小室淑恵(こむろよしえ)

・株式会社ワーク ライフバランス 代表取締役社長

【主な講演テーマ】

「ワーク・ライフバランスとは」
「経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
「あなたが輝く働き方~秘訣はワーク・ライフバランス~」
「大介護時代を乗り切る働き方~秘訣はワークライフバランス~」
「自分のステージは自分で創る!社会起業家への道」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

日本女子大学文学部在学中、猪口邦子教授の講演に感銘を受け、それまでの専業主婦志向だった価値観を変えるべく渡米を決意。1年間アメリカに滞在、住み込みのベビーシッターを経験。住み込み先のシングルマザーの女性が、育児とキャリアを両立している姿を目の当たりにし、衝撃を受ける。その時から育児と仕事の両立支援を自らのテーマと位置づける。帰国後、大学4年時にネットビジネスのインキュベーションを行う(株)ネットエイジにてインターンを経験。全社営業成績の87%を稼ぎ出すといった偉業を達成する。

1999年(株)資生堂に入社。奈良支社に配属後、翌年社内のビジネスモデルコンテストで優勝し、1年という異例の速さで本社経営企画室IT戦略担当に抜擢。同社の経営企画・経営改革を進める傍ら、女性が働きやすい社会を実現するために、インターネットを利用した育児休業者の職場復帰支援サービス新規事業を立ち上げ、社内起業家として社内外から脚光を浴びる。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004・キャリアクリエイト部門受賞。2005年9月に資生堂を退社後、2006年7月に株式会社ワーク・ライフバランスを設立。女性の育児休業者に限らず、男性の育児休業者、介護休業者、うつ病などでの休業者が職場にスムーズに復帰することができるようにサポートする仕組み「armo(アルモ)」を開発。

近年増加傾向にある様々な事情で仕事を休まなくてはならない方も復帰後にきちんと職場でステップアップしていける仕組みを創ることで、多種多様な価値観を受け入れられる弾力的な日本社会にするべく、日々尽力している。「armo(アルモ)」は2006年11月に「第3回日本ブロードバンドビジネス大賞」を受賞。

2008年1月には、設立以来ご提供してきた「ワーク・ライフバランス コンサルティング」のうち、大変お問い合わせの多い「残業削減」「育児・介護休業に関するガイドブックの作成」、「働き方の風土改革」、「ワーキング・グループ社内運営サポート」、「事業所内託児所設置」についてそれぞれプラン化、ご案内を開始。

また、2007年10月1日より東京都新宿区より「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定制度」に伴う区内企業へのコンサルティング業務の委託を受け、行政と連携して中小企業から大企業まで、企業の規模に関わらず広くワーク・ライフバランスの実現に向けてのサポートを実施している。

そのほかにも、女性の欲しい商品を女性達でつくる「ミアマーノ」と称した女性7人の企画・コンサルティング集団を結成。企業の女性向け商品・サービス開発をコンサルティングすることで、女性ならではの視点で新しい価値を世の中に提供している。

また、ものごとをわかりやすく論理的に伝えるプレゼンテーションには定評があり、社内研修講師・講演依頼が多数。

私生活では2003年に結婚。2年間の日本・アメリカ間での遠距離結婚生活を経て、2006年4月、第一子を出産。
充実したワーク&ライフを過ごす活動的な女性として多くの人から支持を得ている。

▼ココがオススメ!

今話題の「ワークライフバランス」。
仕事(ワーク)と家庭(ライフ)を両立する小室淑恵氏の講演会は、仕事の効率もアップ、プライベートも充実させるコツが満載です。労働組合、行政、金融機関など、講演、研修実績多数です。経営層、管理職クラス、女性社員向けの講演会、研修をお考えの主催者様、ぜひ一度小室淑恵氏の講演はいかがでしょうか。
「小室淑恵」氏による講演会をスピーカーズがサポートします。

 

活動実績

公務
その他委員等

講演テーマ

①「ワーク・ライフバランスとは」
②「経営戦略としてのワーク・ライフバランス」
③「あなたが輝く働き方~秘訣はワーク・ライフバランス~」
④「大介護時代を乗り切る働き方~秘訣はワークライフバランス~」
⑤「自分のステージは自分で創る!社会起業家への道」
⑥「ワーク・ライフバランスは何故必要か?」
⑦「ワーク・ライフバランス実現のためのマネジメント講座」

著書紹介

「なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術」

様々な会社やグループにおいて、ワークライフバランスのコンサルとして活躍中の小室淑恵氏。
最近ではテレビや様々なメディアでの露出も多いです。

「なぜ、この部門は、いつも残業しているのだろう?」「なぜ、この人だけ、残業が多いのだろう?」と思うことがあります。
「好きで、残業をしているのじゃない」との状況もあるかも知れません。
具体的には、ひとつひとつ、聴き取り調査が必要かも知れませんが、この本に書いてあることを一度、考えるのも良いと思います。

内容は、大きく2つの部に分けられます。
第1部 今、「チーム術」が求められている理由
第2部 「チーム術」を実践する6ステップ・25のツール

従来からある、チーム・マネジメント(チーム運営の考え方と手法)の概念に「ワークライフバランス」という視点を取り入れることが、重要だと訴えています。
「ワークライフバランス」をとりいれて、それを実践していくためのツールを紹介しています。
「メンバー全員が、毎日残業なし6時に帰っても、きちんと効果が上がり続ける」そういう組織の自動生産性アップ術を提案しています。
例えば、
・限られた時間の中で仕事をうまく回すためには、「その人でなければできない仕事」を、どんどん減らしていくことも大切。
・限られたメンバーで成果を上げるためには、「1+1=∞」の結果を生むような、チーム全体としてのパフォーマンスを意識しなければならない。
・チームのコミュニケーションを活性化させるためには、まずはマネジャーが働きかけて、メンバーがリラックスして仕事をできる雰囲気をつくらねばならない。
・自分のやったことが周囲から感謝され、それによって自分が成長していることが感じられる。そして自分の成長がチームの成果や会社の成長につながっている。
こうした実感や体験こそ、これからの時代の「新しい働く報酬」となるはず。
・・・など。

他にもチーム術の中で、「ほめワード」というものを紹介しています。
「すごい」「助かった」「期待している」「ありがとう」の4つで、「怒るマネジメント」よりも「ほめるマネジメント」を実践し、「ほめ言葉が回るチーム」を作っていくことが大事だと主張しています。。
感謝を伝えることで相手の仕事に対する期待感が伝えられます。メンバーが気持ちよく仕事ができるのであれば、どんどん「ありがとう」を言ったほうがよいのです。

他にも小室淑恵氏が推奨するものとして、「朝メール」というものがあります。
これは会社の部内メーリングリストに、始業後、業務の「時間見積もり」と「優先順位」を確認してから業務を始めさせるもの。
①時間は15分単位で考える
②業務とそれにかける時間(時間見積もり)をセットで考える
③残業は見込まず、就業時間内で終わるようにスケジュールを立てる
④各業務に優先順位を付ける
これを行うことによって、部内で誰がどれだけの業務を抱えているか、また、どの業務に手こずっているのか、業務をこなすのが下手なのか、などわかります。把握するだけで今後どうやって仕事をしていくか考えることが出来ます。

会社における、管理職・役員クラスの方々が読むべき一冊です。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー