紀里谷和明(きりやかずあき)

映画監督・ファトグラファー

【主な講演テーマ】

「映画作りの『今』と『未来』の映画業界について」
「常に新しいクリエティブ表現への挑戦とその本質を見失わないこだわり」
「生い立ち、感性、世界での経験など、人間としての紀里谷和明」 など

【登録テーマ】
【出身地】 熊本県

講師プロフィール

1968年熊本県生まれ。
83年15歳で渡米、ケンブリッジ高校卒業後、パーソンズ大学にて環境デザインを学ぶ。
1994年写真家としてニューヨークを拠点に活動を開始。数々のアーティストのジャケットやミュージックビデオ、CM制作を手がける。
2004年映画「CASSHERN」で監督デビュー。
2009年映画「GOEMON」を発表。著書に小説「トラとカラスと絢子の夢」(幻冬舎)がある。
現在、次回作「The Last Knights(仮)」を制作中。2014年4月よりメルマガ「PASSENGER」発行。

1983年 3月 渡米
1987年  ニューヨークへ移住
1987年〜89年  パーソンズデザイン科在籍
1995年  Fine Artグループ展(ISE Art Foundation)出展
1994年〜99年  NYをベースにフォトグラファーとして活動
1999年〜  仕事のベースを東京に移し、ファッション、広告、CDジャケット撮影等、幅広く活動
2000年〜  フォトグラファーとしての活動の傍、テレビCM、ミュージックビデオを制作
2004年 4月 初の映画監督「CASSHERN」公開
2009年 5月 映画「GOEMON」公開
2009年 5月 初小説「トラと綾子とカラスの夢」発売
2012年〜  「The Last Knights(仮)」製作開始
2014年 4月 メルマガ「PASSENGER」発行

映像、写真などのクリエイティブ領域に留まらず、社会問題や芸術、文学まで幅広い知見と考えを持っている。自身が制作者としてクリエティブを世に発信していくだけでなく、様々なメディアからの出演依頼を受け、自身の想いを発信し続けている。

 

講演テーマ

映画作りの『今』と『未来』の映画業界について」
2004年公開「CASSHERN」、2009年公開「GOEMON」の2本の映画を制作し、現在3本目となる映画の世界公開を予定している。紀里谷和明が映画に想う事や制作姿勢、現場での話、ハリウッドの映画制作事情などを講演。

常に新しいクリエティブ表現への挑戦とその本質を見失わないこだわり」
映画、CM、PV、写真、web、空間など、クリエイティブの制作現場や市場動向などを、世界の様々な国で制作をしてきた紀里谷和明が制作に関するマインドと後身を育てるコンシューマー視点と、プロフェッショナルな現場での制作環境などビジネス視点での講演。

「世界の犠牲や痛みをリアルに感じることができているんだろうか」 
電力の問題。食料、ゴミ、環境問題。労働環境。貧困、戦争。 普段、見過ごしてる中に、どれだけ問題が溢れているのか。便利な世の中に安住してしまった我々が、 世界の実態を想像すらできてないことが、最大の問題。
一方で、伝える側にも問題はある。 多くの映像作品には、スポンサー・協賛企業の事情、 社会のタブーなど様々な角度から制限がかかることになる。 もちろん、必要な制限というか、 見る人への配慮は大切なファクターなんだけれども。 ただ、本当に発信すべきメッセージを誰かの胸に届けるためには、 時に生易しい表現じゃダメなんだ。 映像が伝える問題から目を背けられなくなって、 行動せざるを得なくなるような、そういう強度をもった表現が、いまの日本には足りないように思う。(メディア掲載文より抜粋)

生い立ち、感性、世界での経験など、人間としての紀里谷和明」
何事にも疑問を持っていた幼少期、日本の教育システムに強い不満を持ち始めた小学校時代、中学卒業後「移住のつもりで」赴いたアメリカでの落ちこぼれ学生生活。10代で突如訪れたターニングポイントは誕生したばかりの「MTV(Music Television)」との出会い。それが自身の人生に大きく影響を与えた。「僕は人口2000人の日本の地方の小さな町で生まれ育って、東京をすっ飛ばしてアメリカにた。クリエーティブとかアートとか、そういったもので人が生きていけるものだとは思ってなかった。全く今まで想定もしていなかった扉が(アメリカに行ったことで)俺の中で開いた」。そうやって未知なる世界との遭遇を経験し、公立の学校から全米一のアートハイスクール、Cambridge School of Westonへと転校。アートに関する「充実した英才教育」を受ける。(メディア掲載文より抜粋)

 

【講演実績】
中部電塾セミナー講師、野村総合研究所、蒼プロモーション、株式会社FUJITSUユニバーシティ、バンタンデザイン研究所、東京ビジュアルアーツ、ビジュアルアーツ専門学校 大阪、日本写真芸術専門学校、大阪芸術大学、大阪芸術大学、立命館大学、岩崎学園、バタフライストローク、アップルストア銀座、東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校、医療法人 徳真会、アクターズクリニック、崇城大学、東京経済大学、明治学院大学、デジタルハリウッド その他

 

メディア出演                                  

<テレビ>    
TBS「情熱大陸」、フジテレビ「EZ!TV」、フジテレビ「僕らの時間」、日本テレビ「アナザースカイ」、フジテレビ「笑っていいとも」、テレビ朝日「アドレナガレッジ」、朝日放送「芸能人格付け番付」、TBS「王様のブランチ」、テレビ朝日「徹子の部屋」、TBS「A-STUDIO」、フジテレビ「アウト×デラックス」

<ラジオ>
TOKYO FM「シンクロノシティ」、J-WAVE「TOKYO MORNIGN RADIO」、J-WAVE「HAPPINESS」、J-WAVE「RADIO DONUTS」、J-WAVE「ムーブタウン」、「シネマスクエア」、「EXPOSURE」(富士FILM)

<雑誌>
「月刊ジョージア」、「Tarzan」(マガジンハウス)、「西日本新聞」、「CUT」(ロッキング・オン)、「Director's Magazine」(クリーク・アンド・リバー)、「別冊ぴあ」、「EXPOSURE」(富士FILM)、「日本映画マガジン」(オークラ出版)、「法政大学」(WEBマガジン)、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)、「熊本日日新聞」、「ビッグコミックスペリオール」(小学館)、「MULTIPLY」(トーキョーマイメイツパワー)、「メンズブランド」(笠倉出版社)、「DVDデータ」(KADOKAWA)、「DIME」(小学館)、「キネマ旬報」(キネマ旬報社)、「日経エンタテイメント」(日経BP社)、「Macピープル」(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)、「日経新聞」、「CGワールド」(ワークスコーポレーション)、「SPA!」(扶桑社)、「ダヴィンチ」(メディアファクトリー)

【執筆】
「ゲーテ」(幻冬舎)

【著書】
「トラとカラスと絢子の夢」(幻冬舎)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー