小出義雄(こいでよしお)

・佐倉アスリート倶楽部株式会社 代表取締役

【主な講演テーマ】

「夢・実現への挑戦」

【登録テーマ】
【出身地】 千葉県

講師プロフィール

1939年4月15日生れ。千葉県出身。

順天堂大学時代に3回箱根駅伝を走り、卒業後23年間高校教師として陸上部の指導を続け、インターハイや全国高校駅伝など全制覇。その後、実業団陸上部の監督を務める。
リクルートランニングクラブ監督時代に、全日本実業団対抗女子駅伝2連覇。バルセロナ五輪、アトランタ五輪では有森裕子を銀・銅の連続メダルに、世界陸上アテネ大会では鈴木博美を金メダルに導いた。
積水化学陸上部監督時代には、シドニー五輪で高橋尚子を指導し、念願の金メダルへと導いた。
世界で唯一人、オリンピック女子マラソンにおいて「3大会連続メダル獲得」の指導実績を持つ、陸上界の名監督。

2002年、佐倉アスリート倶楽部株式会社を設立。
これまでの「陸上部は1つの企業に属する」というスタイルではなく、「企業から陸上部の指導委託を受け、企業間の壁を越えて選手を育成していく」という、日本では初めての指導体制で活動中。

2008年には豊田自動織機チームを全日本実業団対抗女子駅伝で優勝に導き、現在指導しているユニバーサルエンターテインメントチームは、2012年の東日本実業団対抗女子駅伝で2位を3分離して圧勝し優勝した。
指導拠点は千葉県佐倉市。1年の約3分の1はアメリカコロラド州で高地合宿を行なっている。

日本でいち早く高地トレーニングを取り入れた監督の指導力と、『かけっこ』に対する情熱は全く衰えることがない。
現在も多数の選手を預かり、現場で指導中。

 

講演テーマ

「夢・実現への挑戦」

 

主な指導歴

1992年 バルセロナオリンピック 女子マラソン銀メダル 有森裕子 指導
1996年 アトランタオリンピック 女子マラソン銅メダル 有森裕子 指導
1997年 世界陸上選手権 女子マラソン金メダル 鈴木博美 指導
2000年   シドニーオリンピック 女子マラソン金メダル 高橋尚子 指導
2008年   全日本実業団対抗女子駅伝 優勝 豊田自動織機チーム
2012年   ロンドンオリンピック 5000m、10000m出場 新谷仁美 指導
2012年 東日本実業団対抗女子駅伝 優勝 ユニバーサルエンターテインメントチーム

著書

『君の眠っている力を引き出す35の言葉』(すばる舎)

 マラソン界の名伯楽・小出義雄氏の“名言”を集めた、スポーツだけでなく人生のナビゲーターとしても大いに役立つ一冊です。
 有森裕子氏、鈴木博美氏、高橋尚子氏等、多くのオリンピック選手を育て上げてきた小出氏ですが、その飾らない人柄は誰からも親しまれており、本書で紹介されている言葉も、決して上から目線にならず、ポジティブに、時には優しい励ましを発しています。
 スランプに陥っているときや、大きなミスを犯したときに、自分を見失うことなく前向きにしてくれる言葉の数々が、乾いた土に沁みこむ慈雨のように染み渡ってくる指南書です。

『マラソンは毎日走っても完走できない』(角川SSC新書)

 毎日走っているだけでは、マラソンの練習になっていない。やはり、マラソンを目的とした練習が必要で、佐倉アスリート倶楽部監督である小出義男氏が、その理論を説いた一冊。
 トレーニングに臨む場合でも、まず走れる体をつくることからはじまり、続いて走れる脚をつくること、
さらにシューズ選び、脚と心肺への負荷、レース出場にむけた練習メニューづくりなどを解説。マラソンをきちんと完走したと思っている初心者レベルのランナーにはうってつけで、走るためにはこうすべきであるという方向性を明確化しています。

『育成力』(中公新書ラクレ)
『愛のコムスメ操縦術』(集英社)
『知識ゼロからのウォーキング入門』(幻冬舎)
『知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』(幻冬舎)
『高橋尚子金メダルへの絆』(日本文芸社)
『君ならできる』(幻冬舎)等、 多数

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー