・指導に一生懸命打ち込む「熱血教師」でした。
そんな熱血教師の私にある日、人生を大きく変える出来事が起こりました。
2002年、スキー中に大転倒、頚椎(首の骨)骨折という大ケガをしてしまったのです。
4時間の手術の末、奇跡的に命はとりとめたものの全身が動かない深刻な麻痺状態になり、あまりの絶望に私の心は深く沈みました。
そんな私を救ってくれたのは、妻や両親、同僚の先生や生徒、病院のお医者さんや看護師さん、そして周りの人達でした。

そうした人達の応援と励ましを受けて、私の心も再び動き始めました。
入院生活やリハビリでは、様々な紆余曲折を経ながらも自分の命があらゆるものに「助けられ、生かされている」ことに気づきました。
その気づきをきっかけとして、奇跡的にも回復に向かい、4ヶ月の入院・リハビリの後、職場復帰を果たしました。
この間、私の見方・考え方・感じ方は大きく変わりました。
そして人生も一変しました。

復帰後は、身体の一部に障がいを抱えながら、感謝と共に生きるようになりました。
入院・手術・リハビリ・職場復帰と一つ一つのプロセスを経ながら、自分を受け止め、受け入れ「5つの誓い」へたどり着きました。
現在は教員を卒業し、命の大切さ、生きていることの素晴らしさ・両親・家族・仲間の大切さなど、普段の生活の中で当たり前に感じ、忘れかけている大切な幸せについて、また、皆様が誰かを照らす存在であることを、講演や著書を通じてお伝えしていきたいと願っております。

◆「命の授業」腰塚勇人オフィシャルサイト http://www.inochi-jyugyo.com/
◆「命の授業」ブログ http://ameblo.jp/inochi-jyugyo/

 

講演テーマ

『命の授業~今の幸せに気づくことから夢はひろがる~』
体育教師がスキーでの事故をきっかけに、人生も人生観も大きく変わりました。
今を自分らしく幸せに生きるためのヒントを普段の生活の中から紹介していきます。

●「命が大切」よりも、「◯◯◯が大切」
●「ドリー夢メーカー」と「ドリー夢キラー」
●「命の喜ぶ生き方」をしよう
●どんな「命の使い方」をしますか?
●命が喜ぶ「5つの誓い」
●子供たちに伝えたいこと、お願いしたいこと

 

『気もちの授業』
生きている中で望まなくても、自分の心や気もちにダメージを与える人や環境はたくさんあります。
だからこそ、自分の心は自分で守ることがとても大事であり、自分の心を『自家発電』でき、元気になれることが自分の幸せにつながります。
自分が元気で幸せであれば、周りの人も元気にも幸せにもできます。

 

 

講演実績

小学校、中学校、高校、専門学校、教育委員会、市町村、青年会議所、企業、NPO法人、その他多数

 

メディア情報

フジテレビ系 「奇跡体験アンビリバボー」に出演
フジテレビ系 「テレビ寺子屋」に出演

 

著書

『命の授業』 ダイヤモンド社
『感謝の授業』 PHP研究所

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー