木村泰司(きむらたいじ)

西洋美術史家

【主な講演テーマ】

「西洋美術の楽しみ ~美術は見るものではなく読むもの~」
「愛された絵画たち ~美は時空を越えて~」など

【登録テーマ】
【出身地】 愛知県

講師プロフィール

1966年生まれ。

米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、
ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART 修了。
ロンドンでは、歴史的なアート、インテリア、食器等本物に触れながら学ぶ。

東京・名古屋・大阪と講演活動を始めてから、彼の軽やかなテンポの講義に沢山の方々が魅了されている。

木村泰司氏の講演テーマ

「西洋美術の楽しみ ~美術は見るものではなく読むもの~」

「モナ・リザ」を多くの人が「美しい」と言います。
でもいったい何が美しいのでしょう?彼女の微笑み?それともミステリアスな背後の風景でしょうか?
古代ギリシャから19 世紀までの代表的な名作を取り上げ、それらの鑑賞法を楽しく解説いたします。

「愛された絵画たち ~美は時空を越えて~」

長い西洋美術史の中でも、特に時代と国境を越え、人々に愛された絵画が存在します。
そのような美術品はまるで蓮の花のようです。
それぞれの時代の美しくない要素、つまり泥を吸収し、結果「一人」時代と国境を越え、超然と美しく咲き誇ります。
そのような「誰でも知っている」名画の数々を時代背景を含めながら解説していきます。

「フランス王家の夢 ~カペー朝からブルボン王朝まで~」

987年にユーグ・カペーがフランス王に選ばれてから、
1789 年にルイ16世とマリー・アントワネットがヴェルサイユ宮殿を追われるまで、
フランスという国は幾多の芸術品を王家の庇護の下で生み出してきました。
それらの作品群は共和国となった現在も芸術の国フランスが誇る国家的遺産として、現在に引き継がれています。
時代をさかのぼりながら、フランス王家の人たちが生み出した「美と夢の世界」を紹介していきます。

「永遠のヴェルサイユ ~太陽王ルイ十四世の一日~」

フランスが最も栄華を極めた17世紀から18世紀にかけて、ヴェルサイユ宮殿は華麗なる宮廷文化の舞台でした。
200年以上たった今なお、当時と変わらぬ荘厳な宮殿は世界中の人々を魅了してやみません。
太陽王ルイ十四世の一日を追いながら、当時の宮廷文化についてお話します。

「フランス印象派 ~パリ、その光と影~」

私たち日本人にも馴染み深いフランス印象派絵画ですが、長い歴史のある西洋美術史の中で、
その位置付けと重要性はなかなか日本人には理解しがたいところがあります。
また、この日本では「感性」という言葉で簡単に説明されがちな印象派絵画ですが、
現実にどの程度、美術館で鑑賞する際、理解されているか確証をもてません。
19世紀のフランス社会において、どのようにして印象派絵画が誕生したのか、
また、それぞれの作品とこれらの作品を生み出した画家たちの夢とその世界を紹介していきます。

「アルカディア再び ~クロード・ロランと英国式風景庭園~」

16~18世紀のころ、英国貴族の子弟は、学問の仕上げのために、ヨーロッパ大陸へ「グランド・ツアー」にでかけました。
彼らはその「グランド・ツアー」で、ひとつの「美」に出会います。それこそが、フランスの画家クロード・ロランの作品でした。
そこに描かれていたのは、抒情豊かな「アルカディア(理想郷)」でした。
そして、彼らが本国イギリスに持ち帰ったロランの絵画は、
遥か彼方まで広がる美しい英国式風景庭園の創造の源となったのです。
英国貴族の精神性豊かな世界を紹介します。

「美女でめぐる西洋美術史」 etc.

 

▼ココがオススメ!

 西洋美術史家・木村泰司氏は、古代ギリシャ、メソポタミア、エジプト、ローマ時代から、現代まで連綿と続く西洋美術の歴史をひも解きながら、絵画や彫刻、建築に表現されているその圧倒的な力強さと骨太の芸術性の魅力を伝えています。

 西洋美術には、例えばゴチック、バロック、ロココなどの様式があり、宗教画は言うに及ばず、そこに当時を支配する思想が色濃く反映されています。そのため、世界史を教科書から勉強すると頭に入らない人でも、美術史からアプローチすると面白いように理解できるという人がいるほどで、西洋美術の楽しみ方の一つでもあります。

 また、古文書などの文献を読み解くだけでなく、古い美術作品に触れることによって、よりビジュアルに、より具体的に過去に触れることができるため、木村氏は多角的、多面的に西洋美術史を捉え、啓蒙しています。

 そんな木村氏の講演は、教育、文化、歴史、異文化などの内容に及び、「西洋美術の楽しみ ~美術は見るものではなく読むもの~」「愛された絵画たち ~美は時空を越えて~」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 西洋美術鑑賞には教養が必要であるという木村氏。その教養は、作品を理解するためだけに必要なものではなく、生きる上で重要であり、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、西洋美術の魅力だけでなく、それを理解することがひいては人間を知り、生き方を知ることにつながると気付くのです。

 

連載

名画はこう読む「kotoba」集英社インターナショナル
美術史のウラの裏「和樂」小学館
女神のパレット「pumpkin」潮出版社

<過去の連載>
「日経health premier」日経BP社
「いきいき」いきいき株式会社

メディア情報

名画はこう読む「kotoba」集英社インターナショナル
美術史のウラの裏「和樂」小学館
女神のパレット「pumpkin」潮出版社

<過去の連載>
「日経health premier」日経BP社
「いきいき」いきいき株式会社

著書

「謎解き西洋絵画」洋泉社(2013.03.25発売)
「図解 名画の美女」洋泉社MOOK(2012.10.26)
「おしゃべりな名画」ベスト新書(2012.03.09)
「印象派という革命」集英社(2012.01.26)
「名画の言い分」ちくま文庫(2011.06.10)
「美女たちの西洋美術史 肖像画は語る」光文社新書
「巨匠たちの迷宮」集英社
「西洋美術史から日本が見える」PHP新書
「名画の言い分」集英社

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー