桂福点(かつらふくてん)

全盲の落語家

【主な講演テーマ】

「涙を笑いに、笑いを世界に」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

1968年生まれ。
中学生の頃に視力を失いましたが、子供の頃から音楽に親しみ、1986年大阪芸術大学に入学。音楽療法を研究し、 卒業後バンド「お気楽一座」を結成。
1996年、桂福団治師匠に弟子入りし、宇宙亭MAKA、次いで音福亭MAKAとなりました。師匠のもとでバリアフリー落語や古典落語を学びながら、独自の音楽漫談や「お気楽一座」の活動にも取り組んでいます。

2009年9月、師匠より「桂 福点」の名前を頂きました。
現在、上記の活動と共に、日本音楽療法学会認定音楽療法士・岐阜県音楽療法士として診療所、作業所等でユニークな音楽療法もおこなっております。

 

講演内容

「涙を笑いに、笑いを世界に」

【これまでの講演】
毎日新聞社主催 障害者のフォーラム
中途失聴者難聴者協会イベント
高石作業所イベント(羽衣ロータリークラブ協賛)
鉄道病院サロンコンサート
都島拘置所慰問
大阪西労働基準協会 障害者理解のための講演
国立神戸視覚障害者センター 文化イベント
わがまち豊中戦争展(豊中市教育委員会後援)にて平和の一人語り
三田市 平和を考える市民の集い(三田ユネスコ協会など9団体による実行委員会主催)にて平和の一人語り
桂福団治一門による『手話寄席』出演
高石市アプラホール 桂福団治プロデュース『落語道場』出演
各種養護学校・小・中学校にて障害者理解のための講演
平安女子大学・羽衣国際大学にて講演
医療・福祉施設、地域の文化行事等多数

全盲の落語家であり、音楽療法士でもある桂福点氏。先天性緑内障のために、生後すぐ右目の視力を失い、中学生時代に左目も失明してしまいます。しかし、子どものころから音楽への造詣が深かったことで、大阪芸術大学に進学し音楽療法を研究します。
 落語との出会いは、自宅にあったレコードを聞いて憧れを持つようになり、27歳のときに、手話落語を手がける桂福団治氏に弟子入り。目が不自由でありながらも厳しい修業に明け暮れ、入門から14年後の2009年に初高座を踏みます。
 障害のあるなしに拘わらず楽しめる高座として、福団治氏の手話落語と、聴覚に障害のある手話を使う弟子とともに、3人の親子会による「バリアフリー落語会」を積極的に開催。さらに、音楽療法士として高齢者や障がい者へのリハビリ支援も行っています。
そんな福点氏の講演は、人権、芸能、落語などの内容に及び、「涙を笑いに、笑いを世界に」をテーマに話をしてくれます。
 自らの障がいを踏まえ、自立から、人と人が支えあう他立・多立する世の中の素晴らしさを、落語を通じて表現。「落語の登場人物は不器用で憎めない人ばかり。そんな人は、現実の世界で住みにくさを感じているものの、落語の世界では生き生きとしている。そんな世の中をつくっていきたい」という福点氏。講演、高座を訪れた人は、様々な出会いの重要性、子供から高齢者までほっとできることが、真の優しさであることに気付くのです。

 

出演した番組

NHK 「列島リレードキュメント」 出演
NHK 教育TV 「きらっといきる」
NHK 「圭子のユーユーユー」
NHKラジオ第2 「ともにいきる」
ABC朝日放送ラジオ「ちょっといい話」         
KBS京都ラジオ「早川一光のばんざい人間」
MBS毎日放送ラジオ 「早耳ラジオ」 
TBSラジオ「中村メイ子のいきいきモーニング」 
ラジオ関西「谷五郎のこころにきくラジオ」
読売テレビ 「情報ネットワーク ten!」

現在、インターネットラジオ・コミュニティーラジオ
FMわぃわぃ(77.8MHz) 「桂福点のお気楽島ラジオ」パーソナリティー

 

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー