岩本輝雄(いわもとてるお)

・元サッカー日本代表選手 MF(レフティー)

【主な講演テーマ】

・「幾多の逆境を乗り越えて~クラブワールドカップ出場までの道のり~」
★MCとのトークショー形式となります。

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

横浜商科大高校から91年にフジタ工業/ベルマーレ平塚(現湘南)入り。
94年3月12日、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)戦でJ1デビュー。
同年、日本代表に選ばれ、5月オーストラリア戦でデビューした。
国際Aマッチ 9試合出場2得点。同年度の天皇杯優勝に貢献。
京都パープルサンガ、川崎フロンターレ、ヴェルディ川崎、べガルタ仙台、名古屋グランパスエイトでプレー。
J1通算191試合出場32得点。

06年10月、ニュージーランド オークランドFCと短期契約。
同年11月、約2年2ヶ月ぶりに「クラブワールドカップ」で公式戦復帰を果たす。

トークショーテーマ

・「幾多の逆境を乗り越えて~クラブワールドカップ出場までの道のり~」
★MCとのトークショー形式となります。

 

▼ココがオススメ!

元サッカー日本代表選手MFの岩本輝雄氏は、1995年の日本代表時代に、膝のじん帯と半月板も損傷したことで、1年間のリハビリを余儀なくされ復帰するも、怪我の後遺症で以前のように活躍することもが叶わず、数々のチームを渡り歩き、ヴェルディ川崎を自主退団することになります。  半年後にベガルタ仙台に入団し、左サイドでの攻撃の軸として復活を果たします。その後、2004年に名古屋グランパスエイトへ移籍を果たすも、5月29日の対アルビレックス新潟戦で「足首靭帯断裂」となり、2回の手術も思うような効果を得られず、回復しないまま名古屋グランパスエイトを退団することに。  長いリハビリ生活の末、約2年半のブランクを乗り越えて、2008年にニュージーランドの「オークランドシティFC」に加入。アマチュアチームであるため、選手は他の職業を兼務しており、厳しい環境の中で試合の勘を取り戻し、同年10月19日にはFIFAクラブワールドカップ出場のために7週間の短期契約を結び、2年ぶりの現役復帰を果たします。そして12月のFIFAクラブワールドカップで途中出場ながら2試合に出場したあと、正式に現役を引退します。
そんな岩本氏の講演は、教育、夢・目標、人生、夢の実現、スポーツ、サッカー、ワールドカップなどの内容に及び、「幾多の逆境を乗り越えて〜クラブワールドカップ出場までの道のり〜」をテーマに、MCとのトークショー形式で話をしてくれます。また、フォーラムでの開催もOK!  引退後は、リハビリ中に携わっていたタレント活動も継続し、様々なメディアに登場。さらに、2011年12月には横浜創学館高等学校サッカー部コーチに就任するなど、指導者としても活躍し、講演、トークショーを訪れた人は、「苦労人・岩本」ならではの不撓不屈の精神を学ぶのです。

 

メディア情報

<テレビ>

NHK NHK教育「テレビでスペイン語」
BS-hi 「街道てくてく旅~東海道五十三次完全踏破~」 
NTV 「サッカーアース」「踊るさんま御殿!!」
TBS 「スーパーサッカー」
フジテレビ  「めざましテレビ めざまし地球紀行」
テレビ朝日 「やべっちF.C」「体育の時間」
テレビ東京 「田舎に泊まろう!」
旅チャンネル「Jリーグ公認 スタジアムへキックオフ」

など多数

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー