小林至(こばやしいたる)

・江戸川大学教授

【主な講演テーマ】

「プロ野球ビジネスのいまとこれから」
「プロ野球球団のマネジメントと地域戦略」
「グローバル化とスポーツビジネス」
「“前向き思考”が人生を変えた」
「キャリアの作り方とプロとしての働き方」
「へこたれない人生」
「もうひとつの米国像」

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

1968年1月30日生まれ。
神奈川県出身。

1992年に千葉ロッテマリーンズからドラフト8位指名を受け入団。
東京大学史上3人目のプロ野球選手となるもプロ2年間で1軍登板はなく、1993年に自由契約となり現役引退。

翌年から2000年まで渡米。コロンビア大学経営大学院でMBA(経営学修士号)取得。
その後フロリダ州のテレビ局(ゴルフチャンネル)に就職。
通訳、翻訳、解説などに従事。

2005年、著書「合併、売却、新規参入。たかが…されどプロ野球!」の取材の縁で、
渡邉恒雄氏(読売新聞主筆)から孫正義氏に紹介があり、福岡ソフトバンクホークス取締役に就任。
パ・リーグ6球団の事業会社(PLM)の初代執行役員や、NPB12球団共同事業のプロジェクトチームでは座長を務め、
侍ジャパンや事業会社構想などの提案書をオーナー会議で提出。

2010年からは王貞治球団会長指導のもと、フロント実務の責任者としてチームづくりに携わる。
他球団の主力や外国人選手を積極的に補強、さらに信賞必罰の年棒制度や、球界初となる三軍制の導入するなど、
刺激的な活性策を講じる。
2014年、日本一を奪回できたこと、勤続10年という節目になることから福岡ソフトバンクホークスを退任。

講演テーマ

「プロ野球ビジネスのいまとこれから」
「プロ野球球団のマネジメントと地域戦略」
「グローバル化とスポーツビジネス」
「“前向き思考”が人生を変えた」
「キャリアの作り方とプロとしての働き方」
「へこたれない人生」
「もうひとつの米国像」

偏差値40 台から目指した東大受験に始まり、負け続けた東大野球部時代、
1軍にあがれなかったプロ野球選手時代、コロンビア大学のMBA、アメリカで現地採用のサラリーマン、
参院選挙出馬、大学教授、ホークス取締役・・・抜擢と挫折と復活を繰り返し、波乱万丈に過ごしてきました。
それぞれの局面で学んだことを、エピソードを交えてお話しします。

道中、縁あって、手を差し伸べてくださった方々のなかには、金田正一さん、徳田虎雄さん、渡邉恒雄さん、
孫正義さん、王貞治さんなど、立志伝中の方々もいらっしゃいまして、
偉人から学んだ「生き方」「哲学」などについても触れていきます。

7年間の滞米生活を通じて得た日米文化の違い、日米プロ野球経営形態の違いについて。
また日本のプロ野球再建のために何が必要なのかを、研究と実践をもとにした視点でお話しします。

 

▼ココがオススメ!

 元プロ野球選手であった江戸川大学教授・小林至氏は、1992年にドラフト8位指名で千葉ロッテマリーンズに入団。新治伸治氏(大洋ホエールズ)、井手峻氏(中日ドラゴンズ)に次ぐ3人目の東大出身のプロ野球選手となります。東大は、東京六大学リーグのひとつであり、「他の六大学よりは野球のレベルは高くない。東大へ行けばレギュラーになれる」という進学理由は、当時話題にもなりました。  2年間の選手生活を経て渡米し、1996年にはコロンビア大学経営大学院を修了しMBAを取得します。2000年末に帰国し、2001年から日米関係などの評論、スポーツビジネスに関する研究を行い、2002年から江戸川大学社会学部経営社会学科助教授も務め、2006年に教授に昇格しています。  そんな小林氏に寄せられる講演依頼は、モチベーション、逆境、スポーツ、野球、文化、異文化などの内容に及び、「プロ野球ビジネスのいまとこれから」「プロ野球球団のマネジメントと地域戦略」「グローバル化とスポーツビジネス」「“前向き思考”が人生を変えた」「キャリアの作り方とプロとしての働き方」「へこたれない人生」「もうひとつの米国像」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、企業関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナーの形でもOK!野球は言うに及ばず、モチベーション、人生などを内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  プロ野球選手としての現場経験とMBA有資格者のマネジメント能力を兼ね備えた稀有な存在として評価され、2005年に福岡ソフトバンクホークス取締役に就任します。経営企画をはじめ編成・育成、広報など主にフロント部門を担当し、球界初となる三軍制を導入するなど、マネジメント面で多くの実績を残しています。  ビジネスとしてのプロ野球を、国内、国外、現場、フロントと多面的、複眼的に見つめることができ、そのマネジメントエッセンスをアカデミックに発信することができる稀有な存在であり、講演、フォーラム、セミナーを訪れた人は、新たな野球の見方だけでなく、山あり谷ありの生き方から、力強く人生を歩んでいくための励ましをもらうことが出来るのです。

 

学歴

1986年
 神奈川県立多摩高等学校卒業
1987年
 東京大学経済学部文化Ⅱ類入学
1992年
 東京大学経済学部経営学科卒業
1995年
 コロンビア大学大学院経営学修士課程入学
1997年
 コロンビア大学大学院経営学修士課程修了MBA(経営学修士号)取得

職歴

1992年
 千葉ロッテマリーンズ入団
1993年
 千葉ロッテマリーンズ退団
1996年
 The Golf Channel(フロリダ州・オーランド) 入社
 同時通訳者、翻訳者、コメンテーター
2000年
 The Golf Channel 退社
2002年
 江戸川大学社会学部助教授(~2006年3月31日)
 担当講義:経営学、スポーツ経済学、経営統計学、ゼミナール、海外経営研修
2005年
 福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役(~2011年12月31日)
2005年
 福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社取締役(~2014年2月28日)
2006年
 江戸川大学社会学部教授(現在に至る)
2008年
 サイバー大学客員教授(現在に至る)
2012年
 福岡ソフトバンクホークス株式会社海外兼中長期戦略担当部長(~2014年2月28日)
2014年
 福岡ソフトバンクホークス株式会社執行役員球団統括本部副本部長(~2014年12月31日)
2015年
 福岡ソフトバンクホークス株式会社顧問(現在に至る)

著書

「僕の落第野球人生」(NHK出版・1994年)
「僕はアメリカに幻滅した」(太陽企画出版・2000年)
「不幸に気づかないアメリカ人幸せに気づかない日本人」(ドリームクエスト・2002年)
「プロ野球ビジネスのしくみ」(宝島社新書・2002年)
「アメリカ人はバカなのか」(幻冬舎文庫・2003年)
「アメリカの傲慢スタンダードに飲み込まれる日本」(オーエス出版・2003年)
「合併・売却・新規参入。たかが・・・されどプロ野球」(宝島社・2004年)

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー