伊藤元重(いとうもとしげ)

学習院大学 国際社会科学部 教授

【主な講演テーマ】

・「これからの日本経済」
・「日本経済再生への道」
・「経済展望と今後の企業経営」 
・「IT技術とビジネス革新」

【登録テーマ】
【出身地】 静岡県

講師プロフィール

1951年 静岡県生まれ
1974年 3月 東京大学経済学部経済学科卒業
1978年 7月 米国ロチェスター大学大学院博士課程修了(経済学博士)
1978年 9月 米国ヒューストン大学経済学部助教授(1979年6月まで)
1979年 2月 米国ロチェスター大学経済学博士号(Ph.D.)取得
1979年 10月 東京都立大学経済学部助教授
1982年4月 東京大学経済学部助教授
1993年 12月 同 教授
1996年 4月 同 大学院経済学研究科教授(現在に至る)
2006年2月 総合研究開発機構(NIRA)理事長(2014年3月まで)
2007年 10月 東京大学大学院経済学研究科長・経済学部長(2009年9月まで)
2016年4月 学習院大学 国際社会科学部 教授

現在
・税制調査会 委員
・復興推進委員会 委員長
・経済財政諮問会議 議員
・社会保障制度改革推進会議 委員
・公正取引委員会 独占禁止懇話会 会長  他

 

講演テーマ

「これからの日本経済」
「日本経済再生への道」
「経済展望と今後の企業経営」
「IT技術とビジネス革新」     など

 

主な著書

『国際貿易』   (岩波書店、1985年5月、共著者:大山道広)
『入門経済学』 (日本評論社、1版1988年、2版2001年、3版2009年)
『ゼミナール国際経済入門』 (日本経済新聞社、1版1989年、2版1996年、3版2005年)
『挑戦する流通』 (講談社、1994年)
『ビジネス・エコノミクス』(日本経済新聞社、2004年)
『伊藤元重のマーケティング・エコノミクス』(日本経済新聞社 2006年)
『経済危機は世界に何をもたらしたか』(東洋経済新報社 2009年)
『ゼミナール現代経済入門』 (日本経済新聞社 2011年)
『経済学で読み解く これからの日本と世界』(PHPビジネス新書 2013年)
『日本経済を創造的に破壊せよ!』(ダイヤモンド社 2013年)
『流通大変動―現場から見えてくる日本経済 』(NHK出版新書 425 2014年)

著書内容紹介

『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと 』

『人生で大切なこと』と銘打たれた本書では、経済学者として国内外で活躍されてきた経験を元に、
伊藤元重氏の人生観や仕事術が語られています。
たとえば目先のビジネスのために休日も仕事に捧げ、家庭をおろそかにしてしまえば、人生という視点で見たときに大きなマイナスになりかねません。
人生の目的とは何か、そのために取るべき戦略とは――。大学院のゼミで学生達にアドバイスを送っている内容が分かりやすくまとめられています。
スケジュールやタスクの管理、膨大なファイルやメモの管理方法、ディスカッションのコツ、様々なアイデアの発想法、読書術(信頼できる人からオススメの本を紹介してもらうのが良いそう)など、自身の試行錯誤の体験にもとづいて具体的に綴られており、学生に限らず、ビジネスパーソンにとっても有益な情報に溢れています。

本書によると、伊藤氏にとって講演は、ご自身の思考を整理される良い機会とのこと。
質疑応答の場でのとっさの判断力・回答力はテレビのコメンテーターとしての経験が生きているとも語られています。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー