川本謙(かわもとけん)

学校法人浅井学園 北翔大学理事
東海大学同窓会北海道ブロック 会長
元土屋ホームスキー部 総監督

【主な講演テーマ】

「創業者の教えとその製品」
「空飛ぶ営業社員SKI CLUB『TEAM TSUCHIYA』」

【登録テーマ】
【出身地】 北海道

講師プロフィール

生年月日:1949年7月25日
出身地:北海道

昭和24年7月25日生。
昭和47年東海大学工学部建築学科卒業。
昭和47年東急建設㈱入社。
昭和54年7月㈱丸三土屋建設(現㈱土屋ホールディングス)入社。
平成元年1月㈱土屋ホーム(現㈱土屋ホールディングス)技術部長。
平成元年11月取締役。
平成4年11月常務取締役 住宅担当。
平成8年11月専務取締役。
平成12年5月代表取締役副社長。
平成13年11月代表取締役社長。
平成20年11月㈱土屋ホーム取締役副会長。
平成29年10月㈱土屋ホーム副会長退任(退社)

主な講演テーマ:

「創業者の教えとその製品」
「空飛ぶ営業社員SKI CLUB『TEAM TSUCHIYA』」

チーム土屋の歴史

2001年
11月1日スキー部を創設し葛西紀明を含めた3選手を受け入れる。
土屋ホーム代表取締役(当時)川本謙がスキー部長に就任。
2002年2月
ソルトレークシティオリンピックに葛西紀明が出場。
2002年6月
フィンランドからコーチを招聘。
2003年2月
イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで開催されたノルディックスキー世界選手権大会で葛西紀明がラージヒル、ノーマルヒルで銅メダル、団体で銀メダルを獲得。
2003年4月
高橋大斗入社。
2004年4月
吉岡和也入社。
2006年2月
トリノオリンピックに葛西紀明(ジャンプ)、伊東大貴(ジャンプ/現雪印メグミルク所属)高橋大斗(複合)の3名が出場。
2007年2月
ノルディック世界選手権札幌大会に葛西紀明(ジャンプ)、伊東大貴(ジャンプ/現雪印メグミルク所属)高橋大斗(複合)の3名が出場。ジャンプ団体で銅メダルを獲得。
2008年11月
土屋ホームが土屋ホールディングスへ社名変更し持株会社へ移行。同時に新土屋ホームが発足しスキー部も新会社へ異動。
2009年4月
葛西紀明が監督に就任。監督兼選手としてプレイングマネージャーに。
2010年2月
バンクーバーオリンピックに葛西紀明、高橋大斗が出場。
2011年2月
吉岡和也がアジア冬季大会でラージヒル個人、団体で優勝、ノーマルヒル準優勝。
2011年4月
ヤンネ・バータイネンコーチ就任。
2013年4月
土屋ホーム取締役副会長 川本謙スキー部長が総監督に就任。
2013年4月
チーム初の女子選手として伊藤有希入社。
2013年7月
FISサマーグランプリ白馬大会で葛西紀明が優勝。
FISサマーグランプリ男女混合団体に出場した伊藤有希が優勝。

2014年1月
ワールドカップ バート・ミッテンドルフ(オーストリア)大会で葛西紀明が優勝。
実に10年振りのW杯優勝を果たす。
2014年2月
ソチオリンピックに葛西紀明、伊藤有希が出場。葛西が個人ラージヒルで銀メダル、団体で銅メダルを獲得。
初の開催となった女子ジャンプでは伊藤が7位入賞。
2014年3月
葛西紀明がワールドカップ最年長優勝、冬季五輪7大会連続最多出場、冬季五輪スキージャンプ最年長メダリストの3つでギネス世界記録に認定される。
2014年6月
土屋ホームがJOCスポーツ賞「平成25年度・トップアスリートサポート賞 最優秀団体賞」を受賞。
2014年7月
土屋ホームが「スポーツ功労団体」として文部科学大臣より表彰を受ける。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・周年行事研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー