五木寛之(いつきひろゆき)

作家

【主な講演テーマ】

「悲しみの効用」
「こころの風景」 など

【登録テーマ】
【出身地】 福岡県

講師プロフィール

1932年、福岡県に生まれる。
戦後、北朝鮮より引揚げ。
早稲田大学文学部ロシア文学科中退。
1966年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。
『青春の門』で吉川英治文学賞をうける。
代表作は『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『風の王国』『蓮如』『大河の一滴』。
翻訳にチェーホフ『犬を連れた貴婦人』、
リチャード・バック『かもめのジョナサン』、ブルック・ニューマン『リトルターン』等がある。
第一エッセイ集『風に吹かれて』は刊行45年をへて、現在総部数約460万部に達するロングセラーとなっている。
ニューヨークで発売された英文版『TARIKI』は、
2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門銅賞)に選ばれた。
また2002年度第50回菊池寛賞。
2010年、NHK放送文化賞、長編小説『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞。
1981年より休筆、京都の龍谷大学において仏教史を学ぶが、1985年より執筆を再開。
泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞、その他の選考委員をつとめる。
最近作に 『生きる事はおもしろい』(東京書籍)がある。

 

主な講演テーマ

「悲しみの効用」
「こころの風景」 など

主な著書

『生きる事はおもしろい』(東京書籍)
『無力 MURIKI』(新潮新書)
『親鸞』(講談社文庫)
『他力』(講談社文庫) 他、多数

著書紹介

「養生の実技」 ~つよいカラダでなく~

無数の病をかかえながらも、50年近く病院に行かない五木氏が徹底的に研究し実践しつくした
独自の最強カラダ活用法が詰まった1冊。

●著者は「身体が発する信号を的確に受けとめること」
それが養生の第一歩であるとしてます。『身体語』ともいうべき言語をマスターするのは、
現代人として刺戟的で重要な試みであり、著者は、胃がもたれる、食欲がない、体がだるい、
手足のむくみなどの初歩的メッセージとしてあげ、体が発する何らかの警告を敏感にとらえることで、
何らかの病気や障害の発生を予防でき、また対策を立てることができるとしています。

●著者は気をやすめることの大切さを説いており、「すべての健康法は気やすめである」としています。
現代人は安易に病院や医師に頼りすぎる傾向があり、それは自己不信という、ひとつの病としています。
病院不信にも、自己不信におちいらないで生きてくことこそ養生の要であり、バランスのとれた考え方だとしてます。

●心と体は深く連動しており、頭痛・腰痛・腹痛などのすべての痛みは体の奥から発せられる信号であり、
警告であるとしてます。『このことに気づいてくれ』と、自己の存在の深いところから呼びかけてくる声なき声であり、
その声に素直に耳を傾けるところから、真の養生の道はひらけるとしてます。

●ガンをはじめとするさまざまな病気の発生には、その人の免疫力、抵抗力、自然治癒力などの低下が大きく作用していると述べてます。
免疫力などの弱体化には、まちがいなくストレスが大きくかかわっているとしています。ストレスは時として、人間の生命力を活性化する働きもあり、問題はストレスの受けとめかたであるとしてます。ストレスをよき刺戟として受けとめるか、自分におそいかかる悪魔としておびえるかによって、捉え方が変わってくるとしてます。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー