川村晃司(かわむらこうじ)

テレビ朝日コメンテーター
立教大学講師
早稲田大学常勤講師

【主な講演テーマ】

「政治・時事から読むこれからの日本」
「政権とメディア政治」
「戦場記者がみた世界の真実」
「テレビ政治の舞台裏」

【登録テーマ】
【出身地】 青森県

講師プロフィール

1950年青森県生まれ。
早稲田大学文学部卒業後、テレビ朝日入社。84年から89年までカイロ支局長を務め、イラン・イラク戦争を最前線で取材。帰国後、89年中国天安門事件を現地リポート、91年の湾岸戦争勃発時にはバグダッドで105日間の長期取材を敢行した。以後『ニュースステーション』報道デスク、ニューヨーク特派員を経て、99年~00年コロンビア大学客員研究員。ドキュメンタリー企画『シリーズ特集・老い・・・』でギャラクシー賞、『今、我が子は』で民放連賞受賞。著書に『戦場記者の10年』ほかがある。

現在は『やじうまプラス』のほか『ワイド!スクランブル』など各番組で特に外交、政治・経済に強いコメンテーターとして活躍、04年から立教大学講師(現在)、06年からは近畿大学客員教授(08年まで)、09年からは早稲田大学非常勤講師(現在)などもつとめる。
また、近年では映画評論でも活躍しており、そお経験をいかした映画の中の社会、政治的な背景や世界観をひも解く評論に定評を得ている。

講演テーマ

「政治・時事から読むこれからの日本」
「政権とメディア政治」
「戦場記者がみた世界の真実」
「テレビ政治の舞台裏」
「アカデミー賞から読む世界、そして日本」
「メディア社会 ~時代とその責任」
「映画の中からみる世界の真実」(田岡俊次氏と鼎談形式で)

▼ココがオススメ!

テレビ朝日コメンテーター・川村晃司氏は、同局の情報ワイドショー『やじうまプラス』、『ワイド!スクランブル』、『スーパーJチャンネル』などで活躍。ずばり率直な物言いで知られ、同局記者時代には、中東を主に担当。政情不安な地域に赴き、イラン・イラク戦争をレポート。さらに、1989年の天安門事件や、1991年の湾岸戦争なども取材し、世界を股に掛ける国際ジャーナリストとして知られています。  さらに、映画評論でも活躍しており、映像に描かれているシーンの裏側を的確に解説し、高い評価を得ています。  そんな川村氏の講演は、教育、人生、シニアライフ、福祉、医学、医療、政治、国際情勢、経済、消費増税、今後の経済展望、アベノミクス、TPPなどの内容に及び、「政治・時事から読むこれからの日本」「政権とメディア政治」「戦場記者がみた世界の真実」「テレビ政治の舞台裏」をテーマに話をしてくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  革新的な発言が多いもののイデオロギーに拘泥することなく、冷静かつ踏み込んだコメントには定評があり、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、海外においては、日本以上に政治・経済、宗教、マスコミなどは密接に絡み合い、複雑に社会を形成していることを知るのです。

 

メディア情報

▼主な出演番組
テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
テレビ朝日「やじうまプラス」
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
朝日ニュースター「愛川欣也のパックイン・ジャーナル」
新潟テレビ21「まるどりっ!」 ほか

▼連載
宝島社「この映画がすごい!」
ノンフィクション携帯マガジン「hipopo/よくわかる 激震!世界情勢」
週刊朝日「目キキ&耳キキ」

著書

『戦場記者の10年』
『俺たちの原点』(共著)
『「イラク戦争」検証と展望』(共著)
『アラファト議長の素顔』(共著)
『伝えきれなかった真実 ~映画が語る世界の裏側』(共著)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー