金子貴俊(かねこたかとし)

・俳優
・画家
・写心家

【主な講演テーマ】

「夢について」(写真展示)
「写真家として写真を撮るという事」(絵画展示)
「俳優という仕事について」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1978年1月17日、東京都生まれ。
映画「ウォーターボーイズ」で一躍注目脚光を浴び、映画、ドラマ、舞台、情報番組では司会を務めるなど幅広く活躍中。
また、画家・写心家として出版や個展を開催している。
2008年に結婚、第一子が誕生し、マタニティライフをパパ目線で綴ったエッセイ「パパニティ 僕と奥ちゃんの10ヵ月」(宝島社)を出版。
イクメンパパとして親向けの講演などでも活躍中。
夫婦で協力して行う子育てや、パパの育児への関わり方など、現在進行形で自身の経験を交えてお話しします。

・資格
普通自動車免許/自動二輪免許/乗馬4級/簿記3級/フードアナリスト4級/JUDFベーシック・スポーツダイバー4級

・特技
シンクロナイズドスイミング/殺陣/技斗/茶道(表千家)/社交ダンス/一輪車/ドラム

・スポーツ
ボウリング/乗馬/スノーボード/サッカー/スケボー/ローラーブレイド/ダンス(陸ダンス/タップ)/テニス

・趣味
カメラ/絵画/自主映画制作/作詞・作曲/自転車/ゲーム/ピアノ/料理

 

講演内容

 2001年9月に公開された映画『ウォーターボーイズ』(東宝系)で、いわゆるオネエ系の男子高校生・早乙女聖を演じ、一躍人気若手俳優の一人となった金子貴俊氏。

 現在では、さまざまな分野にチャレンジ。殺陣や乗馬などのアクション、フードアナリスト4級などの専門知識や資格、特技を身につけたことは自分に対する投資なのです。

 「いつまでも、アイドルのようなポジションに甘んじていてはいけません。俳優としてできることを少しでも増やすようにしていかないと、いずれ役はつかなくなります」と、さまざまな分野に挑戦してきたのです。

 さらに、趣味のカメラ、絵画の腕前でも評価されています。真面目な努力家としての姿勢は、仕事の関係者だけでなく、金子氏に触れ合ったさまざまな人たちに高く評価されてきました。

 そんな金子氏も、2008年に結婚、第一子が誕生し、真面目で子煩悩な父親の視点で著した『パパニティ 僕と奥ちゃんの10ヵ月』(宝島社)というエッセイを出版。金子氏の人柄が溢れた一冊として好評を博しておりました。

 講演では、金子氏の人柄も手伝って、その良きパパぶりが十分に伝わってきます。俳優業について語るときも、自分の持っている良さを生かしたいと、自分らしさを大切にしている姿勢が窺えます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 「僕のトークで皆さんを温めたい」という言葉に、金子氏の暖かい人柄が伝わり、講演、フォーラム、セミナー、トークショーに訪れた人たちを文字通り温かい気持ちにさせてくれます。

テーマ

---講演テーマ---
「夢について」(写真展示)
「写真家として写真を撮るという事」(絵画展示)
「俳優という仕事について」

---トークショータイトル---
「パパニティライフ~パパとしてマタニティライフを応援します」
「タカパパのハッピー子育てトークショー」
「育メントークショー」
※子育に関連するテーマは、トークショースタイルがメインとなっております。

「絵を描く事で自分を癒す」
「フードアナリスト」

活動実績

メディア

※出演多数のため、2010年以降のみを掲載

NHK総合
「あさイチ」不定期出演
「深読み」
NHK教育
「ビットワールド」レギュラー
「すくすく子育て」

日本テレビ
「おもいっきりDON!」
「誰だって波瀾爆笑」
「サタデーバリューフィーバーLIFE LINE」
「日テレ系人気番組が大集合!春の番組対抗スペシャル」
「踊る踊る踊る!さんま御殿!!」~赤面夫婦の秘密乱れ咲き!友情炸裂スペシャル!!」
(夫婦出演)
「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」
「メレンゲの気持ち」

TBS
「イチハチ」
「関口宏の東京フレンドパークⅡ」

THK
「P-canテレビ」※隔週木曜日MCレギュラー

CX
「知りたがり!」準レギュラー

TX
「しまじろうヘソカ」こうさくりょうりにん金子貴俊

 

ドラマ

※出演多数のため、2010年以降のみを掲載

2010年 1月 TX 経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」
2010年 3月 EX 土曜ワイド劇場「再捜査刑事~片岡悠介~」
2010年 3月 TBS 第2回ドラマ原作大賞「記憶の海」
2010年 9月 NHK 土曜時代劇「桂ちづる診察日録」
2010年12月 CX 金曜プレステージ「人情の女刑事.徳大寺操の浅草事件簿」
2011年 4月 NHK BSプレミアム BS時代劇「新撰組血風録」

 

映画

「死者の学園祭」~台湾・香港同時公開~
「ウォーターボーイズ」
「光の雨」
「愚連 GANG」
「自殺サークル」
「組葬」
「ぷりてぃウーマン」
「あずみ」
日常恐怖劇場「オモヒノタマ~念珠~茸狩り」
劇場版「どうぶつの森」(声優)
「あなたを忘れない」~日韓合作映画~

 

舞台

「初仕事納め」@新国立劇場/小劇場.THE PIT、他地方公演
「コースター」@青山円形劇場他、地方公演
「どんまいマインド」@光ヶ丘IMAホール/新国立劇場
「一、仙台四郎物語~福の神になった男」@明治座
「つばき、時跳び」@明治座

 

イベント

宮っこフェスタ2009「タカパパのハッピー子育てトークショー」(栃木)
子育て応援フェスタ「マザーズフェスタ2009」トークショー
「マザーズセレクション大賞2009」プレゼンターとして
「育メントークショー」(金子貴俊×千葉県流山市長トークショー)
國學院大學「子育てフォーラム 頑張れ!育メンパパ!」
「元気な赤ちゃんフォーラム2010」(神戸)
「第3回子育てパパ応援シンポジウム」(熊本)
「みんなで子育てシンポジウム」(静岡)

 

著書

「僕が笑っている理由(わけ)」

「僕の眼 こころが凹んだ日には」

「写心家 金子貴俊」

「GR SNAPS 2」

「パパニティ 僕と奥ちゃんの10ヵ月」
金子 貴俊 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
昨年12月に一児の父となった金子貴俊が語る、パパライフ。
妊娠中の“奥ちゃん”が少しでも楽しくいられるように、“妊娠はお祭り”と考えて
日常のささいなことも楽しいイベントに変えてきた「タカパパ・マジック」。
「うちの夫に聞かせたい」「こんな妊娠なら、すぐにしたい」との声、多数。
映画『ウォーターボーイズ』で一躍脚光を浴びた少年は、今や逞しい大人の男に。
誰もが「家族の幸せ」が生まれる場所を見つけられる一冊。

▼amazon
www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796669779/ref=nosim/speakers3/

*単行本: 141ページ
*出版社: 宝島社
*出版日:2009/4/10
*商品の寸法:18.6 x 13 x 1.6 cm

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー