桂福團治(かつらふくだんじ)

落語家

【主な講演テーマ】

「手話落語と私」
「バリアフリー落語の世界」

【登録テーマ】
【出身地】 三重県

講師プロフィール

生年月日   1940年10月26日
出身地    三重県四日市市
出囃子     梅は咲いたか
紋     花菱

【略歴】
昭和35年3月    四日市商業高校卒業
昭和35年5月    三代目桂春団治に入門
昭和38年    大阪千日劇場にて初舞台
昭和40年    桂小春となる
昭和43年    新作落語「大人になったジュゲム」発表
昭和45年    ペケペン落語を考案
昭和48年10月    四代目桂福團治を角座にて襲名
昭和50年    藤本義一氏の直木賞受賞作を映画化した「鬼の詩」に主演
昭和54年    手話落語を考案
昭和56年    奈良文化会館にて初の手話落語に挑戦
昭和58年    手話落語教室を開校
        桂福團治手話落語生徒の屋号を楽福亭と命名
平成3年        第一回手話落語発表会を中ノ島情報センターにて公演
平成4年        道頓堀浪花座にて手話落語10周年チャリティー公演
        国立文楽劇場大ホールにて古典落語VS手話落語を公演

 

講演テーマ

「手話落語と私」
「バリアフリー落語の世界」

 

▼ココがオススメ!

 落語家・桂福團治氏は、その持ちネタの多さもさることながら、手話落語の創始者として知られています。  明治時代の上方落語家を描いた直木賞作家・藤本義一氏作『鬼の詩』の映画化で主役を務めるも、公開間もなく声帯ポリープがみつかり、一時期声が出なくなってしまったことが手話落語を始めるきっかけになりました。現在も変わらず手話落語啓蒙に務め、約40名にのぼる手話落語専門の弟子を育てています。  その一方で、人情噺の福團治として高い評価を得ており「蜆売り」「藪入り」「ねずみ穴」などのネタは、けなげに生きる姿や微妙な心象を描き、他の追随を許さない精妙な至芸とされています。  そんな福團治氏に寄せられる講演依頼は、芸能、落語などの内容に及び、「手話落語と私」「バリアフリー落語の世界」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、教育、官公庁関連のクライアントさまが多く、講演依頼はトークショーの形でもOK!特に、福祉を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  落語は「想像芸」であるという福團治氏。本来ビジュアルで表現するものを言葉で伝え想像させるため、音として聴く言葉ではなくとも、視る言葉である手話による落語が認知されていることは決して不思議ではないとしています。講演、トークショーを訪れた人は、一般の落語も、手話落語も、演者の芸の力によって言葉を受け取る人のイマジネーションを膨らますことで完成する芸であることを認識するのです。

 

 

【受賞関係】
昭和43年 「三洋文化新人賞」受賞
昭和56年 「上方お笑い大賞功労賞」受賞
平成11年 「文化庁芸術祭演芸部門」優秀賞

【出版】
「手話小噺集」「上方落語はどこへ行く」

【ビデオ】
「手話小噺集」(昭和61年)

【映画】
昭和50年「鬼の詩」

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー