釜本邦茂(かまもとくにしげ)

元サッカー日本代表
京都文教大学 客員教授
公益財団法人 日本サッカー協会 顧問

【主な講演テーマ】

「熱いハートを燃やせ」
「サッカーに燃えた日々」
「チームにおけるチームワークとリーダーシップ」

【登録テーマ】
【出身地】 京都府

講師プロフィール

1944年生まれ。
京都府京都市出身。
早稲田大学一年で東京オリンピックに出場。
卒業後、ヤンマーディーゼルに入社。
日本リーグ及び日本代表チームで数々の大記録を残す。日本リーグ、通産202得点。
1968年メキシコオリンピックでは、7得点をマークし同大会の得点王に輝き日本チームの銅メダル獲得に大きく貢献。
代表チームでの国際Aマッチ75得点は歴代一位である。
また、国際Aマッチ得点率、0.98は王様、ペレをもしのぐ世界歴代一位である。
現役引退後、ヤンマーディーゼル、ガンバ大阪で監督を歴任。
1995年、参議院議員に当選。
1998年~2008年7月 (財)日本サッカー協会の副会長を務めた。
2005年 第1回サッカー殿堂に最年少で選出。
2006年 京都文教大学の客員教授に就任。
現役引退後から今日まで全国各地ですでに千回を超えるサッカー教室を開催し、のべ50万人を超える子供達を指導している。
その中には、中田英寿、中村俊輔、川口、宮本、稲本、大黒など、数多くの子供たちが後に日本代表選手へと成長している。
2009年11月 文部科学大臣より感謝状を授与される。
2011年 京都スポーツの殿堂入りを果たす。

講演テーマ

「熱いハートを燃やせ」
「サッカーに燃えた日々」
「チームにおけるチームワークとリーダーシップ」

 

講演内容

 元サッカー日本代表で日本サッカー協会顧問の釜本邦茂氏といえば、日本リーグ時代の通産202得点に加え、75点という日本代表最多得点記録保持者でもある名ストライカーとして知られています。2005年には第1回日本サッカー殿堂入りを果たしています。

 1985年に現役を引退。スポーツキャスターを経て、1991年に松下電器(後のガンバ大阪)の監督に就任します。また、政界にも進出し、1995年から2001年まで参議院議員を1期務め、労働政務次官にも就任しています。

 そんな釜本氏の講演は、スポーツ、夢、人生、モチベーション、サッカー教室、経営、ビジネス研修に及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 若い聴講者には「スポーツや仕事、勉強において、目標を設定し希望を持ったら、とことんハートを燃やして臨むべき」とアドバイス。また、「若い人たちが未来への希望に向かって何かを始める時は必ず、心から熱くなってほしい」と。

 そして「プロ選手たちは、子供たちの将来の目標にされているという責任を自覚すべき。プレースタイルだけでなく、身だしなみや体調管理、自己管理も大切である」とも。ビジネスにおいても同様で、常に後進の手本となるような立ち居振る舞いを心がけるべきであるとしています。

 さらに、目的の持ち方にしても「FWなら、サッカーがうまくなりたいから練習するのか、点を取るためだけに練習するのかを明確化すべき。自分は点を取ることなら誰にも負けなかった。だから、できるようになるまで練習すべき」と、一流アスリートならではの説得力溢れるトークは、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人に大きな気付きを与えてくれるのです。

 

メディア

TV

TBS
「サンデーモーニング」
「スーパーサッカー」
「朝ズバッ!」

テレビ朝日
「やべっちFC」

テレビ東京
「フットブレイン」

 

著書

「釜本邦茂の「とってナンボ」のFW論」(宝島社)
「熱いハートを燃やせ ゴールゲッターの「勝負」哲学」(知識社)
「サッカーに燃えた日々」(実業之日本社)
「攻撃サッカー 」(成美堂出版)
「ゴールへの軌跡 」(ベースボールマガジン社)
「最前線は蛮族たれ 」(集英社)
「君よ、釜本を越えてもっと強くなれ」 (ムックの本)
「釜本邦茂の 熱血!サッカー読本」(騎虎書房)

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー