門倉貴史(かどくらたかし)

エコノミスト
BRICs経済研究所代表

【主な講演テーマ】

「日本経済の行方」
「新たなビジネスチャンス」
「BRICs経済 ~これからの新興国経済の行方~」

「地下経済 ~GDPに含まれないマーケット」 など

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員となり、
社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)へも出向。
2002年に第一生命経済研究所に移籍し、
経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国
(ブラジル、ロシア、インド、中国)についての論文を数多く発表。
2005年に退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。
現在は、国内、国外の経済に関する著書や雑誌への執筆や、
講演活動を積極的に行っている。

『統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?』(光文社)や、
『貧困ビジネス』(幻冬舎)などの著書でもみられる、
斬新な経済への切り口と、かつ、説得力のある論理は、講演でも顕在です。

講演テーマ

「日本経済の行方」
「新たなビジネスチャンス」
「BRICs経済 ~これからの新興国経済のゆくえ~」

「地下経済 ~GDPに含まれないマーケット」 など

 

メディア情報

文化放送 「夕焼け寺ちゃん」火曜日(隔週)レギュラーコメンテーター
ラジオNIKKEI 「マーケットトレンド」 木曜日レギュラーコメンテーター
フジテレビ 「ホンマでっか!?TV」
日本テレビ 「出直し!太田元総理がまた吠える・・・秘書田中」
NHK BSプレミアム 「めざせ!グルメスター」

執筆

週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、日経ビジネス、など多数

主な著書

『増税なしで財政再建するたった一つの方法』(角川oneテーマ21)
『大失業時代』 (祥伝社)
『リストラされた100人貧困の証言』 (宝島社/共著)
『貧困ビジネス』 (幻冬舎)
『恐慌第2波』 (角川SSコミュニケーションズ )
『大恐慌を生き残るアウトロー経済入門』 (扶桑社/共著)
『セックス格差社会』 (宝島社)
『反米経済』 (PHP研究所)
『中国発世界恐慌は来るのか?』 (角川SSコミュニケーションズ)
『貧困大国ニッポン』 (宝島社/共著)
『官製不況 なぜ「日本売り」が進むのか』 (光文社)
『統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?』 (光文社) など多数

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー