金惠京(キム・ヘギョン)

国際法学者
日本大学危機管理学部准教授
早稲田大学博士(国際関係学専攻)

【主な講演テーマ】

「韓国事情を読み解く」
「朝鮮半島情勢を読み解く」
「日本のテロ対策を問う」

【登録テーマ】
【出身地】 韓国 ソウル

講師プロフィール

日本大学危機管理学部准教授。韓国・ソウル生まれ。
明治大学法学部を卒業した後、早稲田大学大学院に進学。同アジア太平洋研究科にて博士号取得。

専門である国際法およびテロに関する研究を行ったアメリカでは、ジョージ・ワシントン大学総合科学部専任講師、ハワイ大学韓国研究センター客員教授などを歴任し、2012年に再来日。明治大学法学部助教、日本大学総合科学研究所准教授を務めた後、2016年より現職。

韓国でも2016年から延世大学国家管理研究院の研究教授に就任し、危機管理に関する大統領諮問機関委員、および外交部(外務省)の外部顧問官を務める。

主著に、『無差別テロ-国際社会はどう対処すればよいか』(岩波書店)、『柔らかな海峡-日本・韓国 和解への道』(集英社インターナショナル)、『テロ防止策の研究-国際法の現状及び将来への提言』(早稲田大学出版部)など。

 

講演テーマ

『韓国事情を読み解く』
韓国は隣国ながら、政治システム、経済の特性、安全保障、歴史問題等々、その本質は十分に理解されていません。確かに、書店に行けば刺激的なタイトルの本が溢れていますが、日韓両国を知る者からすれば偏りが目立ち、全体像が見えて来ません。そこで、日本の大学で教鞭をとりながら、韓国で政府の諮問委員として日韓関係等の問題に第一線で関わっている経験を生かし、現在そして将来の韓国を読み解く指針をお伝えいたします。

 

『朝鮮半島情勢を読み解く』
韓国と北朝鮮をめぐる朝鮮半島情勢に対して、一部分だけを切り取った情報が日本では多く見られます。しかし、日本側からのみの視点で朝鮮半島を見ようとすると、北朝鮮の現状、核・ミサイル開発、テロの危険性、今後の金正恩体制といった問題を、満足に捉えきることは出来ません。そこで、世界各国の立ち位置に基づく複数のフィルターを通してみると、北朝鮮の姿が立体的に浮かび上がってきます。また、韓国と北朝鮮の建国以降の経緯を踏まえれば、両国の対立構造および各種声明に込められた意図が明確に見えてくるのです。本講演では、そうした朝鮮半島情勢を見る的確な枠組みを提示いたします。

 

『日本のテロ対策を問う』
東京オリンピックにおけるテロに対する危機意識は、各所で高まっています。また、北朝鮮による国家テロ、「イスラム国」の存在など、日本の国内外でテロへの注目が集まっています。しかしながら、今後発生するであろうテロに対して、日本がどう対処すべきなのかについては、明確な方針を打ち出せていません。そこで、本講演では国際政治の中枢であるワシントンD.C.で、東アジアにおけるテロ対策の第一人者としての視角を生かし、現状を正確に捉えた上で、将来的に日本がとるべき対策を提示します。

 

講演内容

金惠京(キム・ヘギョン)氏は、日本への憧れから、明治大学に進学し、早稲田大学大学院を経てアメリカに留学。現在、日本大学准教授を務め、国際法およびテロリズムの研究者として第一線で活躍しています。
韓国国民は常に日韓の歴史認識だけを議論している訳ではなく、むしろ日本を認め、特に技術面での発展を大いに評価してきたという金氏。日韓両国のメンタリティを持ち、公正でグローバルな視点による発言は、マスメディアをはじめ各所で注目されています。
さらに、ニューヨークやワシントンD.C.というアメリカの中枢に身を置き、東アジアにおけるテロ対策の第一人者として活動を続けた金氏の発言は大変な重みがあります。研究者としても、日本語、英語、韓国語それぞれで論文を発表するなど、その活動は世界に広がっています。
そんな金氏の講演は、政治、国際情勢、経済、歴史などの内容に及び、「韓国事情を読み解く」「朝鮮半島情勢を読み解く」「日本のテロ対策を問う」などのテーマを話してくれます。
また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
日韓を同時に愛し、双方に属する自分であり、双方のために歩んでいきたいと語る金氏。その温かく冷静な眼差しは、テロリズムや朝鮮半島情勢を考える際にも常に根底にあります。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、世界の国々を繋ぎ、人々が互いに深く理解し合って欲しいという金氏の言葉から、真の国際人としてのあり方を学べるのです。

 

著書

『テロ防止策の研究-国際法の現状及び将来への提言』(早稲田大学出版部)

『涙と花札-韓流と日流のあいだで』(新潮社)

『風に舞う一葉-身近な日韓友好のすすめ』(第三文明社)

『柔らかな海峡-日本・韓国 和解への道』(集英社インターナショナル)

『無差別テロ-国際社会はどう対処すればよいか』(岩波書店)

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー